元イントラがスキー・スノボの持ち物と節約マル秘テクニック教えます!

こんにちは、元スノーボードインストラクターの、らくスノです。

スキー・スノーボードはとにかく持ち物が多いスポーツ。

特に手袋やニット帽、ゴーグルなど小物類は忘れやすいですよね。

それに、どこまでレンタルor自分で用意すべきか悩む方も多いと思います。

でもご安心ください!

今回はレンタル&持参する物や節約マル秘テクニックについてお話します。

この記事を最後まで読めば、もうスキー・スノーボード旅行の持ち物は完璧です!

何をレンタルするかチェックしてみよう!

まずは持ち物を確認する前に、何をレンタルするかチェックしてみましょう。

スキー・スノボウェア

レンタルの場合、1日3,000円〜4,000円くらいが相場です。

ただし、レンタルは古かったりデザインが微妙なこともあります。

最近はウェア上下1万円以下で揃うリーズナブルなブランドもありますし、2〜3回以上使用すればレンタルよりもお得です。

また、私はいつもワークマンやドンキのレインウェアで滑ってます。

他のスポーツや街着としても流用できるのでおすすめですよ!

賢く節約しよう!スキー、スノボ専用じゃなくても代用・兼用できるウェア・小物

スキー・スノボセット

レンタルの場合、相場は1日3,000円〜5,000円くらいです。

少しでも節約するなら、家族や友人にスキー・スノボセットを借りられるか聞いてみてください。

また旅行会社主催のスキーツアーや宿泊するホテルによってはレンタル割引が適用される場合もあるので、事前に調べておきましょう。

スノボ道具のレンタル料金の相場は?賢く節約する方法も教えます!

グローブ

グローブをレンタルする予定の方は注意してください。

今は感染症対策の一環としてレンタルを中止しているショップも多いです。

事前にレンタルショップのホームページを確認しておきましょう。

また、購入する予定ならワークマンのグローブもおすすめ。

1つ780円(税込)と激安なうえに、丈夫で長持ちです!

【スキー・スノボ】2年間ワークマンの防寒グローブを使って分かった6つのメリット

ゴーグル

グローブと同じく、感染症対策の一環としてレンタルを中止している場合があります。

家族・友人に借りるか、あらかじめ購入することをおすすめします。

ちなみに、私がおすすめしているOCスタイルのゴーグルはWレンズ、球面レンズ、ベンチレーション、ヘルメット対応…これだけ高機能なのに税込2,860円〜と激安で購入できます。

気になる方はぜひチェックしてみてください。

3千円で買える!高機能スキー・スノボ用激安ゴーグルご紹介します!

ヘルメット・お尻パッド

必須ではありませんが、転倒時の怪我が心配ならお尻パッドをレンタルすることをおすすめします。

ちなみにタイツにタオルを挟んでお尻パッド代わりにすることもできますよ!

試してみて!0円ヒッププロテクター(ケツパッド)のススメ

自分で持参する物をチェックしてみよう

レンタルする道具が決まったら、後は自分で持参する持ち物をチェックしてみましょう。

靴下

靴下は保温の他、つま先やすねを保護する役割があります。

なるべくハイソックスで厚手の物を選びましょう。

とはいえ最初から専用の靴下を購入する必要はありません。

ユニクロのヒートテック靴下でも充分足を保護できますよ!

普通の靴下とスノボ用って何が違うの?やっぱり専用のソックスを買ったほうが良い?

インナー

基本的にウェアの下は、ベースレイヤー(肌着)とミドルレイヤー(中間着)2枚着ればOK。

もちろん最初はユニクロやGUなど、家にあるもので代用して構いません。

ただし、乾きが悪いと底冷えの原因になるので、できればポリエステルなど乾きやすい素材がおすすめ。

スキー・スノボウェアの下って何着ればいいの?元イントラがお答えします!

下着

下着もインナー同様、保温性より吸水速乾性を重視したほうが快適に過ごせますよ。

ユニクロならヒートテックよりエアリズムが最適ですね。

泊まりで行かれる方は予備も持参しましょう。

ユニクロのヒートテックでスノーボードってぶっちゃけどうなんですか?

ニット帽

ニット帽は保温のほか、転倒時に頭部を保護する役割があります。

もちろん家にあるものでかまいませんが、天候に関係なく被るようにしましょう。

ニット帽、ゴーグルを着ける本当の意味とは?明日使えるマメ知識も教えちゃいます!

