賢く節約しよう!スキー、スノボ専用じゃなくても代用・兼用できるウェア・小物

こんにちは、元スノーボードインストラクターの、らくスノです。

スキー、スノーボードってとにかくお金がかかりますよね。

「板やブーツはともかく、ウェア・小物は代用して節約できないの?」なんて思っている方も多いのではないでしょうか?

結論からいえばスキー・スノボ専用のものでなくても、ユニクロ、ワークマン、100円均一などで代用可能です。

実際私が全国のゲレンデで実験してきたので間違いありません。

今回はウェアはもちろん、インナーやグローブなどの小物類まで、代用できるアイテムをまとめてみました。

この記事を最後まで読めば、スキー、スノーボードウェアや小物を賢く節約することができます。

ワークマンのウェアはコスパ最強!

代用・兼用ウェアの代表といえばワークマンでしょう。

アウトドア用防水防寒ジャケットが2,900円、パンツが1,900円は、もはや価格破壊。(いずれも税込)

レンタルウェアの相場は1日3,500円前後ですからね。

単順に2日間以上、もしくは2回以上スキー・スノボに行けばレンタルより安い!

しかもスキー・スノボ専用ウェアと違い、日常生活でも使えることを考えると、レンタルするより断然お得です。

レンタルより安い!?ワークマンはスキー・スノボウェアになるかゲレンデで検証してみた!

ニット帽、ソックス、ベルト…小物類も安い!

ワークマンがすごいのはウェアだけではありません。

小物類も断然お買い得!

  1. ハイソックス(780円)
  2. グローブ(780円)
  3. 防水シューズ(1,936円)
  4. 撥水ベルト(1,527円)
  5. フード付きネックウォーマー(980円)
  6. ニット帽(299円)
  7. バラクラバ(499円)
  8. 防水トートバッグ(1,500円)
  9. 裏ボアインナー上下(上780円、下1,280円)
  10. 小物ケース(998円)

※すべて税込

「ワークマンのウェアはデザイン的にちょっと…」なんて方も、小物類なら十分検討に値すると思いますよ。

だって、外からはまったく見えないですからね。

コスパ最強!ワークマンでスキー・スノボに使えそうな小物を買ってみた!

インナーは機能性が抜群

ワークマンのインナーなら、ゲレンデでも寒さ知らず。

実際-20℃のニセコでもワークマンのインナーを着ましたが、まったく問題ありませんでした。

  • ヘビーウェイト裏起毛フーディ(税込1,500円)
  • ダイヤフリース裏アルミジャケット(税込1,900円)
  • ストームシールドジップシャツ(税込1,500円)
  • 裏ボア肌着(税込上780円、下1,280円)

当然ながら激安です。

しかも裏ボア、立体裁断、保温性アルミ素材等を使い、機能性も抜群!

もともとワークマンは作業着メーカーなので、防水防寒の信頼性は高いですね。

ネットショップより安い!?ワークマンでスキー・スノボに使えるインナー買ってみた

レンタルのグローブに抵抗がある方はワークマンがおすすめ!

グローブは1日500円程度でレンタルすることができます。

とはいえ誰が使ったか分からないグローブを着用するのは、さすがに衛生面で抵抗ありますよね。

ワークマンの防寒グローブは780円(税込)!

しかも安いだけでなく機能性も抜群です。

■ワークマングローブのメリット

  • 生地が厚くて暖かい
  • 耐久性が高い
  • すそが絞れる
  • ジョイントできる
  • 種類が豊富

スキー・スノボへ行く前に、ぜひ一度ワークマンの店舗を訪れてみてはいかがでしょうか?

2年間ワークマンの防寒グローブを使って分かった6つのメリット

レインウェア(雨かっぱ)でもスキー・スノボできる!

「水に強い」といえばレインウェア(雨かっぱ)ですよね。

ドン・キホーテで買った上下3,990円(税抜)のレインウェアはゲレンデでも大活躍!

