17-18スノーボード板人気80ブランド大集合!選び方のコツも教えるよ

スポンサーリンク

こんにちは、らくスノです。

おかげさまで前回のウェア人気ブランドベストの評判が良かったので、今回はボードのブランド特集です。

引き続き空っぽの頭をフル活用して(笑)思いつく限りブランドを集めてみました!

直接ブランドだけご覧になりたい方は、目次からブランド紹介へ飛んでください。

インターネットでボードを購入する時に気をつけること

インターネットで板を購入するのはちょっと不安…

と思われている方も多いのではないでしょうか。

まずはブランドを紹介する前に、インターネットで板を購入する際に注意することをまとめてみました。

とくに初めて購入される方は、誰にも相談出来ない分不安も大きいと思いますので、参考になれば幸いです。

購入する際の基準は?

板を購入するする際の基準はなんでしょうか?

続きを読む

実はまったく難しいことはないんですよ。

  • 板の長さ
  • 板のフレックス(硬さ)
  • 板の形状

 

えっ!たったの3つだけ?

そうです、たったの3つだけです。

この3点だけ注意して選べば、初心者の方でも絶対購入に失敗することはありません。

あとはお好きなブランド、デザインを選んでください。

 

板の説明には、ウッドコア、有効エッジ、ウェスト幅等いろいろ書いてあるけど?

正直、中上級者でないとこの辺の差はほとんどわかりませんので無視して構いません。

■板の長さ

身長-15~-20cm(鼻とアゴの間くらい)がもっとも適したサイズと言われています。

 

■板のフレックス

ソフトフレックス(柔らかいもの)が初心者向け、ミドル~ハードフレックスが中上級者向きです。

初心者の方でも上手くなりたいがためにあえて硬い板を購入したり、上級者の方が遊び用に柔らかい板を購入する場合もあります。

■板の形状1

大きく分けてキャンバー、ハイブリッド(ローキャンバー、フラット、Wロッカー、Wキャンバーなど)、ロッカーがあります。

一般的にキャンバーは中上級者向きですので、初心者の方はハイブリッドかロッカーボードを選んだ方が無難かもしれませんね。

【板を真横から見たときのイメージ】

出典:SNOWBOARDING PLUS

■板の形状2

テール(後方)とノーズ(先頭)が同じ長さのツインボード(またはディレクショナルツイン)、またはディレクショナルボードと呼ばれる前後非対称のボードがあります。

一般的に滑りやすいとされているのはディレクショナルボードですが、将来的に回転したり技もやってみたいというのであればツインボードを選びましょう。

 

■バートンのサイトには…

このようにバートンのサイトにもしっかり、3点の情報が載っていますね。

他のブランドでも、もちろんしっかり記載があります。

引用:バートンホームページ

セッティングやメンテナンス方法が分かりません…

安心してください、簡単ですので誰でもできます!

続きを読む

そもそも、インターネットでも購入店舗によってはバインディングの取り付けやWAXがけまでやってくれるところがあります。

「友人からもらったバインディングを取り付けたい場合はどうするの?」

「ワックスってたまに塗らなきゃダメなんだよね?」

「オフシーズンの保管ってどうすればいいの?」

全然問題ありません、下記のページに解決方法を全てまとめてあります。

これを読めば失敗しない!スノーボード板、バインディング、ブーツの購入について記事まとめ

■その他の注意事項

バートンは独自のジョイントシステムを採用しています。(チャンネル、EST)

ほかのメーカーにも取り付けることは可能ですが、不安な場合はバインディング、ボード共にバートンで揃えたほうが間違いありません。

17-18シーズンスノーボード人気ブランドランキング【随時更新】

私のサイトから各ブランドのホームページへのアクセス数で(5000件くらい)ある程度ビッグデータが取れたのでランキングにしてみました!

購入の際の参考になればと思います。

※ちなみに集計データのソースは、らくスノ公式ツイッターに貼ってます。

スノーボード80ブランド紹介します!

