本気で上達したいグラトリ女子必見!スノボ歴20年の筆者がオススメするレディース用グラトリ板10選

こんにちは、20年以上スノーボードしている、らくスノです。

「今シーズンは本格的にグラトリを練習したいので、専用のボードが欲しい!」なんて女性も多いのではないでしょうか。

しかし、インターネットを調べても男性の情報ばかり。

これではどんな板がグラトリ向きなのか分かりませんよね。

でも大丈夫!

今回は私の知り合いのライダーさんやショップの評価もふまえ、女性におすすめのグラトリボードのみピックアップしました。

この記事を最後まで読めば、きっと理想のグラトリボードに出会えるはず。

女性におすすめのグラトリ専用モデル10選ご紹介します!

それでは、ベテランスノーボーダーの筆者がおすすめするグラトリ板を順番に紹介したいと思います。

  1. 011アーティスティック/Xフライスピン
  2. ライス28/リブレ
  3. FNTC/SOT
  4. アライアン/VIVIAN
  5. ヨネックス/デクリック
  6. バタレオン/シーW
  7. グヌー/ベルベット
  8. サブリナ/サニーサイド
  9. デスレーベル/ブラックフラッグ
  10. ライド/サタデー

順番に解説していきます。

011アーティスティック/Xフライスピン

011ホームページ

安定感4

スピード4

オーリー5

プレス5

総評5

日本のグラトリシーンの先駆者、相内康夫プロが創設したブランド011。

グラトリ界のフェラーリやランボルギーニと言ったところでしょうか。

このブランドを簡単に説明すると、グラトリに特化したモデルを多数発表しているということです。

従来のグラトリボードといえば、オールラウンドボードを転用したものが主でした。

しかし、011の場合、ブランド創設当時からグラトリ(ジブ・ストリート含む)を意識したボードを多数制作してきたのです。

グラトリ上級者に011愛用者が多いのは、そういった歴史があるからなんですね。

そんなわけで、正直おすすめモデルが多すぎて紹介しきれないのですが(笑)

女性におすすめということで、今回はXフライスピンを選んでみました。

出典:011ホームページより

Xフライの特徴は、軽さと回しやすさです。

やはり男性より脚力の弱い女性にとって、軽量化は至上命題ですからね。

一般的なボードで使用されるウッドコアより軽量なフォームコアを使用しており、さらにカーボン繊維を重ねることによって雪面での安定感とレスポンスがUPしました。

出典:011ホームページより

ソフトフレックスのWキャンバー構造ですが、前述のカーボンとPEファイバーがX状に配置されているので、トランポリンのようなオーリーの反発が気持ちいい!

もちろん、Wキャンバーの本来の強みである、スピンのしやすさと逆エッジの低減は最大限に生かされています。

360、540の高回転はもちろん、バターやピボット系トリックに真価を発揮するボードです。

デメリットは生産数が圧倒的に少なく高額であるということ。

しかし、本気で上達したいなら絶対に外せない1枚ですね。

ライス28/リブレ

ライス28ホームページ

安定感5

スピード5

オーリー5

プレス4

総評5

続いては、011と双璧をなすグラトリボードブランドであるライス28のリブレを紹介したいと思います。

日本初のシグネチャーモデルを発売するなど、グラトリ界のみならずスノーボードシーン全体を牽引してきたライス28。

そんな歴史あるブランドが発表したレディース専用モデルが「リブレ」。

この板のコンセプトは、私の考える理想の女性用グラトリボードそのままなんです。

男性に比べて筋力の少ない女性が、板と一緒に自由に滑れるように、LIBREはできるだけストレスのない自分の滑りを表現できる板を目指しました。

そこには扱いやすさ、軽さ、しなやかさ、反発力、そしてグラフィックデザイン。

引用:ライス28ホームページ

やっぱりレディースボードは「軽さ」「操作性」「反発」に特化しないと、グラトリの楽しさは味わえません。

そんなコンセプトを元に作られたリブレの特徴は、オーリーの反発と抜群の安定感です。

出典:ライス28ホームページ

板を5つの区画に分け、それぞれフレックスに変化を与えることで、オーリーの弾きやすさと滑走時の安定性を実現しました。

ボードのセンターから足下にかけてはソフトフレックスでオーリーしやすく、ノーズとテールは硬めに設定することで、高速時はもちろんアプローチの際に抜群の安定をもたらします。

このボードでフルオーリーするとスプリングで弾かれる感じ、あまりに反発が良いので思わずのけ反ってしまいます(笑)

デメリットとしては、011と同じく国産ボード(オガサカ製)で品数が少なくお高いことですね。

でも、高いお金を払っても余りあるメリットを享受できる!

