ゲレンデで買ったら損するかも!?スキー、スノーボードのリフト券を簡単に安くする方法教えます

スポンサーリンク

こんにちは、らくスノです。

突然ですが、

リフト券ゲレンデで買ってませんか?

「え、スノーボード行くんだから当たり前でしょ?」

いえいえ、実は簡単にお安く購入する方法があるんです。

私なんて給与のほとんどが家のローン、子どもの養育費、妻のエステ、美容室、マッサージ等に消えるのでリフト券の数千円は死活問題なんですよ(笑)

というわけで、今回はリフト券を簡単にお安く購入できる方法をお話ししたいと思います。

はじめに…

主に割引で購入するには以下の方法があります。

・雪マジ!

・コンビニ

・インターネット

・宿泊施設

・雑誌

・販売店

・特定の割引日

・レディースデー、シニア割引

食事券や売店の割引券とセットで販売している場合もありますね。

いずれの購入方法にも共通しているのが、特定の割引日を除くと

事前に用意しておく

という事です。

雪マジ!

俺も19歳に戻りたい…(笑)というわけで、雪マジ!というアプリをダウンロードすると

19歳はタダだったり!

20歳は割引だったり!

20~22歳まで福島のスキー場が無料だったり!

するわけです。

興味のある方はホームページへどうぞ、19歳よスノーボードやらなきゃ損だぞ(笑)

マジ部ホームページ

コンビニ

ほとんどの方がゲレンデに到着する前に一度は立ち寄ると思いますので、一番お手軽に割引券を購入できるのがコンビニかもしれませんね。

セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどの大手コンビニ各店では、事前に割引リフト券が購入できます。

インターネット

インターネットもお手軽に割引券を購入できるツールですね。

ただし、郵送や引き換えが必要な場合は余裕を持って購入することをお勧めします。

宿泊施設

泊まりで行かれる場合は、宿泊施設でもお得なリフト券を購入できる場合があります。

ただし、ゲレンデに近い場所でも念のためインターネットや電話などで購入できるか事前確認はしてください。

雑誌

スノーボードやスキーの専門誌にはリフトの割引券が付録として付いている場合があります。

販売店

スノーボードを扱っているショップや量販店に割引券が置いてあったり、購入した際の特典として割引券がもらえる場合があります。

前項の雑誌もそうですが、ゲレンデでリフト券に引き換える際の使用できる人数の制限については注意してください。

特定の割引日

シーズンが始まったばかりの時期や、春スキーではトップシーズンよりリフト券がお得に購入できる場合があります。

また、○○県民の日などにお安く購入できる場合があります。

レディースデー、シニアデー割引

ゲレンデによっては特定の曜日にレディースデーやシニアデー、ファミリーデーなどを設けていることがあります。

実質割安

以下やや余談ではありますが、制限があるものの実質割引になっている購入方法を紹介いたします。

ツアー

JRのスキーツアー、バスツアーなどは全体の料金を考えるとリフト券はかなりお得です。

シーズンパス

当ブログは初心者、初級者の方のためのブログですので、あまり購入する方はいないと思いますが…シーズン券は滑走日数が多ければ多いほどお得です。

ポイントカード

スーパーやデパートの要領です。

リフト券を何度か買ってポイントを貯めると割引や無料になったりします。

最後に…

いかがでしたでしょう。

ぜひ友人や好きなあの子と行かれる場合、出発前にリフト割引券を用意してゲレンデでさっと出してみてください!

それだけでゲレンデヒーローになれるかもしれませんよ(笑)

いずれの割引も全てのスキー場で実施しているわけではありません、出発前に必ず事前確認してください。

初心者でもできる!!!スキー場で上級者にみえる身のこなしテクニック

スノーボードが上手いとモテますか?の疑問にお答えします

この記事がお役に立てれば幸いです。


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴18年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!




板、ブーツ、バイン、ウェア、小物…
18-19シーズン最新スノーボードギア270ブランド大特集!

スノボ歴18年の私らくスノが厳選した、2018-19シーズンの最新スノーボードギア270ブランドを集めてみました!デザイン?それとも機能?ゲレンデに行く前に最新のギアをチェックしてライバルに差をつけよう!




スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴18年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。