というわけで、ここからはブランドに紹介に移りたいと思いますが、その前に注意事項をご覧ください。

  • 各ブランドは楽天市場もしくはアマゾンで最新の在庫状況を検索できるようにしてます。人気ブランドは商品数が少ないことも予想されますので、楽天市場、アマゾン、ヤフーショッピングでそれぞれ調べる事をオススメします。
  • 各メーカーの画像はイメージで、最新の在庫状況を示すものではありません。最新の情報を知りたい場合は、楽天市場・アマゾンで検索するか、各ブランドのホームページをご覧下さい。
  • 利便性を優先し、一部のブランドは本国ではなく輸入代理店のホームページをリンクしております。

 

バートン らくスノおすすめ!

 

1977年ジェイク・バートンによって設立されたスノーボード用品の製造販売会社。引用:ウィキペディア

バートンホームページ

らくスノ
もはや説明不要、泣く子も黙るバートンでございます。

迷ったらバートンスノーボード買っとけ!7つの「すごい」まとめてみた

 

K2 らくスノおすすめ!

 

創業以来50年余り、K2はより優れたパフォーマンスを目指し、妥協を許さない “モノ創り”を追い求めてきました。 スポーツのもつ“楽しさと真剣さ”を“科学とテクノロジー”の力で引き出すこと、それこそが私たちK2スポーツの理念なのです。

引用:K2ホームページ

らくスノ
こちらも有名なK2でございます。私も何枚か使用していました。

 

サロモン

 

サロモンホームページ

らくスノ
バートン、K2、サロモンを私は勝手にスノーボードビッグ3と呼んでます(笑)

 

フロー

 

フローホームページ

らくスノ
通称スリッパと言われるリアエントリーのバインが有名なメーカーです。

 

ヘッド

ヘッドホームページ

 

オガサカ

100年以上も歴史のあるスキーファクトリーから新規事業として1987年にOGASAKA Snowboardsは誕生した。
アルパインスノーボードからスタートし、少しずつラインナップを増やしてきた。

引用:オガサカホームページ

らくスノ
テクニカル系のボードとしてはもっとも有名な国産ボードです。製造工場は他社製品のOEMも手がけるなど高い品質をほこります。

 

ライド らくスノおすすめ!

ライドホームページ

らくスノ
ソチ五輪スロープスタイル日本代表の角野 友基選手が所属するブランドRIDE。私らくスノが現在メインで使わせてもらっているブランドです。

 

ロームSDS

 

2001年5月6日にアメリカ・バーモント州ウォーターバリーで、ポールとジョッシュという2人のスノーボーダーによって設立。

引用:ロームホームページ

らくスノ
モデル数が多いですし、個人的にはデザインも好きです。

 

011アーティスティック

011アーティスティックホームページ

らくスノ
日本のグラトリシーンの先駆者とも言える相内康夫さんやメジャーさんが所属するブランドです。

※011アーティスティックについては下記の記事も参照ください。

本気の人しか見ないで下さい!スノーボード歴17年の私が本当におすすめできるグラトリ板10選

 

アライアン

 

多くのスノーボーダーに愛されるアライアンのスピードと乗りやすさ !
今年も安定性能を高く評価されるキャンバーを数多く採用しクールなグラフィックとカラーをミックスし、乗っていて楽しくエキサイトするスノーボードを提供します。

引用:アライアンホームページ

 

リブテック

各スノーボーダーのライディングスタイルや挑戦したいテレインに向いた構造・形状を持つボードを揃えました。各ボードのもつ優れた特長を理解した上で自分にあったボードを選んでください。

引用:リブテックホームページ

らくスノ
世界初のロッカーボードを作ったブランドです。

 

ヨネックス

 

1946年にヨネックスの創業者・米山稔が、新潟県三島郡(現長岡市)で木製品の製造販売を開始する。

引用:ヨネックスホームページ

らくスノ
オールカーボンボードがめちゃ有名です。カーボンは軽く反応が良いとされています。

 

キャピタ

 

E.I.P (=EVERYTING IS POSSIBLE) それはCAPiTAが考える研究開発のマントラであり、CAPiTA MFGが誇る技術の原点である。
現状を乗りこえる”ということは逆境に立ち向かい、障害に打ち勝つこと。
”不可能は無い“というアイデアを100%受け入れる姿勢のみが進化を産むのである。

