ユニクロのヒートテックでスキー、スノーボード滑れますか?

こんにちは、スノーボード20年以上やっている、らくスノです。

すっかり冬の肌着の代名詞となった、ユニクロのヒートテック。

私も5着持っていて、毎日仕事で使ってます。

これだけ暖かいと、「スキー、スノボもこれでいけるんじゃない?」なんて思いますよね。

しかし、結論から言えばヒートテックはスキー、スノーボードに向いていません!

なぜなら、吸湿性が高いので、汗をかくとベトつきや底冷えの原因となるからです。

でも、たった一度のスノボ旅行で、わざわざ肌着を買うのももったいないですよね。

ウェアや板などレンタルできる道具以外は「家にあるもので代用したい!」と思う方は多いはず。

安心してください!

向いてないというだけで、デメリットさえ気をつければ使えないことはありません。

この記事を最後まで読めば、ゲレンデでヒートテックを有効活用する方法がお分かりいただけると思います。

ユニクロのヒートテックは街着に特化した肌着

冒頭ではユニクロのヒートテックはスキー、スノーボードに向いてないとお話ししました。

なぜなら、ヒートテックは街着に特化した肌着だからです。

そもそも、ヒートテックはどのような素材でできているのでしょうか?

  • レーヨン・・・34%
  • ポリエステル・・・33%
  • アクリル・・・28%
  • ポリウレタン・・・5%

※販売時期により混合比率は異なります。

肌着の素材など気にしたこともないと思いますが、実はそれぞれ特徴があるのです。

運動中は汗がまとわりつき、底冷えの原因になる

■ヒートテック素材の特徴

  • レーヨン…吸湿・発熱・肌触りが良い
  • アクリル…保温性
  • ポリエステル…速乾性

まず、ヒートテックの素材で注目したいのが、吸湿・発熱に優れた効果を発揮するレーヨン。

ユニクロの広告でも、発熱する素材を謳っていますよね。

しかし、日常生活での少ない運動量ではメリットを享受できますが、あくまでスキー、スノーボードはスポーツ。

動いていると、ヒートテックが想定以上に熱く感じてしまう場合があります。

またレーヨンは吸湿してしまうため、汗をかくとヒートテックがまとわりつきます。

さらに、アクリルが保温してしまうため、余剰の熱が逃げにくい状態となるのです。

「まとわりつく」くらいなら我慢すれば良いですが、休憩の際、今度は汗で濡れたヒートテックが底冷えの原因となります。

これでは体調が悪くなり、とてもスキー、スノーボードを続けるどころではありません。

底冷えを防ぐにはヒートテックよりエアリズム

では底冷えを防ぐにはどうすればよいのでしょうか?

実は春スキーや快晴の日など汗をかく状況においては、ヒートテックよりエアリズムのほうが相性がいいです。

吸湿速乾性に優れたエアリズムなら、底冷えを防ぐことができます。

しかも、上着を着込めばまったく寒さを感じません。

スノーボードウェアの中って何着ればいいの?携帯カイロは必要?の疑問にお答えします

もしエアリズムを持っていなければ、汗で濡れた時のために替えのヒートテックを持参しましょう。

汗をかいた段階ですぐに着替えれば、同じく底冷えを防ぐことができます。

極暖ヒートテックも基本は同じ

ユニクロではヒートテックエクストラウォーム(極暖)という、通常のヒートテックより厚いものが販売されていますよね。

では、あらためて極暖の素材を見てみましょう。

  • アクリル・・・58%
  • レーヨン・・・25%
  • ポリエステル・・・13%
  • ポリウレタン・・・4%

※販売時期により混合比率は異なります。

ヒートテックより生地が厚いうえ、アクリルの比率が高くなっています。

保温性が増したということで、極暖のネーミングに間違いはないですが…

これもあくまで日常使いを想定してのこと。

スキー、スノーボードで使うには少々厚すぎるので、できれば普通のヒートテックかエアリズムをおすすめします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

初スノボの方はただでさえ出費が多いので、家にあるもので代用できればそれに越したことはないですよね。

このように「ヒートテック」やトップバリュの「極ふわっと」でも、生地の特徴を知れば快適に過ごすことができます。

ちなみにワークマンではスポーツインナーが数百円で購入できます。

実際に購入してゲレンデで使ってみたので、気になる方は下記の記事をご覧下さい。

この記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】

コスパ最強!ワークマンでスキー・スノボに使えそうな小物を買ってみた!

スノーボードウェアの中って何着ればいいの?携帯カイロは必要?の疑問にお答えします

100均で買える!ゲレンデに持っていくと便利なグッズ8選


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴20年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!




板、ブーツ、バイン、ウェア、小物…
20-21シーズン最新スノーボードギア270ブランド大特集!

スノボ歴20年の私らくスノが厳選した、2020-21シーズンの最新スノーボードギア270ブランドを集めてみました!デザイン?それとも機能?ゲレンデに行く前に最新のギアをチェックしてライバルに差をつけよう!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴20年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。