スノーボードまったく滑れなくてもできるカッコいい小技教えます!

スポンサーリンク

こんにちは、

アデノウイルスを娘にうつされてゲレンデに行くどころではない”らくスノ”です(笑)

 

今回ご紹介するトリックは

その名も「ボードくるくる」です!

すみません、私も正式名称わかりませんが…(笑)

スノーボードが滑れなくてもゲレンデに着いたその瞬間から簡単に練習できるのでぜひお試しください。

最初に…

まずはこのGIFをご覧ください。

みたまんま、まったく滑ってません(笑)

 

まずポイントとして

バインディングを腕に引っ掛けるイメージです。

で、画像では上手く遠心力でクルッと回してるように見えますが、

ほとんど手で回してるだけです(笑)

次項でより詳しく解説したいと思います。

人に当たると大変危険ですので気をつけて下さ

ステップ1

はい、ここからはゲレンデとかけ離れた”らくスノ”の自宅で解説します(笑)

最初に板を持つ位置に注意して下さい。

上ではなく下のバインに前腕部を当てるようにスタンバイして下さい。

img_7736

まぁ写真見てもらった方が分かりやすいですね(笑)

ステップ2

最初の180度は写真の位置まで腕で回します。

img_7739 img_7738

まだ手は板を掴んだままですよ~

ステップ3

次の90度が唯一手を離す区間。ステップ2の後ステップ4までの間の90度はいったん手を離しますが、

その間は前腕部に引っ掛けて回します。

img_7742
重要ポイント

ステップ3の90度回ったら腕を返しておき、ふたたび手で板をつかみます。

img_7744

ステップ4

最後の90度はステップ3で掴んだ板を引き上げます。

img_7746

はい!ボードくるくるの完成です(笑)

この一連の動作を一気にやるんです。

 

最後に…

いかがでしたでしょうか?

最初はぎこちないかもしれませんが、何度か繰り返せば自然に回せるようになります。

ゲストハウスから出たくらいの時に自然にやってみて下さい。

ゴンドラから降りたあと自然にやってみてください。

知らない人はみんなビビります!

インパクト大です!

でも実はすごく簡単なんですよね。

注意点としては練習してるとちょっとおまぬけ、、、

だって足で乗るものを腕で一生懸命回してるんですよ(笑)

ですので、こっそりみんなが見てないところで練習して下さい。

そしてしつこいようですが周りには十分注意して下さい。

参考になれば幸いです。


 
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴18年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。