スキー場で板を盗まれた…盗難被害が増えている理由と防止対策とは【スキー・スノボ】

こんにちは、かれこれ20年以上スノーボードやっている、らくスノです。

最近スノーボード盗難に対するツイートが増えています。

残念なことですが、ゲレンデには一定数こういった輩がいるもの事実。

でも、なぜここ数年で盗難被害が増えたのでしょうか?

答えは簡単、転売しやすくなったからです。

しかも板を盗まれるとまず戻ってきません。

だから板やビンディングは自分自身でしっかり守らなければいけません。

でも大丈夫!

この記事を最後まで読めば、スキー、スノーボードの盗難被害を未然に防ぐことができます。

スキー場で盗難が増えている理由は転売が容易になったから

冒頭でお話しした通り、現在は転売が容易になったことから盗難被害が増えています。

一昔前なら、盗んだあとリサイクル業者などに下取りしてもらうのが一般的でした。

しかし、ヤフオクやメルカリの登場以降個人でも簡単に転売できるうえ、中間マージンが無いので利益率が上がったのです。

実際、個人間取引だと相場より高く売れる場合もあります。

板とビンディングの組み合わせを変えれば特定は難しいので、やろうと思えば私だってすぐに実行できます。

ギア盗難は犯罪組織というよりコソ泥の小遣い稼ぎパターンが多いので、「安いモデルだから大丈夫」「古いモデルだから安心」なんて過信せずに、しっかり盗難対策したいですね。

ツイッターでは、「スキー場で海外の窃盗団を見かけた」という情報もあります。

スキー、スノーボードギアを守るための6つの対策

では、盗難されないために個人が取るべき対策とは、どんなものがあるのでしょうか。

■スキー、スノーボードギアを守るための6つの対策

  • 見える位置に置く
  • ワイヤーロックをする
  • シールを貼る
  • 製造番号を控えておく
  • 盗難保険に入る
  • 携行品特約に加入してないか調べる

順番に説明していきます。

見える位置に置く

基本中の基本ですが、休憩はなるべくボードが見えるような場所が望ましいですね。

また、トイレなどでちょっと目を離した隙に盗まれる可能性もあるので注意しましょう。

ワイヤーロックをする

前項でお話したとおり、コソ泥はボードの価値に関わらず盗みやすいものを持っていきます。

ケーブルロックは1,000円くらいから購入できるので、施錠する癖をつけましょう。

「切られては意味がない」という意見もありますが、

  • ワイヤーを切っている時点で怪しまれる
  • 盗むのに時間がかかる

コソ泥はとにかく見られるのを極端に嫌がりますから、少なくても抑止力にはなります。

実際ワイヤーロックするだけで、盗難される可能性はかなり減少しますよ。

 

シールを貼る

シールやデッキパッドを貼っていると、転売時に持ち主が特定されやすいため、コソ泥は嫌がります。

絶対に剥がれない!スノーボードへ綺麗にステッカーを貼るコツを教えます

製造番号を控えておく

製造番号の記載があれば、メモやスマホ写真で控えておきましょう。

自身の持ち物だという証拠になります。

盗難保険に入る

盗難保険というよりはレジャー保険に該当するものです。

あくまで怪我や損害賠償に対する保証がメインですが、盗難特約が付帯されている保険もあります。(保険会社により条件は異なります。)

あらかじめ保険に入っていれば、盗難されても金銭的な被害を防ぐことができます。

日本一わかりやすい!スキー、スノーボード保険のコトまるごと解説します

携行品特約に加入してないか調べる

クレジットカード、火災保険、自動車保険などには携行品特約と呼ばれる補償が付帯している場合があります。

要はメインの保険のおまけですね。

携行品特約があると、盗難被害に遭っても金銭的な補償が受けられます。

当然ながら保険会社によって対応は違いますので、気になる方は問い合わせてみましょう。

盗難現場を目撃しても自分で捕まえようとしない

もしもご自身が被害にあった場合はどうすればよいのでしょうか?

まず盗難現場を目撃したら、自分で捕まえようとせず「板間違えてませんか?」と声をかけて返してもらいましょう。

姑息な犯罪者、へたに刺激すると何をするかわかりません。

盗難被害にあったら、まずボードは戻ってこない

盗難に遭ったことがわかったら、警察に通報して被害届を提出します。

ただし、犯人が見つかることはほとんどありません。

10万円前後の盗難で、警察が本気で捜査することはないですからね。

悔しいですが、現場を抑えない限り盗難されたボードを発見するのは困難です。

メルカリから足がつき逮捕された例もありますが、それはあくまでも特殊な例。

ですので、まずは盗難に遭わないよう対策することが重要なんですね。

盗まれたボードは自分で探すしかない

警察が動かない以上、盗難されたボードは自分で探すしかありません。

メルカリ、ヤフオク、ラクマなど定期的に巡回してみましょう。

ダメ元でSNS拡散をお願いしてみるもの一つの方法ですね。

実際、盗難被害に遭われた方のツイートからボードが見つかった事例もあります。

また、スキー・スノーボード専門リサイクルショップの中には、盗品が見つかった場合、警察に通報してくれる業者さんもいます。

下記のリサイクル業者さんは被害に遭われた方の情報提供を求めているので、わずかな可能性を信じて相談してみるのも良いかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