ベルト

意外と盲点なのがベルト。

ウェアはともかくベルトはレンタルできませんからね。

ベルト不要のウェアもありますが、念の為持参することをおすすめします。

パスケース(リフト券入れ)

リフト券は落としやすいのでパスケースはあったほうが便利。

もし家に無いときは100均のパスケースでも代用も可能です。

100円均一でスノーボードグッズ一式揃えてみた!

身分証(免許証、保険証)

身分証はレンタル時に必ず必要なものです。

基本的に代表者1人持っていればOKですが、絶対に必要なものなので忘れないようにしましょう。

またスキー場で怪我をした場合、保険証の掲示を求められることがあるので念の為持参してください。

フェイスマスク

防寒はもちろん、日焼けや感染症対策としても有効なのがフェイスマスク。

ポケットに入れておけばかさばらないので、天候に限らず持参しましょう。

ハンドタオル・ハンカチ

スノボは転倒すると濡れますし、好天時は汗をかくことも…

またポケットティッシュは湿ってしまうので、ゲレンデの鼻水対策としてもハンドタオル1枚持っておくと重宝します。

小銭

1000円分くらいの小銭を用意しておくと、自動販売機やコインロッカー使用時に便利です。

※ちなみにお札は滑っているうちに濡れて、自販機などで使えないときがあるのでご注意ください。

リフト券

リフト券は現地で購入するより、あらかじめコンビニやスマホ決済で購入したほうがお安く買えます。

ゲレンデで買ったら損するかも!?スキー、スノーボードのリフト券を簡単に安くする方法教えます

ゴーグルクロス

ゴーグルは水気をタオルやティッシュで拭き取るとレンズに傷が付き曇りやすくなります。

なるべく専用のゴーグルクロスを使用してください。

日焼け止め

真冬でも好天時は日に焼けます。

特にゲレンデは雪面からの照り返しもありますからね。

あらかじめ日焼け止めを塗ってUV対策しましょう。

冬の日焼け対策は万全ですか?スキー場でも簡単にできる4つの紫外線対策とは

リップクリーム・目薬・ハンドクリーム

特に屋内は暖房で乾燥しているので、リップクリームや目薬・ハンドクリームを持参すると安心ですね。

ライター・携帯灰皿

タバコを吸われる方は必須ですね。

ただし、いくら屋外とはいえリフトなど喫煙場所以外で吸うのはマナー違反。

くれぐれも注意してください。

バスツアーなどを利用する方は、酔い止めや腹痛薬があると安心ですね。

また絆創膏や包帯・消毒液はスキー場の救護所などに常備してますが、心配ならご自身でも持っておくといいでしょう。

お菓子

リフト乗車中などにつまめるお菓子があると小腹を満たすことができます。

化粧品

スキー・スノボは汗をかいたり水に濡れる場面も多いので、化粧品は必需品ですね。

生理用品

せっかくのスキー・スノボ旅行なのに、生理と重なってしまったらブルーな気持ちになりますよね。

でも、しっかり準備をすれば、生理中でもスキー・スノボを楽しめます。

生理でもスキー・スノボ楽しめる?ゲレンデでの注意点や対策を教えます

スキー・スノボ持ち物リストを作れば絶対に忘れ物をしない!

実は絶対に忘れ物をしない方法があります。

それは忘れ物チェックリストを作ることです。

私は20年以上スノーボードをやっていますが、チェックリストを作ってから忘れ物をしなくなりました。

ご自身でオリジナルのスノボ持ち物チェックリストを作ってみましょう。

  • 靴下
  • インナー
  • 下着
  • ニット帽
  • ベルト
  • パスケース(リフト券入れ)
  • 身分証(免許証、保険証)
  • フェイスマスク
  • ハンドタオル・ハンカチ
  • 小銭
  • リフト券
  • ゴーグルクロス
  • 日焼け止め
  • リップクリーム・目薬・ハンドクリーム
  • ライター・携帯灰皿
  • お菓子
  • 化粧品
  • 生理用品

上記のリストをスマホのメモなどにコピペして、自分用にカスタムして使ってください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

スキー・スノボはとにかく持ち物が多いスポーツです。

スキー場に着いてから忘れ物に絶望しないためにも、ぜひチェックリストを活用ください!

また、リフト券、交通費、レンタル代…スノボはとにかくお金がかかるスポーツでもあります。

最初はワークマンやユニクロ、GUの商品で十分なので、賢く節約しましょう。

この記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】

スキー・スノボ行き帰りの服装は?どのくらい防寒すればいいの?

100均で買える!ゲレンデに持っていくと便利なグッズ8選【スキー、スノーボード】

【初心者必見】はじめてのスノボ!準備から滑り方まで専門用語抜きで教えます


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴21年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。