スノーボード未経験でも30分で滑れるようになるコツ、こっそり教えます!

スポンサーリンク

こんにちは、らくスノです。

この記事をご覧頂いているということは、「これから人生初のスノーボードに行きます!」なんて方も多いと思います。

でも、友人や恋人にスノーボードへ誘われた時、「滑れなかったらどうしよう?」「運動神経悪いからきっと滑れない…」なんて考えませんでした?

正直、楽しみよりも不安の方が大きいのではないでしょうか。こんな得体の知れないスポーツに誘われても、不安しかありませんよね(笑)

安心してください、誰でも簡単に滑ることができます!はっきり言って自転車に乗るよりも簡単です。

というわけで、今回はスノーボードが30分で滑れるようになるコツをそっとお教えしたいと思います。

30分でこれだけ滑れる!

まずこの映像をご覧ください。

まだ恋人だった頃の妻とスノーボードへ行った時の映像。妻はスノーボードどころかスキーもやったことが無い、ウィンタースポーツ完全未経験者です。

これから説明するコツを教えて30分後に撮影しました。妻は日頃スポーツする訳でもなく運動神経も良い方ではありませんが、普通に滑ることができていますね。

ターンができてるかと言われれば「う〜ん」だし、フォームもお世辞にもカッコイイとは言えませんが(笑)30分でこれだけ滑ることができれば十分だと思いませんか?

では、なぜ短時間でここまで滑れるようになったのでしょうか?実は下記のことを意識したからなんです。

  • 超緩斜面で練習する。
  • ターンは曲がりたい方向に視線と肩を向けるという事を理解する。
  • 最初はバランスを崩してもなるべくコケないようにする事に集中する。

そうです、たった3ステップで良いんです。次項からより具体的に説明させていただきます。

ステップ①コース選び

まず、滑る以前にコース選びが重要です。では、どういったコースが良いのでしょうか?

それは、超緩斜面の初心者コースを選ぶことです!

ターンや止まり方以前に、初心者の方が滑れない最大の原因がスピードが出過ぎてしまうこと。

自分の限界以上のスピードが出る→制御できない→コケる

最初は誰でもこのパターンに陥りますが、これではターンや止まるなんて動作はできません。

逆に映像を見ていただいた通り、スピードが自分の想定内でコントロールできていれば教えていなくても自然にエッジを使うことができます。

スピードが出る理由は?

すごく簡単です、斜面が急過ぎるからです。逆にスピードを制御するには緩やかな斜面を下るようにして下さい。

上達への近道はコース選びが大変重要です。未経験の方が30分で滑れるようになるかどうかはコースで決まるといっても過言ではないでしょう。

ゲレンデには初心者コースと言いながらそこそこ急斜面な場所もありますので、超が付くくらい緩斜面を選んでください。

これはむしろ誘う側のチョイスがすごく大事なので、未経験の方を連れて行く場合はその点も気を使ってゲレンデを選んであげるとよいですね。

ちなみに最初から中上級者コースに連れていくのもやめましょう、恐怖心が付いたら余計に上達が遅れます。

ゲレンデデビューするならどこが良い?初心者・初級者におすすめのスキー場をご紹介します!

ステップ②曲がる方法と止まり方

実際に滑る前に、曲がる方法と止まり方を理解しなければ始まりませんが、実はとっても簡単なんですよ。

曲がりたい方向に視線と肩を向けるだけです!

%e3%81%82%e3%81%82%e3%81%82%e3%81%82

止まり方はその延長。斜面に対し板が垂直方向になれば止まります。ただし、最初は綺麗に止まれないので、安全なコケ方をしましょう。

コケる前にしゃがむようにして手やひざを付くのです。

「やばいコケる!」と思ったら、早めにしゃがんでお尻と手を付きましょう。

【初心者必読】スノーボードの安全な転び方は○○するだけ!?超簡単にできるコツ教えます

最初から意識して滑るのではなく、ターンする方法だけ覚えておけばOK!

では、なぜ滑っている時ではなく事前に理解するだけで良いかというと、頭で分かっていても最初はできないんです。

でも、最初の映像をご覧いただいた通りステップ①のスピードが制御できていれば、意識しなくても条件反射的にエッジを立てて止まれます。ですので、最初は理解するだけで良いのです。

スピードが制御できれば、そのうち「右に曲がってみよう」とか「友達が待ってるあそこで止まってみよう」など意識して練習する余裕も生まれます。この繰り返しでだんだん上達していくのです。

ステップ②は自宅でも練習できますので、ぜひゲレンデへ行く前に試してみて下さいね。

超簡単にできるよ!スノーボードで逆エッジを防ぐ方法は○○するだけだった!