メルカリやヤフオクでも盗品対策はしているようですが、しょせんいたちごっこ。

やはり日頃からご自身で、スキー、スノーボードを盗まれない対策をとることが重要です。

皆さん、自転車には必ず鍵をかけますよね。

それなのに、物によっては自転車より高額なスノーボードにロックをしないのは、不安だと思いませんか?

しっかり盗難対策をして、楽しいスノーボードライフを過ごしましょう。

この記事が参考になれば幸いです。


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴20年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!




板、ブーツ、バイン、ウェア、小物…
20-21シーズン最新スノーボードギア270ブランド大特集!

スノボ歴20年の私らくスノが厳選した、2020-21シーズンの最新スノーボードギア270ブランドを集めてみました!デザイン?それとも機能?ゲレンデに行く前に最新のギアをチェックしてライバルに差をつけよう!




2 件のコメント

  • 私はスノーボードを21年間してます。その中で盗難にあったのは2回で、1回目が19年前にbutton の板を3泊4日の初日の宿泊先の乾燥室で奪われました。
    まだ20代で彼女なども居た手前、店に対して管理責任あるだろう❗️と言いたい所をぐっと我慢しました。今ではどこに行っても盗難注意や責任負えませんの看板が宿泊先にありますが昔はなかったです。ボードレンタルが少ない時期でレンタル店に使うための盗難だとボード店に聞いたことがありましたが昔のことで今は自分のためにに盗むのが多いのかもしれません。
    2回目は、17年前にburton の板をスキー場のレストランで食事をしている際にワイヤーで止めてあったものをカットして盗まれました。
    スキー場は(間違えてお持ちなっているか御確認ください)などの放送してましたが
    警察は事情を聞くだけで捜査もしません。

    それ以降は以下の方法で盗まれなくなりました。

    *必ずレストランで食事する際には店内に持ち込みます。
    (店内に持ち込み禁止と書いてあるのが多いですが、盗難時に責任取れるのか❓と店側に言えば黙ります)

    素直大人気ない言動かもしれませんが、背に腹は変えられません。

    *必ず、仲間の誰かが注文時やトイレ時には見ている様にしてます。

    *外に置く場合は、必ず店舗内から見える場所のガラス面に置きます
     絶対死角になる場所には置きません。

    あと、スプリットボードのビンディンングは簡単に外されますので
    ゲンテンのスプリットボードや、高額な板は店内に持って入り食事します。

    現在はゲレンデで滑る事が減りリフトを使うだけで山に登るのがほとんどなので盗まれていないです。

    (最後に知人の盗難)
    スプリットボードやパウダーボードを持つ方はゲレンデ滑り用の板など複数枚持っている方がいます。
    ルーフに積んであった挟み込みタイプの製品にて置いていた所をビンディングを片側だけ外されて抜取られてました。
    室内に積まない友達が悪いのですが、そこまでして取る奴もいます。

    昔は用品保険、スポーツ保険や、対人保険にスノーボードの保険もありました。 
    買って1年以内は万額もらえる保険もありましたが、盗難件数の多さと盗まれたと虚偽の詐欺をする奴がいて今では盗難にあっても満額もらえるのは無くなり目減りしました。

    今は周りの友人たちも盗まれるものが悪い
    盗まれて当たり前だと思わなければ確実に盗まれるリスクが増えます。

    変な話ですがゴーグルも盗まれた事がありますしグローブも盗まれたことがあります。
    ボードの服のまま温泉に行ってブーツ盗まれたり、ウエアーを盗まれた友達もいます。

    ですので私たちは汚れたパンツを一番上に置いたりします
    ここまで気を使わないと盗まれてからでは遅いです。
    スノーボード人人口の減少にともないか知りませんが板とビンディンングセットで15万前後はざらです。
    ウエアーの上だけでも良い製品は5万円でも買えないです。
    ブーツも5万以上するのも増えてきて価格帯も20年前に戻ってきました。

    自分のものは自分で守る
    海外と同じ様に考えていれば盗まれる心配はないです

    • Ono様

      コメント頂きありがとうございます。
      ルーフから取るなんて始めて聞きました!

      私も自転車盗まれたとき警察は事情聴取するだけでしたので、お気持ちはよくわかります。
      (警察の方も少額の窃盗くらいでは、動けないのは理解してますが…)
      確かに、数万円のギアをそのまま置いておくのはリスクがありますよね。

      盗難対策とても参考になりました。次回執筆の際参考にさせていただきます!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    スノーボード歴20年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。