グラトリのオーリーのコツはラジオ体操だった!【スノーボード】

こんにちは、元スノーボードインストラクターのらくスノです。

この記事にたどり着いたということは、今オーリーを練習中という方も多いのではないでしょうか?

【GIF】

オーリーは後ろ足を使ったジャンプのことで、フリースタイルの技としては基本のトリック。

地味な技ですが、完成がないと形容されるほどオーリー道は奥が深いといわれています。

だから、なかなか高く跳べないとお悩みの方もいらっしゃるでしょう。

でもね、ラジオ体操の要領でジャンプすれば、誰でも高く綺麗に跳ぶことができるんですよ!

もちろんしっかりした理論に基づいているので、騙されたと思って最後まで読んでくださいね。

垂直跳びを意識すれば高くジャンプできる

出典:https://kintorecamp.com/vertical-jump-training/

オーリーってどうやったら高く跳べると思います?

実は、コツさえ知ってしまえばすっごく簡単なんですよ。

小中学校の時、垂直跳びやりませんでしたか?

もうお分かりですね。

垂直跳びは屈んだ状態から腕を前後に振りかぶって跳びますよね。

オーリーはそれが横になっただけ。

実際画像でも、屈んだ状態から腕を振りかぶって跳んでいますね。

ラジオ体操ジャンプでタイミングを合わせる

出典:NHKラジオ体操

高く跳ぶコツについては、前項の説明でお分かりいただけたと思います。

でも横に滑りながらジャンプするって日常ではあまりない動作なので、慣れないとやりにくいですよね。

そこでオススメなのが、ラジオ体操ジャンプ。

ラジオ体操で「腕を振って足をまげ伸ばす運動」やりますよね。

【GIF】

まずは、家で鏡を見ながらイメトレしてみましょう。

「腕を振って足をまげ伸ばす運動」の要領でジャンプすると、タイミングが合わせやすいです。

構えたとき、猫背にならないように注意してくださいね。

止まった状態で練習してみよう!

家でイメトレしたら、次は実際にゲレンデで試してみましょう!

ゲレンデに着いたら、まずは止まった状態から練習してみてください。

続いては、実際に滑りながらオーリーの練習。

もちろん最初は低速でOKです。

ジャンプする前に腕を交差させながら屈みます。

エッジは使わず、板はフラットな状態で構えてください。

そして腕を開くと同時にジャンプ!

どうです、タイミング合わせやすいでしょ?

跳ぶ前と同様、エッジを使わずにフラットな状態で着地します。

最初は後ろ足を意識せずにジャンプしてみよう!

実はここまでオーリーではなく、あえてジャンプという言い方をしました。

スケートボードと違い、スノーボードは足と板がバインディングでつながっているので、簡単にジャンプすることができます。

スノーボードのオーリーは、より高く飛ぶという技術的な問題なので必須ではありません。

ですので、最初は無理に後ろ足でオーリーしようとせずに、低速から両足ジャンプしてみてください。

【GIF】

また、木の枝、雪玉など目標物を見つけて、それを飛び越えるイメージでジャンプすると跳びやすいですよ。

慣れてきたら、今度はちょっとしたデコボコ(ポコジャン)、コース脇にあるウェーブなどでも練習してみましょう。

滞空時間が長くなるのでより安定性が求められますが、とっても楽しいです!

遊んでいるうちに、自然とオーリーが身についているはず。

より高くオーリーするならフレックスを使え!

 

前項でもお話しした通り、バインディングに繋がっているスノーボードにおいてオーリーは必須ではありません。

しかし、スケートボードと違い、スノーボードの板にはフレックス・トーションといった「しなり」があるのです。

この「しなり」を利用してジャンプすると「バネの要領でより高く跳べるよ」って言うのが、スノーボードでオーリーする本当の理由なんです。

ある程度ジャンプに慣れてきたら、今度は板のしなりを利用して跳ぶ練習をしてみましょう。

ワンランク上のオーリーを目指すなら、ぜひ「しなり」を意識してみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

オーリーってフリースタイルのイメージがありますが、実はボーダークロスやアルペン・テクニカルでも重要なテクニックです。

実際にSAJのスノーボード教程にも記述がありますが、バランスを崩した時のリカバリ(体勢を立て直すこと)などにも役立ちます。

ちょっと地味な技ではありますが(笑)

どんなスタイルでも、上達を目指すなら基本となるトリックなので、ぜひ練習してみてくださいね!

この記事が参考になれば幸いです。

ジャンプ台のコツはラジオ体操!?初心者でも簡単にキッカーが飛べる方法教えます

【体験取材】ターンしかできない女子が1日でどれだけグラトリが上手くなるか挑戦してみた!

スノーボードグラトリ初心者でも簡単にできるトリックや 最短でマスターするコツまで記事まとめ


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴20年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!




板、ブーツ、バイン、ウェア、小物…
20-21シーズン最新スノーボードギア270ブランド大特集!

スノボ歴20年の私らくスノが厳選した、2020-21シーズンの最新スノーボードギア270ブランドを集めてみました!デザイン?それとも機能?ゲレンデに行く前に最新のギアをチェックしてライバルに差をつけよう!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴20年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。