スケーティングはかかと側で蹴り進んだほうがスムーズだよ!【スノーボード】

スポンサーリンク

こんにちは、らくスノです。

現役時代は筋肉痛になんてなったことないんですが、先日菅平行ったあと見事に全身痛くなりました…しかも2日後から(笑)

やっぱり年齢とともに筋肉痛も遅れてくるって本当ですねw

というわけで、今回はスノーボードの必須テクニック、スケーティングについて解説したいと思います。

スケーティングって何?

スケーティングってなんですか?
らくスノ
片足走法?
らくスノ
雪板操舵法?
なんでもいいわ(笑)
らくスノ
つまり、片足はバインディングを装着したまま進むことです

いきなり専門用語を使ってしまい申し訳ございません。

このブログは極力専門用語を使わない趣旨で執筆しているのですが、他に言い方が無いもので…

 

例えば、コースからリフト乗車口までのあいだとか、逆にリフト降車後にコースまで歩いて行く時に使うテクニックですね。

「いちいちバインディング外して歩くほどの距離じゃないんだよなぁ~」って時に重宝します。

スケーティングのコツは?

ただ片足で歩くだけなのに、コツも何もないでしょ?
らくスノ
いえいえ、ちょっとの工夫で快適にスケーティングできますよ!

まず、下記のGIFをご覧下さい。

えっ普通に歩いてるだけじゃないの?
らくスノ
では、次のGIFをご覧下さい。

もう一目瞭然ですね。

下のGIFのほうが、見た目もいいしスムーズ。実際、上のGIFよりはるかに早くて楽です。

これ、何が違うか分かりますか?

分かった!後ろ足の蹴り方が違う!
らくスノ
大正解!スーパーヒトシ君あげます(笑)

そう、つま先側で蹴り進むより、かかと側のほうがスムーズなんですね。

小難しい話

つま先側で蹴り進むと、どうしても後ろ足が軸になってしまいます。

逆にかかと側で蹴り進めば、前足が軸になるのでスムーズにスケーティングできるのです。

最初は小刻みに進もう!

もう一度、最初のGIFを確認してみましょう。

たぶん教えてもらわなければ、ほとんどの初心者の方はこの歩きかただと思います。

これだと後ろ足のかかとがボードのエッジに引っかかって歩きづらいし、なにより見た目が悪い…

らくスノ
私はボード歴18年ですが、とてもそんな人には見えないですよね(笑)

まずは、かかと側で蹴り進む練習をしましょう、ゆっくり小刻みに進んでみてください。

らくスノ
歩くのではなく、スケートボードで蹴り進むイメージ。板に乗ってしまうとスムーズですよ!

そして…だんだん慣れてくると、もはや雪面を蹴る必要さえなくなってきますw

※これは完全な余興なので、真似するときは他の滑走者と足グキッに気をつけてね(笑)

補足

SAJの教程には二通りのスケーティングに関する記載がありますので、つま先側で蹴り進む方法が間違っているということではありません。

状況によって使い分けてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ちょっとしたことですが、知っているだけで快適にスケーティングできますし、何より見た目がカッコイイ!

ぜひ、ゲレンデでチャレンジしてみてくださいね。

この記事が参考になれば幸いです。





板、ブーツ、バイン、ウェア、小物…
18-19シーズン最新スノーボードギア270ブランド大特集!

スノボ歴18年の私らくスノが厳選した、2018-19シーズンの最新スノーボードギア270ブランドを集めてみました!デザイン?それとも機能?ゲレンデに行く前に最新のギアをチェックしてライバルに差をつけよう!




スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴18年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。