間違いなくレベルアップさせてくれるボードと言えるでしょう。

FNTC/SOT

FNTCホームページ

安定感4

スピード5

オーリー4

プレス3

総評4.5

FNTCと聞いて?と思った方も多いでしょう。

それもそのはず、2018年よりスタートしたまだ新しいブランドだからです。

もともとファナティックから派生したFTWOというブランドでしたが、コンセプトはそのままに、より洗練されたボードへと進化しました。

そのFNTCから発表されたフラッグシップモデルがSOT。

出典:FNTCホームページ

最大の特徴がスイングウェイトの軽量化です。

コマが安定して回る原理と同じ、スノーボードもノーズ・テールを軽量化したほうがよりスピンしやすくなります。

SOTはファナティック譲りのハニカム構造を採用して、剛性は保ちながらもスイングウェイトを軽量化することに成功しました。

これにより、脚力が弱い女性の方でも簡単にスピントリックを楽しむことができます。

ミディアムソフトフレックスでPOPキャンバー形状を採用。

オーリーの負荷が加わるセンター部分を薄くシェイプすることにより、初中級者の方でも簡単にオーリーの反発を感じることができます。

360以上の高回転を目指す女性グラトリライダーにおすすめしたい逸品です。

アライアン/VIVIAN

アライアンホームページ

安定感4

スピード4

オーリー3

プレス4

総評4

011やライス28と同じく、ガチ勢の方にはお馴染みのアライアンからビビアンをご紹介します。

人気グラトリ板ダメージのレディースバージョンとして愛用者も多いですね。

出典:アライアンホームページ

ビビアンが多くの人に選ばれている理由は、マイルドキャンバーと呼ばれる形状にあります。

グラトリでもキッカーでも、オーリーで高さを出すにはキャンバー形状がマスト。

しかし、キャンバーボードはシビアなボード操作を要求されます。

そこでビビアンはボードの反り返りを少なくすることで、キャンバーのメリットはそのままに高い反発力が得られるようになりました。

ちょっと古い動画ですが、雰囲気は伝わると思います。

ソールはシンタードベースを使用しており、滑走性は抜群。

でも、しっかり手入れをしないと板がまったく走らなくなるので、グラトリの本気度が試されるボードと言えるでしょう。

ヨネックス/デクリック

ヨネックスホームページ

安定感3

スピード3

オーリー3

プレス4

総評3.5

ヨネックスが本気で作ったグラトリボード、それがデクリックです。

ヨネックスの特徴と言えば、なんといってもオールカーボン!

出典:ヨネックスホームページ

コアにカーボンシートを重ねたうえ、ノーズ・テールにも配置されています。

カーボンはボードのバタつきを抑え、オーリー時の反発もUPします。軽量で扱いやすく、まさにグラトリにもってこいの1枚と言えるでしょう。

キャンバーベースの形状ですが、超ソフトフレックスなので初心者~中級者までグラトリの面白さが体感できること間違いなし!

