ユニクロで激安スノーボード始めてみませんか?【初心者の方必見!】

こんにちは、スノーボード歴20年以上で元イントラの、らくスノです。

「これから初めてスノーボードに行きます!」なんて方も多いのではないでしょうか。

でも、レンタルウェアって1日3,000円くらいしますし、お財布にはけっこうな負担。

かと言って、1日しか滑らないのに高い道具は買いたくない…

そんな時、家にあるユニクロのジャケットやヒートテックをスノボウェアに代用できたら安上がりですよね。

結論からいえば、ユニクロでも問題なく滑ることができます!

今回はスノーボードにおすすめのユニクロ商品や、ウェアにするときのコツについてお話ししたいと思います。

この記事を最後まで読めば、家にあるユニクロ製品でスノーボード旅行を節約することができますよ。

メンズの商品をメインに掲載しておりますので、女性の方は同等の商品をお選び下さい。

インナー

出典:ユニクロホームページ

これはもう定番ですね。そう、ヒートテック!

最近はタイツも販売されてますので、ヒートテックで上下揃いますね。

ただしヒートテックは保温・保湿性が高いため、汗をかいた時に底冷えの原因になることも…

ですので快晴時や春スノボでは、替えのヒートテックを持参するか、エアリズムの着用をおすすめします。

詳しくは下記の記事にまとめたので、合わせて参照ください。

ヒートテックでスノーボードってぶっちゃけどうなんですか?

中間着

出典:ユニクロホームページ

中間着はフリースかスウェット、パーカーで十分。

スノーボードはスポーツですので、厚着をするとかえって汗をかくこともあります。

寒がりな方は、さらにもう一枚ロンTかシャツを着込めばOKです。

インナー・中間着は汗、雪で100%濡れますので、泊まりで行かれる方は予備の用意もお忘れなく。

スノーボードウェアの中って何着ればいいの?携帯カイロは必要?の疑問にお答えします

ジャケット

出典ユニクロホームページ

ユニクロではブロックテックパーカなる物が販売されております。

防水性・通気性を考えると、ほぼスノーボードウェアではないかと思うほどのクオリティ!

しかし、ユニクロではかなり高額(8,000円前後)なので、ちょっと厳しいという方は普通のマウンテンパーカにしましょう。

ちなみに、購入する際はワンサイズ以上大きい物をチョイスしてください。

スノーボードはジャストだと動きづらいうえ、重ね着をするのである程度サイズに余裕が必要です。

「でも、こんなペラペラの生地で寒くないのですか?」

スキー、スノボといったウインタースポーツはレイヤリングで体温を調整します。

レイヤリングとは、中間着の脱着で体温を調整すること。

だからアウターは防水(できれば透湿も)ができればOKです!

あとは中間着であるパーカーやシャツで体温調整すれば、寒さを感じることはありません。

パンツ

出典:ユニクロホームページ

続いてはパンツ。

ユニクロではブロックテックウォームイージーパンツが一番理想的ですね。

パンツについても、ジャケットと同じくワンサイズ以上大きい物を購入してください。

なぜなら、動きやすさはもちろん、ブーツを履く際、雪が入らないように上からスソを被せる必要があるからです。

もしウエストが大きい場合は、インナーに着るパーカーなどをズボンにインすれば問題ありません。

また、できればスソ部分がゴムかファスナー付きの物が望ましいですね。

知って安心!スノーボードブーツの履き方【初心者の方必見】

グローブ

出典:ユニクロホームページ

最初はたくさん手をつくので、手袋はとっても重要です。

なるべく厚手の物を購入しましょう。

もしくは大きめの手袋を購入し、中にもう一枚フリース手袋を着けるという方法もあります。

ユニクロではファンクショングローブが最適ですね。

厚手の手袋は、防寒の他に転んだ際のクッションの役割も果たします。

【追記】最近は感染症対策としてグローブがレンタルできないショップが増えているので、ご自身で用意する必要があります。

2年間ワークマンの防寒グローブを使って分かった6つのメリット

靴下

出典:ユニクロホームページ

靴下はハイソックスで厚手の物を選びましょう。

厚手の靴下は防寒の他、つま先などを保護する役割も果たします。

ここで裏技をご紹介。

靴下二重履き!暖かいですよ~

よく「二重履きするとブーツからボードへ力が伝わりづらい」なんて言いますが、初級レベルなら気にする必要ありません。

詳しくは以下の記事でも解説していますので、合わせてご参照ください。

普通の靴下とスノーボード用って何が違うの?やっぱり専用のものを買ったほうが良い?

