知って安心!スノーボードブーツの履き方【初心者の方必見】

こんにちは、20年以上スノーボードやっている元イントラの、らくスノです。

  • そもそもスノボのブーツってどうやって履くの?
  • 普通のブーツと何が違うんですか?
  • ダイヤル(ボア)やシューレスタイプの履き方は?

スノーボードを滑る以前に「どうやってスノボブーツ履けばいいのかわからない」なんて方も多いと思います。

週末はレンタルショップも混雑するので、店員さんがマンツーマンで教えてくれないこともあります…

当日慌てないためにも、あらかじめブーツの履き方は覚えておきたいですよね。

安心してください!

今回はスノボブーツの履き方を、初心者の方でも分かるようにていねいに解説したいと思います。

この記事を最後まで読めば、誰でもスムーズにスノボブーツを装着することができます。

スノーボードブーツを履く手順

まずはスノボブーツを履く手順からお話したいと思います。

■スノボブーツを履く手順

  1. ひもを緩める
  2. タンを緩めて足を入れる
  3. インナーブーツを締める
  4. 外側のひもを締める
  5. 雪止め(パウダーガード)をブーツに被せる
  6. 外側のすそを被せる

基本的にはシティーユースのブーツと一緒ですが、③のインナーブーツと⑤のパウダーガードがポイント。

次項から詳しくお話ししていきます。

ひもを緩める

まずブーツをレンタルしたら、ひもを緩めてください。

現在の主流はボアというダイアルを回して締めるタイプですが、昔ながらのひもやクイックレーシングと呼ばれるタイプも存在します。

ボアタイプの場合は、前方についてるダイヤルを引っ張ると、ロックが解除されヒモが緩みます。

逆にダイヤルボタンを押すとロックされます。

■クイックレーシングの場合

クイックレーシングの場合は、ブーツの横にあるロックを解除します。

ひもを横にするとロックが解除されますよ。

タンを緩めて足を入れる

【GIF】

ひもを緩めただけだと不十分なので、タン(すねが当たる部分)も緩めておきましょう。

こうしておくことによって、足が入れやすくなります。

【GIF】

また、パンツのすそは最後ブーツに被せるので、あらかじめまくっておきましょう。

インナーブーツを締める

スノボブーツは二重構造になっていて、外側のアウターブーツのなかにインナーブーツが入ってます。(もしも二重構造になってなければ、相当古いブーツです…)

まず内側のインナーブーツから締めていきましょう。

インナーブーツは、ひもを引っ張るタイプや、

マジックテープで締めるタイプなどがあります。

img_7753

いずれにしろ強く締める必要はありません。

ひもタイプの場合、軽く引っ張ったら、余ったひもはブーツのタンの部分に挟んでおきます。

外側のひもを締める

【GIF】

続いて外側のアウターブーツのひもを締めます。

ボアタイプの場合は、ボタンを押すと引っ込みますので、あとはダイヤルを回すだけ。

この時、できる限りキツく締めましょう。

どんなにキツく締めても、滑っているうちに緩みますので安心してください。

■クイックレーシングの場合

クイックレーシングの場合は、左右のひもを上に引っ張ってください。

上に引っ張ると自然にロックされますので、余ったひもをクルクル巻いて…

ブーツ横についているポケットに入れます。

ひもが緩んだりほどけていると、怪我の原因になります。

【GIF】

履いている途中にかかとをトントンすると、足が奥まで入るのでつま先がブーツに当たりにくくなります。

雪止め(パウダーガード)をブーツに被せる

img_7756

続いて、雪止め(パウダーガード)をブーツのうえから被せます。

これ未経験の方が非常に勘違いしやすいんですが、雪止めをブーツにINしてはいけません。

スノーボードウェア(パンツ)はすそが二重になっており、内側のすそは雪止め(パウダーガード)と言って、雪がブーツに入らないようにするためのものです。

外側のスソを被せて完成!

【GIF】

最後に外側のスソを被せて完成です。

パンツのすそにはファスナーが付いているので、かかとで踏まない程度に調整しましょう。

意外と知らないスノーボードウェアの機能まとめてみました!

外れにくいひもの結び方(ダブル蝶結び)

なんとなく想像できると思いますが、スノーボードってひもが外れると危ないんですよ。

それにブーツがしっかり締まっていないと、上達の妨げにもなります。

ひもブーツの場合、普通の蝶結びだとほどけやすい…

そこでおすすめなのが、ダブル蝶結び!

まず、ひもを締め上げる際は、横ではなく上に引っ張るようにします。

こうすることによって、よりキツく締め上げることができるのです。

ひもを締め上げたら、左右のひもを交差させます。ここまでは普通の蝶結びといっしょ。

ここでさらに、二回交差させて結ぶと、よりほつれにくくなります。

さぁここからダブル蝶結び発動です。

ひもを一回りさせるまでは、普通の蝶結びといっしょ。

通常だとここで真ん中の輪にひもを通すと思いますが…

ダブル蝶結びは、さらにもう一回りさせます。

あとは、普通の蝶結びと同じ、二つの輪の中にひもを通すだけ。

キツく締め上げたら、ダブル蝶結びの完成です!

ちなみに、外す時も蝶結びと一緒、ひもを引っ張れば簡単に外れます。

私は現役時代この結び方でジャンプ台などやってましたが、どれだけ激しく動いても外れたことはありません。

余ったひもはどうするの?

ひもが余る場合は、足首部分に一周巻きつけたり…

さらにもう一回結んだり…

ひもが交差した部分に挟んだりして調整します。

その上からパウダーガードをかぶせれば完璧です!

レンタルブーツの注意点

レンタルショップに着いたら、まずはブーツのサイズを申告します。

店員さんがブーツを出してくれると思いますので、一度その場で試着してください。

シティーユースのスニーカーとはサイズ感が異なります。

大きすぎたり、何もしていない状態でつま先が当たるようなら交換しましょう。

スノーボードはサイズが合ってないと、足が痛くなって滑るどころではなくなります。

レンタルの流れは別記事にしているので、合わせてご参照ください。

スノーボードはどうやって借りるの?スキー場でウェアやボードをレンタルする手順を解説します!

まとめ

いかがだったでしょう。

マンツーマンで教えてくれる人がいればいいんですが、未経験の方が複数いたら教えるほうも大変です。

また、初めてのスノーボードはアウェーな気持ちになるので、事前に履き方を知っておくだけでも少し気が楽になりますよ。

■スノボブーツを履く手順

  1. ひもを緩める
  2. タンを緩めて足を入れる
  3. インナーブーツを締める
  4. 外側のひもを締める
  5. 雪止め(パウダーガード)をブーツに被せる
  6. 外側のすそを被せる

なんとなくでもいいので、上記の履き方の手順を覚えておきましょう。

ちなみにスノボの準備から最短でターンする方法まで下記の記事にまとめていますので、合わせて参照ください。

【初心者必見】はじめてのスノボ!準備から滑り方まで専門用語抜きで教えます

この記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】

これだけは知っておこう!スノーボードバインディングの装着方法とマナー

スノーボード未経験でも1時間で滑れるようになるコツ、こっそり教えます!


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴20年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴21年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。