ステップ③滑っている最中に考えることはひとつだけ

では、初心者コースに着いて「これから滑るぞ!」って時に気をつける事は何でしょう?

それは、ズバリこけない事!

なぜかというと、人は複数の事を考えながら同時にこなせないからです。

例えば未経験の方がいきなり、「ひざを落として顔は正面、視線は進行方向を向き足下を見ない。板が進み始めたら進行方向に視線と肩を向けながらトゥーエッジ(つま先側のエッジ)に加重する…」って説明されて、どれだけ再現できるでしょう。

ひざに意識すると視線がおろそかになるし、視線を意識すると加重がおろそかになる。最初は誰しもそんなものです。

最初はフォームとか視線とかそんな事はどうでもいいんです。とにかくバランスを崩してもコケない事に集中しましょう。

周りに人がいないか注意して下さいね。

じゃあステップ②はなんだったの?

いえいえ、この時点で複数の事を同時にこなそうとするとかえって上達が遅れます。

それに最初にご覧いただいた映像のように、スピードが制御できていれば、ターンできなくても綺麗に止まれなくてもなんとかなっちゃうんです。

何度か繰り返すうちに恐怖心もなくなり、ある程度スピードが乗ってもバランスを崩すことも無くなります。実はこのスピードがものすごく大事なんです。

自転車をイメージしていただくと分かりやすいと思いますが、スノーボードもある程度スピードが乗らないと上級者でもターンが難しいのです。

まずスピードに慣れないとターンできるようになりません。ターンの延長に止まるという動作も入るので、ターンが出来ないと綺麗に止まることもできません。

ですので、スピードに慣れてきてはじめてステップ②「ターンと止まるうえでの動き」この知識が生きてくるわけです。

コケなくなってきたら、今度は心の中で「もっとターンを意識して曲がってみよう」という余裕が生ます。ここまで来たら、きっとスノーボードが楽しくなっていると思いますよ!

初心者は木の葉滑りって聞いたけど?

確かに、ハウツー本や専門サイトなどには最初は木の葉滑りなんて書いてありますが、いっさい練習する必要ありません!だって、ターンできるようになったら、あんな滑り方しないですもん。

木の葉滑りをやる時間があるなら、上記の方法で練習する事をオススメします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

最後にもう一度、30分で滑れるようになるコツについておさらいしたいと思います。

■30分で滑れるようになるコツ

  1. 超緩斜面で練習する。
  2. 曲がるときは、顔と肩を進行方向にむける。
  3. なるべく転ばないように意識する。

どうです、簡単でしょ?上記の事を実践してもらえば誰でも必ず滑れるようになります。

スノーボードはとにかく滑れないと楽しくありません。1日で綺麗にターンするのは難しいかもしれませんが、少なくとも雪の上を滑る楽しさはこの練習方法で十分感じてもらえると思います。

また、これから未経験者を教える方は、ひたすら褒めて下さい!

自分の滑りが正しいかどうか分からず不安な時、褒めてもらう事で自信に繋がります。ただでさえアウェーな気持ちで来ていると思うので、あなただけが頼りですよ(笑)

この記事が参考になれば幸いです。

【追記】

言葉でいうのは簡単だけど、そんなにすぐ滑れるものなの?
らくスノ
実際に完全初心者の方を取材してきました!

というわけで、言葉だけでは説得力がないので、完全初心者にらくスノメソッドを教えてきました!これをご覧頂ければ、半日でターンできるようになります。

【体験取材】スノボ未経験でも1日でターンできる?初心者カップルに滑り方を教えてみた

運動音痴のインドア系女子を未経験のスノボに連れて行ったら奇跡が起きた話


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴18年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!




板、ブーツ、バイン、ウェア、小物…
18-19シーズン最新スノーボードギア270ブランド大特集!

スノボ歴18年の私らくスノが厳選した、2018-19シーズンの最新スノーボードギア270ブランドを集めてみました!デザイン?それとも機能?ゲレンデに行く前に最新のギアをチェックしてライバルに差をつけよう!




スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴18年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。