引用:キャピタホームページ

らくスノ
キャピタ、ユニオン(バイン)、ディーラックス(ブーツ)の組み合わせがマストです。

 

ノベンバー

 

多様なスタイルそれぞれに最高の性能を発揮させるために惜しげなくハイクオリティーな素材と技術を投入し、細部に至るまで徹底したこだわりを持つボードブランドです。

引用:ノベンバーホームページ

らくスノ
私の尊敬するドギーこと笠原啓二郎プロがスポンサードを受けるオガサカブランドです。

youtubeスノーボードおすすめムービー・動画ご紹介します!【随時更新】

 

サブリナ

 

2003年にレディースオンリーブランドとして立ち上がる。

日本人女性の脚力・体格(足のサイズ等)をベースに、日本のフィールドにあった物作りをしている。

引用:サブリナホームページ

らくスノ
女性専用ブランドです。女性の脚力や体格に合わせた作りになっています。

 

エラン

 

エランホームページ

らくスノ
なんとスロベニア発のブランドです!

 

スクーター

スクーターホームページ

らくスノ
ノベンバー、スクーター共に信頼のオガサカブランドです。

 

グレイ

 

Gray Snowboardsは、真に乗りやすいスノーボードを目指して1998年に創立。 自社工場こそ持たないが、その独自の設計力・デザイン力で、高性能スノーボードブランドとして、不動の地位を築いている。

引用:グレイホームページ

らくスノ
バンドのグレイ(GLAY)は綴りが違います(笑)

 

ライス28

ライス28

らくスノ
グラトリ・ジブの板として超有名です。

※ライス28については下記の記事も参照ください。

本気の人しか見ないで下さい!スノーボード歴17年の私が本当におすすめできるグラトリ板10選

 

デスレーベル

 

デスレーベルホームページ

らくスノ
スカルモチーフが独特の世界観を演出するブランドです。

 

ナイトロ

ナイトロホームページ

 

サヴァンダー

サヴァンダーホームページ

 

シグナル

シグナルホームページ

らくスノ
youtubeの公式チャンネルでは、ipad内蔵ボードや透明ボードなどおもしろい板をいっぱい作ってくれてますね(笑)

 

モス

1971年、「雪の上でのサーフィン」を夢見て現代表、田沼進三による最初のプロトタイプを試作。

材料は主にサーフボードと同じウレタンフォーム、グラスファイバー製。

赤倉スキー場ギンザゲレンデ(ファミリー向けのキッズゲレンデ)にて初試乗。

田沼いわく「雪の上で大人が楽しめる遊びの延長だった」。

引用:モスホームページ

らくスノ
日本のスノーボードの歴史といっても過言ではないレジェンドなブランドです。

 

フォルクル

フォルクルホームページ

 

アトミック

アトミックホームページ

らくスノ
スキーのほうが圧倒的に有名です。

 

ウムラウト

ウムラウトホームページ

 

トルクレックス

トルクレックスホームページ

らくスノ
制作は信頼の小賀坂工場!てか、どこまですごいんだオガサカ!

※トルクレックスについては下記の記事も参照ください。

本気の人しか見ないで下さい!スノーボード歴17年の私が本当におすすめできるグラトリ板10選

 

シムス

シムスホームページ

らくスノ
バートンと共にスノーボード黎明期を支えたブランドです。

 

ドレイク

ドレイクホームページ

 

DC

 

1994年にスケートボーダー達によってスタートした『DC』。

『DC』は、ケン・ブロックとデイモン・ウェイが立ち上げた前身ブランドであるDROORS CLOTHINGに由来している。

引用:DCホームページ

 

スモーキン

スモーキンホームページ

 

レディメイド

 

ロシニョール

ロシニョールホームページ

 

グヌー

グヌーホームページ

 

バタレオン

 

様々な改良を行い、Bataleonはコンタクトポイントのみ浮かせたキャンバー構造のパテントを取得しました。そうすることでどのレベルのスノーボーダーもより楽しくスノーボードができる構造のボードに仕上がりました。

引用:バタレオンホームページ

らくスノ
3Dシェイプはあまりにも有名です。

※バタレオンについては下記の記事も参照ください。

本気の人しか見ないで下さい!スノーボード歴17年の私が本当におすすめできるグラトリ板10選

 

