ジャンプ台のコツはラジオ体操!?初心者でも簡単にキッカーが飛べる方法教えます

スポンサーリンク

こんにちは、らくスノです。

もうすぐ、本格的にシーズン突入ですね~今年は娘もボードデビューさせたいなぁ。

というわけで、さっそく本題に入りますが、やっぱりスノーボードと言えばジャンプ台を想像する方も多いのではないでしょうか。

本当にでかいジャンプ台は空を飛んでるみたいみたいなんですよ〜。

しかし、当然怪我のリスクも高い…

自慢じゃないですが、私も選手時代に一度骨折してます(笑)

今回は「ジャンプ台のコツはラジオ体操!?初心者でも簡単にキッカーが飛べる方法教えます」と題して、ジャンプ台の簡単な練習方法と安全な飛び方について解説したいと思います。

ジャンプ台は危険!?

実はジャンプ台のことをスノーボードではキッカーと呼びます。

しかし、らくスノは初心者の方向けのブログですので、キッカーという呼び方はせずにジャンプ台で統一しているんです。

ですので、この記事でもジャンプ台で説明します。

ところで、ジャンプ台って危険なんですか?
らくスノ
…はい、一般コースに比べれば危険です。でも、正しく練習すれば怪我のリスクは減りますよ!

そうなんです、確かにジャンプ台は危険ですが、徐々にステップアップしていけば怪我のリスクは減ります。

まず、ヘルメットやプロテクターは着用したほうが良いですね。

実際こんなプロテクター着けていても怪我する時がありますので…備えあれば憂いなしです。

また、勢いや根性だけで飛ぶのは絶対NG、自殺行為です!

だってせっかく楽しい旅行できているのに、怪我したらすべて台無しですもん。

それでも、ご自身だけの責任で済む問題なら良いですが、病院・ホテルの部屋まで付きそう友人・恋人やゲレンデパトロールの方にも迷惑な行為です。

っと、最初に厳しいことを言ってしまいましたが、徐々にステップアップしていけば怪我をする可能性は大きく減るのでご安心ください!

では、次項から具体的なジャンプの練習方法について解説します。

その場で跳んでみる

まずは、平らな場所で止まった状態から跳んでみましょう。

慣れてきたら遅いスピードでジャンプしてみます、要はグラトリですね。

180の記事でも書きましたが最初はオーリー(後ろ足で跳ぶ)なんて意識する必要はありません、周りに人がいないのを確認しながらバンバン跳んでみましょう。慣れてくれば、自然にオーリーもできるようなります。

誰でもゲレンデに着いて30分でできる!グラトリ180のコツ教えます【スノーボード】

ポコジャン・ウェーブで飛んでみる

一般コースでのジャンプに慣れてきたら、今度はコースのちょっとしたデコボコや地形を使ってジャンプしてみましょう。

雪玉や、コース脇の斜面をジャンプ台に見立て飛ぶんです。

コースのちょっとしたデコボコを飛ぶことをポコジャンといいます。

私が特にオススメするのがウェーブ、山の頂上に合わせてジャンプしてみましょう。

※ウェーブとはコース脇などにある波の形状をしたエリアを指します。

ウェーブは連続しているのでオーリーのタイミングの練習などジャンプ台を跳ぶより効率が良いですから、どんどん挑戦してみてください!

出典:http://www.pension-robin.net/2006/02/post_3982.html

ジャンプする時のコツは?

いや、飛ぶのはわかるんだけどコツとかないの?
らくスノ
はい、その質問待ってました(笑)

実は簡単に飛べるコツがあります。

それは、ラジオ体操ジャンプです!

釣りではないので、どうかページはそのままで(笑)

ラジオ体操でこれやりますよね、腕を振って足をまげ伸ばす運動。

出典:NHKラジオ体操

実はこのやり方でジャンプするとタイミングもはかりやすく、腕を開いた時に上体が伸びるので特に意識しなくても自然にオーリーできます。

らくスノさんって馬鹿なの…!?
らくスノ
馬鹿なのは否定できませんけど(笑)これはホントです!

