超簡単だから真似てみて!BSボードスライドtoFSボードスライド教えます【グラトリ】

スポンサーリンク

こんにちは、らくスノです。

おかげさまでこのブログ、当初予想していた以上の反響を頂いております。

個人的な考えから具体的なPV数(ページビュー)を公表していませんが、昨年始めた時は1万いったらすごいなぁなんて思ってたんですけど、気がついたらとんでもない数になってました。

らくスノ
1人、2人読者が増えて喜んでいた時が懐かしいなぁ…

いやいや、これからも読んでくださる方が1人でもいれば、一生懸命書きたいと思います。

「このブログを見てスノーボードを始めたよ!」なんて方がいたら、それだけで幸せですね。

というわけで、冒頭からどうでもいい話をしましたが(笑)今回は最も簡単なコンボトリックの一つであるBSボードスライドtoFSボードスライドについて解説したいと思います。

BSボードスライドtoFSボードスライドとは

バックサイドボードスライドとフロントサイドボードスライドについては以前UPした記事を参考いただければと思いますが、要はこの2つの技を連続でやるということなんですね。

まだ基本となる2つの技を練習されていない方は、簡単なのでマスターしておきましょう。

超簡単にできて、いろいろ応用できるグラトリ技教えます!

超簡単!フロントサイドボードスライドは○○するだけで劇的にカッコよくなるよ

BSボードスライドtoFSボードスライドのコツは?

コンボトリック全般に言えるのが、次のトリックに備える先行動作が重要だということです。

グラトリのコンボトリックのコツは上半身?バター180toフロントサイド180で解説します

しかし、このトリックに関して言うと先行動作がまったく必要ありません。

なぜかというと、すでにBSボードスライドの時点で事前準備ができてますから。

ほら、写真をみると手を前に出してるじゃないですか。

これは、技をよりスタイリッシュに見せるためのテクニックなんですが、実はこの手が次のFSボードスライドのタメになっています。

グラトリ誰でも読むだけで上手くなるコツ、そっと教えます!【スノーボード】

また、ちょっとわかりづらいですが、上半身も若干後ろ向きにひねってスタンバイしてます。

この技は、この先行動作が作りやすいのがポイントですね。

リバース時の逆エッジに注意

こういうシャッフルやリバースのような切り返しがある技は、逆エッジに注意しなければなりません。

このトリックも、最初のバックサイドボードスライド時点ではかかとのエッジ(ヒールエッジ)に荷重してますが、切り返しの時点でつま先のエッジ(トゥーエッジ)を使っているのです。

この切り返しがけっこう難しいのですが…
らくスノ
最初は低速でもいいので、エッジの切り返しを意識して練習してみましょう!

これができないとグラトリは上達しませんので、あとはひたすら練習して覚えるしかないですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

グラトリの初級編としては少し難しいかもしれませんが、ステップアップにはぴったりのトリックです。

この技ができると、いつの間にか他の技の精度も上がっているはず…そのくらいエッジの使い方の練習になります。

また、一見すると地味ですが、マスターするとジブやコースの壁などさまざまな場所で応用が可能です。

らくスノ
高速で壁に侵入して、スプレー(雪煙)上げながらこの技やったら最高にかっこいいですよ~

そうなんです、技は難易度だけではなく見せ方も重要なんですね。

ぜひ、ゲレンデで試していただければと思います!

この記事が参考になれば幸いです。





板、ブーツ、バイン、ウェア、小物…
18-19シーズン最新スノーボードギア270ブランド大特集!

スノボ歴18年の私らくスノが厳選した、2018-19シーズンの最新スノーボードギア270ブランドを集めてみました!デザイン?それとも機能?ゲレンデに行く前に最新のギアをチェックしてライバルに差をつけよう!




スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴18年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。