エンデバー

エンデバーホームページ

らくスノ
バートン以外でCHANNELシステムを採用している珍しいブランドです。

 

FTWO

 

FTWOはアルペンボード界で長きにわたりけん引しているF2 SNOWBOARDSから生まれたフリースタイルブランド。
F2ブランドは1982年にオーストリアにて誕生。

引用:FTWOホームページ

らくスノ
FTWO所属たっきーさんのyoutubeレイトプロジェクトは初心者の方におすすめです。

youtubeスノーボードおすすめムービー・動画ご紹介します!【随時更新】

 

テックナイン

 

1994年、ハンドメイド・バインディングの制作をスタート。
発足当時より「楽しむこと、スノーボーディングの進歩と限界を押し上げること」を変わらないコンセプトとし、
現在ではバインディングのみならず、ボード、アウターウェアなどのカテゴリーにおいてもTECHNINEスタイルを発信。

引用:テックナインホームページ

 

エクスパルナ

 

スノーボードは単なる競技や楽しむためだけのスポーツに留まらず、ライダー1人ひとりが己を表現するアーティストだとも考えます。その表現の幅を広げ、よりショー的要素を向上させつつ、危険性に対しても考慮できる方法、それが”LEDを使用し存在を明らかにする光るスノーボード”でした。

引用:エクスパルナホームページ

らくスノ
光るボードです、ナイターで使ったら目立つこと間違いなし!

 

アカデミー

ACADEMY SNOWBOARDは2002年に設立されたスノーボーダーが運営するカンパニーです。私達の理念はQUALITY(クオリティ)、 PROGRESSION(継続性)、そしてINDIVIDUAL(個性)。ACDEMY SNOWBOARDは高い技術を持つオーストリアのファクトリーで作り続けています。

引用:アカデミーホームページ

 

コスミックサーフ

コスミックサーフホームページ

 

スラッシュ

ギギ・ラフがこれまで培ったスノーボーディングを活かすべく立ち上げたスラッシュ。

引用:スラッシュホームページ

 

イエスナウボード

イエスナウボードホームページ

らくスノ
最近ではマンウィズのMVでのコラボが話題になりましたね!

 

トゥエルブ

“RIDERS BRAND” ライフスタイル、滑りがかっこいいものであることを伝えるべく、

TWELVE CREWはジャンルに捉われることなく、山全体でスノーボーディングを表現しています。

引用:トゥエルブホームページ

 

スイベル

1990年代初頭、サーフィンのメッカであるカリフォルニア・ハンティントンビーチを中心に人気を博したSwivel(スウィベル)。アクティブでオシャレな女の子をサポートするレディースブランドです。

引用:スイベルホームページ

 

TJブランド

2002年、TWELVEの1ラインナップとして生まれたT.Jシリーズ。2009年、新たな工場との出会いでT.Jは1ラインナップから遂にT.J BRAND backyard toyとして独立を果たしました。

引用:TJブランドホームページ

 

サンタクルーズ

 

アメリカ西海岸のサンフランシスコから車で南へ2時間、北カリフォルニアのサンタクルーズ市で1973年に設立された。スケート、スノー、サーフの3カテゴリーをそろえた3Sブランド、それが「SANTA CRUZ」である。

サンタクルーズホームページ

 

デヴグルー

 

JAPAN MADEの高品質なボード、ART,SKATE,ARMYからインスパイアされたグラフィック、ジブ、パークに特化したシェイプとフレックスバランス、それを操るのはスタイルを持ったライダー。今までにないドメスティックスノーボードブランドを開発し、世界に発信する。

引用:デヴグルーホームページ

 

BCストリーム

BCストリームホームページ

らくスノ
アルペンボードが有名です。

 

レイバック

レイバックホームページ

 

カルマノ

カルマノホームページ

 

ホリデー

ホリデーホームページ

 

ロブスター

ロブスターホームページ

 

キスマーク

 

世界共通の一番身近なコミュニケーション手段である「kiss」をブランドネームとした理由はブランド立ち上げ当初のメインアイテムであった、スノーボードの「ステップインシステム」がまるで「ソフトなキス」をするようだとの印象であったことと、そのステップインでスノーボード界に新たな足跡(マーク)を残したいとの想いがリンクし「キスマーク」というブランドネームが誕生。