ラジオ体操ジャンプとは?

このやり方でジャンプ台の踏切を飛んでみると、簡単にタイミングを合わせることができます。

実はこれ、小・中学校でやった垂直跳びを応用した理論なんです。

垂直跳びは腕を前後に振りかぶって跳びますよね、それが横になっただけ。

ただし、垂直跳びとは違い横跳び(オーリー)は慣れないとやりづらいので、最初はこのラジオ体操ジャンプが有効なんです。

出典:https://kintorecamp.com/vertical-jump-training/

とりあえず、家でもできるので試しにやってみましょう。

屈んでかまえて、腕を開きながらジャンプ!

そうなんです、実はジャンプは下半身よりも上半身の姿勢が極めて重要なんです!

それに、このラジオ体操ジャンプはタイミングだけでなく見た目もきれいに飛ぶことができます。

ジャンプ台で飛んでみよう

それでは、実際にジャンプ台で飛んでみましょう。

とは言っても、いきなり飛ぶのは勇気がいりますよね。

大丈夫です、ジャンプ台の形状さえ間違えなければ安全に練習することができます。

ジャンプ台の選び方

安全に練習するには、ジャンプ台の形状がめちゃめちゃ重要です。

まず、間違っても以下のようなジャンプ台を選んではいけません。(ちなみに、こんなジャンプ台の形状をステップダウンと言います。)

出典:http://kazawa.sblo.jp/article/43163454.html

何が危険かというと、踏切(リップ)と着地地点(テーブル)の落差が大きいですよね。

例えば、ビルの2階や3階から落ちたらどうなりますか?

もしこの形状でジャンプに失敗すると、まったく同じ現象が起きます。

そもそも、ジャンプ台には着地地点の目安があるんですが(踏切から着地地点まで5mとか)、最初はスピードを出すのが怖いので飛距離が伸びません…結果、着地地点まで届かずに落ちてしまいます。

これは専門用語でデコ落ちなんて言ったりしますがかなり危険。

 

では、どんなジャンプ台を選べば良いのでしょうか?

それはテーブルトップと呼ばれるジャンプ台です。

テーブルトップとは、下記の写真のように踏切と着地地点の落差がないジャンプ台のこと。

出典:http://blog.jss-yunomaru.lolipop.jp/?page=4&cid=1

 

らくスノ

ほら、さっきのジャンプ台と比べると安全そうでしょ!

この形状のジャンプ台であれば、たとえ飛距離が30cmでも安全に着地することができるのです。

実際にテーブルトップ型のジャンプ台を飛んでいるGIFを参照下さい。

【成功例】

多分2~3mくらいのジャンプ台ですが、成功すればそこそこ飛びますね。

 

【失敗例】

成功例と比べる一目瞭然、全然飛んでません。でも、テーブルトップ型のジャンプ台は安全に着地できてますね。

というか、初めてジャンプ台を飛ぶときはスピードを出すのが怖いので、大体こんなもんです。

 

また、ステップダウン形状のジャンプ台でも踏切と着地の落差が少なければ、そこで練習してみてもよいでしょう。

いずれにせよ、いきなり飛ぶのではなく、まずはジャンプ台の形状や実際に飛んでいる人の飛距離を確認してから挑戦してみてください。

なお、パークのルールについてはこちらの記事も参照ください。

スキー、スノーボードパークのルール、マナー知ってますか?初心者の方でも気軽に楽しむ為に覚えておくべき6つのこと

どうやって飛べばいいの?

まずはラジオ体操ジャンプだけに集中してください。

その際にひとつだけ注意点。

極力エッジを使わずに板をフラットな状態にしてまっすぐ踏切~着地です!