カーボンボードなのにコスパもいいので、低回転スピンやプレス系のトリックをマスターしたい女性におすすめです。

バタレオン/シーW

バタレオンホームページ

安定感3

スピード3

オーリー3

プレス2

総評3

グラトリの敵と言えば逆エッジ。

引っかかるのが怖くて回しきれないなんて方も多いのではないでしょうか。

そんなグラトリの逆エッジを軽減してくれるのがバタレオンのシーW。

出典:バタレオンホームページ

ノーズとテールがスプーンのような形状をしており、雪面にエッジが引っかかることを防いでくれます。

これはバタレオンが特許を取得している3Dシェイプの成せるわざと言えるでしょう。

単純に逆エッジを防ぎたいのであれば、ロッカーやハイブリッド形状も選択肢としてはアリだと思います。

しかし、オーリーの反発をある程度犠牲にしなくてはなりません。

対して、シーWはキャンバー形状ですので、高い反発力を維持しつつ逆エッジのリスクを減らすことができます。

011やライス28も、コンベックスという似たような形状を採用してますが、その究極がバタレオンのシーW。

逆エッジの低減はもちろん、切り返しが多いソネやシャッフル系の技に真価を発揮するボードです。

グヌー/ベルベット

グヌーホームページ

安定感3

スピード2

オーリー2

プレス2

総評2.5

グヌーのミドルフレックスモデル、ベルベットを紹介します。

見た目は普通のボードなんですが、実はアシンメトリーという特殊な構造をしています。

ヒールサイド・トゥーサイドで異なるフレックスなので、例えばバックサイドスピンが苦手な方はトゥー側を柔らかくするなんてセッティングが可能となります。

オーリー・ノーリーやプレストリックなどでフレックスを変えてみると、苦手な技が驚くほど簡単にメイクできてしまうんです。

惜しむべきは、ツインキャンバー形状の高速時の安定感がイマイチでオーリーの反発も弱いです。

しかし、初中級者の練習には最適な板と言えるでしょう。

サブリナ/サニーサイド

サブリナホームページ

安定感2

スピード2

オーリー3

プレス3

総評2.5

サブリナはスノーボード界では珍しい、レディース専門ブランドです。

サニーサイドは、ソフトフレックスのWキャンバーボード…と、これだけのスペックなら他のブランドにも多数ラインナップがあるので、わざわざサブリナを紹介することも無いのですが(笑)

実はひとつ大きな特徴があります。

出典:サブリナ

足下にファイバープレートが配置されており、ボードのレスポンスや安定性に大きな役割を果たしています。

オーリーの反発はもちろん、リバースやシャッフル系トリックの切り返しで威力を発揮。

カーボン入りなのに、型落ちで3万円台から購入できる価格帯も魅力的。

乗りやすいWキャンバーボードなので、グラトリ初心者の方から上級者の方まで、すべてのボーダーを満足させることのできる逸品です。

デスレーベル/ブラックフラッグ

デスレーベル

安定感2

スピード2

オーリー2

プレス5

総評2.5

スカルモチーフが印象的なデスレーベルからは、ブラックフラッグのご紹介。

ブラックフラッグは、プレス時の体重移動がほとんど不要なくらい柔らかいフレックスが特徴です。

ヨネックス項でも紹介しましたが、板の上位モデルはカーボンを使用している場合が多いです。

しかし、カーボンは高い安定性や優れた反発力を有する反面、初心者・初級者には扱いにくいことがあります。

ブラックフラッグは、カーボンを使用していないのでグラトリ初心者でも扱いやすいボードなんです。

「FAN&EASY」のコンセプト通り、初心者の方でもオーリーの反発力を感じることができるため文字通りグラトリが楽しくなります。

低回転スピンやバター・プレストリックに最適ですね。

バンブーコア(竹)を使用しており、軽量で取り回しも抜群。

確かに反発力は少ないですが、板のバネ感を体験するにはぴったりの1枚と言えるでしょう。

ライド/サタデー

ライドホームページ

安定感2

スピード2

オーリー2

プレス3

総評2

最後はライドのサタデーを紹介したいと思います。

サタデーの特徴は、なんといっても圧倒的なコストパフォーマンス。

有名ブランドが型落ち3万円台~購入できるのは、大きな魅力ですね。

「総評2って評価低くないですか?」

確かに011やライス28と比べるとこの評価になってしまいますが、はっきり言ってサタデー3枚くらい買える金額ですからね(笑)

要は考え方次第なんですが、初心者の方ほどボードの痛みが早いです。

まずは安価なボードでボロボロになるくらい練習して、ハイスペックな板に乗り換えるのもアリだと思いますよ。

出典:ライドホームページ

 

ハイブリッドロッカーシェイプのツインでミドルフレックス。

また、この価格帯では珍しくオーリーをサポートするカーボンバーが配置されているのも特徴的。

板の性能については、現在ライドのボードをメインに使用している私が太鼓判を押します!

フラットバーンはもちろん、ジブから地形遊びまでこれ一枚で遊びつくせるボードですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

男性なら力で回し切っちゃうっていう荒技もできますが、女性の場合はそうもいきません。

やはり、ボードのフレックスを最大限に生かしたグラウンドトリックが、女性ボーダーには重要な要素だと思っています。

今回はそんな私の経験から、おすすめの板をチョイスしてみました。

最高のパートナーが見つかるといいですね。

この記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】

本気の人しか見ないで下さい!ベテランスノーボーダーが本当におすすめできるグラトリ板10選

最強のモデルはこれだ!ベテランスノーボーダーが本気でおすすめするグラトリ用ビンディング10選

本気で上達したいならこれ!ベテランがおすすめするグラトリ用ブーツ10選

えっこんなに軽いの!?ベテランスノーボーダーの筆者がおすすめするグラトリ用の軽量な板10選


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴20年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴20年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。