引用:キスマークホームページ

らくスノ
アルペングループのブランド。

 

ネバーサマーインダストリーズ

ネバーサマーインダストリーズホームページ

 

ジョーンズ

ジョーンズホームページ

 

ファナティック

ファナティックホームページ

 

ステップチャイルド

ステップチャイルドホームページ

 

アウトフロー

ライダーが企画運営する受注限定生産のインディペンデント/スノーボードブランドです。ライダー達が日々フィールドで出会う、感動や気づきを即座にボード開発にフィードバックし、Snowboardingに出会ったすべての方々へ新鮮で思うままのライドフィーリングをお届けいたします。

引用:アウトフローホームページ

 

ダイナソーウィルダイ

ダイナソーウィルダイホームページ

 

ジラーフ

ジラーフホームページ

 

グリーンラボ

グリーンラボホームページ

 

アポ(APO)

アポホームページ

らくスノ
ソチ五輪スロープスタイル金メダリストのセージ・コッツェンバーグが使用していることで有名です。

 

アーバー

アーバーホームページ

 

F2

F2ホームページ

らくスノ
アルペンボードの最高峰ブランドです。

 

Dデイ

Dデイホームページ

 

デジェネラティ

デジェネラティ

 

パブリック

パブリックホームページ

 

眞空雪板等(マクウセッパントウ)

 

スプーン

スプーンホームページ

らくスノ
デザインがおしゃれで安い!

 

ツマ

ツマホームページ

らくスノ
値段がリーズナブルなので、初めて購入される方におすすめです。

 

ゲンテンスティック

ゲンテンスティックホームページ

 

ファントム

ファントムホームページ

 

モロー

 

ロキシー

ロキシーホームページ

 

SLQ

 

5150

5150ホームページ

 

 

アチロムエーブイエス

アチロムホームページ

 

 

ユニット
ユニットホームページ

 

 

セッカ

セッカホームページ(上記のユニットと同じホームページです。)

らくスノ
レディースパウダーボード専門ブランドです。

 

 

BOUND

 

 

ニキータ

らくスノ
レディース専門ブランドです。

ニキータホームページ

 

good boards

good boardsホームページ

 

ナイデッカー

 

V7&V9

v7&v9ホームページ

 

プルトニウム

プルトニウムホームページ

 

ACC

ACCホームページ

サージ

 

【おまけ】おもしろボード

ニコ

Separate-Snowboards®「NICO(ニコ)」は、ブランド名そのままに2枚の板からなるスノーボードです。『スキーとスノーボードの融合』『フリーラインスケートのスノー版』など、様々な見方が出来ますが、そのスタイルはまだまだ未知数です。

引用:ニコホームページ

らくスノ
なんと、セパレートのスノーボードです!

 

ストライダー

2歳から5歳、子どものココロとカラダは大きく成長します。そんな、遊び方の変化も激しい時期に、もっとも適した乗り物それは三輪車や自転車ではなく、足で地面を蹴って進み直感的にコントロールができるストライダー。

引用:ストライダーホームページ

らくスノ
お馴染みのストライダーにアタッチメントをつければゲレンデ仕様に早変わり!

 

011ファットゼロ

011アーティスティックホームページ

らくスノ
レディース、キッズ用ではありません、あえて短いシェイプにしているボードです。昔、ヨネックスもunfixって短い板を出してましたね!

 

エルワイスノースケート

エルワイスノースケートホームページ

らくスノ
スケートライクな乗り物です。

 

スノーモト

スノーモトホームページ

らくスノ
スノースクートとの大きな違いはサドルです。

 

スノースクート

スノースクートホームページ

らくスノ
練習すると、キッカー飛んだりBMXでいうテールウィップみたいなこともできるみたいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「たくさんありすぎて迷っちゃう!」

そんなときは所属しているプロライダーさんの滑りを参考にしてみると良いかもしれません。

例えばyoutubeのティーザーやDVDなどを見て「こういう滑りをしたいな~」ってプロライダーさんの板を買うのもひとつの方法ですね。

参考になれば幸いです。

 


 
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴18年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。