エッジを使ってしまうと、変なところで逆エッジをくらってしまいます。(特に着地)

この辺を言葉で説明すのは難しいですが、スピード調整するなら踏み切る何メートルか前で済ませておいてください。

そうです、踏切・着地はエッジを使わずに真っ直ぐです。

 

また、最初は自分が怖くないスピードで助走(アプローチ)して、素抜けしてみましょう。

素抜けとは、踏み切るときにジャンプしないことです。

最初はオーリーすること自体怖いので、素抜けすることで恐怖心を無くすのですね。

絶対!絶対!絶対大丈夫!

前項のジャンプ台選びを間違えなければ、飛距離が足りなくても安全に着地できます。

ジャンプするタイミングがわかりません…

素抜けで慣れてきたら、少しづつオーリーを意識してジャンプしてみてください。

ジャンプのタイミングは、下記の写真のようにバインとバインのあいだくらい(赤いライン)まで踏切から板が飛び出したらオーリーすると良いとされてますが、これは習うより慣れろって感じで…

私も踏切は感覚でやってた部分がありますし、結構なスピードで滑っているのにバインとバインのあいだに合わせて跳ぶなんて考えてできるもんじゃないですから(笑)なんどもジャンプすれば自然にわかってくるようになります。

それよりも、まずは上半身の動き「ラジオ体操ジャンプ」を意識してみましょう。

その他の注意点は?

らくスノ
うん、まぁ楽しんで飛んでくださいな!

えっそうじゃないって(笑)

まぁ何よりも怖いと思ったら止めましょう、自分の感覚が一番の抑止力。

前述のように、怪我したらせっかくの楽しいスノボ旅行が…ジャンプ台だけに台無しですから…待って!ページはそのまま閉じないで~(笑)

というわけで、各ゲレンデの案内などには形状や3mとか8mとかジャンプ台のサイズが表示されている場合があります。

これは、踏切から着地地点までの長さのことですが(要するに飛距離)、最初は1〜3mくらいのジャンプ台を目安に練習してみましょう。

出典:妙高杉ノ原スキー場ブログより

さらに大きいジャンプ台を飛ぶときは?

このように、小さいジャンプ台からどんどんステップアップしていくのが、本来のジャンプ台の練習方法です。

小ジャンプ台で慣れてきたら、いわゆるミドルキッカーやビッグキッカーにも挑戦してみましょう。

段階を踏んで練習していけば、怪我なく上達できるはずです。

ミドルキッカー以上になるとある程度は度胸も必要ですが(笑)やはりジャンプ台で怪我をしてしまうと一気に飛ぶのが怖くなってしまうので、安全にステップアップすることをおすすめします。

同じように、180や360もいきなりジャンプ台で練習するのではなく、まずはグラトリやウェーブで練習してみてくださいね。

誰でもゲレンデに着いて30分でできる!グラトリ180のコツ教えます【スノーボード】

目からウロコ!グラトリバックサイド180のコツは昇竜拳だった!?【スノーボード】

また、最近はエアマットで安全にジャンプ台練習ができる場所もありますので、そういった施設を併用してみるのも良いと思います。

【スキー、スノーボード】オフシーズンにできるトレーニング11選

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

なんか読んでいるうちに、、だんだん飛べそうな気がしてきたでしょ!?

そうです、誰でも飛べるんです!

だから明日はゲレンデに行きましょう(笑)

まずは騙されたと思って、ラジオ体操ジャンプに挑戦してみてくださいね。

ジャンプ台はワンメイクなんて言ったりしますが、本当に技なんか決めると超目立ちます!

なので、ぜひ今シーズンはゲレンデヒーローになっていただければと思います。

 

昨シーズンでハウツーは書ききった感があったのですが(燃え尽き症候群!?)、1年経つとまたネタが増えているのが不思議ですね(笑)

なので、今シーズンも気まぐれに更新してきますので応援よろしくお願いします。

この記事が参考になれば幸いです。


 
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴18年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。