たしかに生地は薄いものの、インナーを厚着すれば問題ありません。

ただし、パスケースやパウダーガードはついてないので、その点は注意が必要ですね。

ホームセンター・ドンキのレインウェアでスキー・スノボできるか試してみた!

家にあるユニクロ商品で賢く節約

ユニクロは基本シティーユースなので、スキー・スノボで使用することを考えるとワークマンには劣ります。

でもワークマンと違い、ユニクロならどの家庭にも必ず一着はありますよね。

だから、家にあるものを流用するという意味では、コスパは高いと思います。

インナーやヒートテック靴下、ネックウォーマーはスキー場でも代用可能です。

ご自宅にユニクロ製品があるなら、わざわざスキー・スノボ用に購入する必要はありません!

ユニクロで激安スノーボード始めてみませんか?【初心者の方必見!】

インナーはヒートテックよりエアリズムがおすすめ!

もはやどの家庭にも1枚はあるといっていいでしょう、累計10億枚以上売れているというユニクロのヒートテック。

実際、スキー・スノボで使用されている方も多いです。

しかし、ヒートテックは吸湿性が高いため、底冷えの原因になります。

特に春スキーや快晴の日など汗をかく状況においては、ヒートテックよりエアリズムのほうが相性がいいです。

もしヒートテックしか持っていないという方は、替えを持参するといいですよ。

ユニクロのヒートテックでスキー、スノーボード滑れますか?

100円均一はスキー・スノボ小物類がたくさん買える!

100円均一は衣料品も売ってますが、ワークマンやユニクロに比べると機能性・耐久性が劣ります。

だから防水スプレーやパスケースなど小物類のほうが使えますね。

  • 自撮り棒
  • リールホルダー
  • スマホケース
  • 防水ケース
  • サポーター
  • グラスコード
  • 防水スプレー

以下の記事を参考に、近所の100円ショップをチェックしてみてくださいね。

100均で買える!ゲレンデに持っていくと便利なグッズ8選

100円均一でスノーボードグッズ一式揃えてみた!

100均の自撮り棒がスノーボードで超使えるよ!撮り方のコツも教えちゃいます

絶対濡れない防寒ゴム手袋!

グローブがびしょびしょになって困った経験ありませんか?

高い防水・透湿性を誇るゴアテックスもしょせんは布、縫い目からの浸水をふくめ完全に水濡れを防ぐことはできません。

そこでおすすめなのが、ゴム手袋!

ご想像いただければわかると思いますが、絶対に濡れません。

「いやいや、確かに濡れないだろうけどゴム手袋って…」なんて思ったあなた!

テムレスのゴム手袋は、ガチ登山家や山岳救助隊、スキー・スノボ上級者も愛用するグローブなんですよ。

しかも、2,000円前後で購入可能。

車の雪下ろしやチェーン装着にも使えるので、汎用性も高いアイテムです!

スキー・スノボ用ゴム手袋!?絶対濡れないテムレスの防水防寒グローブ使ってみた

タオルをプロテクターにしてみよう!

スノーボードはたくさんお尻をつきますよね。

でも、1シーズン何回も行かないのにおしりパットを買うのももったいない…

そんな方におすすめなのが、タオルプロテクターです。

やり方は簡単、タイツにタオルを挟むだけ!

お金がかからないので、ぜひ気軽に試してみてくださいね。

試してみて!0円ヒッププロテクター(ケツパッド)のススメ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

私はプロライダーやメーカー等、業界関係の知り合いも多いですが、みんなワークマンやユニクロなど上手に使ってます。

なんでもかんでも専用のもので揃えてたら、お金がいくらあっても足りませんからね。

代用・兼用できるアイテムを賢く使って、お得にスキー・スノボをはじめてみましょう!

この記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】

ゲレンデで買ったら損するかも!?スキー、スノーボードのリフト券を簡単に安くする方法教えます

普通の靴下とスノーボード用って何が違うの?やっぱり専用のものを買ったほうが良い?

スノボウェア激安ブランドって生地や機能はどうなの!?実際に購入して検証してみた【ハイマスマニア編】


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴20年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴20年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。