ネックウォーマー・ニット帽

出典:ユニクロホームページ

寒さを感じる原因は気温ではなく風です。

風の侵入を防ぐためにも、特に首元の防寒はしっかりしましょう。

ネックウォーマーはポケットに入るので、なにかと重宝しますね。

また、ニット帽は防寒の他、転んだ際に頭を保護する役割もあります。

気温に関係なく着用することをおすすめします。

ゲレンデの定番はニット帽だけじゃない!キャップやハットの被り方コツ

ゴーグル

実はゴーグルだけはユニクロで販売していません。

サングラスでの代用も可能ですが、転んだ際に目を怪我する可能性もあります。

あらかじめインターネットなどで購入することをおすすめします。

安いゴーグルなら2,000円代から購入できます。

ちなみに、安価なゴーグルはすぐにレンズがくもってしまうので、くもり止めスプレーの購入もお忘れなく。

【追記】最近は感染症対策としてゴーグルがレンタルできないショップが増えているので、ご自身で用意する必要があります。

今シーズンのおすすめは?スキー、スノーボードゴーグル人気25ブランド大集合

スノボ以外でも着用する想定で購入する

「確かにレンタルウェアは臭かったり汚れていたりするけど、ユニクロで買ったほうが高くつかない?」

「レンタルウェアに抵抗はあるけど、1回のスノーボードでユニクロのジャケットを買うほうがもったいない…」

確かにスノーボードで着るだけだったら、1日3,000円でレンタルしたほうが安上がりです。

では、少し視点を変えてみましょう。

スノーボードだけで着ようと思うから高いんです。

他のスポーツと併用すれば、購入するのも有りだと思いませんか?

私はワークマンで買ったウィンドブレーカーを、スノーボード、登山、ランニング、フットサルの行き帰りと、色々な場面で使ってます。

スノーボード以外でも使うイメージでウェアを購入されてはいかがでしょうか。

レンタルより安い!?ワークマン商品はスキー・スノボウェアになるか検証してみた!

21-22シーズンもユニクロのスノボウェア出ました!

21-22シーズンもユニクロから五輪ハーフパイプメダリスト平野歩夢選手モデルのスノボウェアが出ました。

確かにデザインも洗練されていておしゃれですし、ダウンも暖かそう。

しかし、スノーボードウェアには必ずついているパウダーガード(雪止め)がなかったり、耐水圧、透湿性の記載がないなど不安の残る内容。

スノーボードウェアというより、スノージャケットのほうが正しい気がします。

数量限定のうえ販売も11店舗+オンラインのみですので、購入予定の方はご留意ください。

平野歩夢選手と共同開発のスノーボードウェア2021年モデル 12月6日(月)より数量限定発売開始

まとめ

いかがでしたでしょうか。

これからの季節スキー、スノーボードに誘われる機会も多いと思います。

でも、ただでさえ交通費やリフト代でお金を使うし、せめてウェアは節約したいですよね。

節約スノーボードに関しては、下記の記事も合わせて参照ください。

この記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】

賢く節約しよう!スキー、スノボ専用じゃなくても代用・兼用できるウェア・小物

スノボ道具のレンタル料金の相場は?賢く節約する方法も教えます!

コスパ最強!ワークマンでスキー・スノボに使えそうな小物を買ってみた!

ホームセンター・ドンキのレインウェアでスキー・スノボできるか試してみた!


2 件のコメント

  • いつも楽しく見させて頂いております。
    最近、仕事でワークマンに行く機会がおおいのですが、ワークマンに売ってる撥水ジャケット、防寒具などがスノーボードウェアとして使えそうな気がしてなりません。
    しかもユニクロよりも安価な事も多く、デザインも悪くないので、ウェア1式ワークマンで揃えて見るという企画もいいかと思いますがいかがでしょうか。

    • 福助様

      いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます!
      実は昨年ワークマンのウェア記事を書こうと思ったのですが、ほとんど売り切れておりましたw
      (3Lとかしか残っていませんでした…)
      ワークマンが登山ウェアやスキー・スノーボードウェアを販売しているのは知っていたので、
      今年はもっと早く購入して記事にしようと思ってます。
      (良いところも悪いところも実際に購入してレビューする予定です。)
      しばらくお待ちいただければと思いますので、引き続き応援よろしくお願いします!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    スノーボード歴21年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。