シフティのコツは上半身のひねり!?簡単な練習方法も教えます【グラトリ】

こんにちは、20年以上スノーボード滑っている、らくスノです。

今回は私が大好きな技、シフティのハウツーです。

【GIF】

シフティとは、英語で「移す」とか「変える」なんて意味があります。

上記のGIFのように、板をずらして元に戻す技のことです。

この技の何が好きって、シンプルなのにスタイル出てかっこいいじゃないですか!

でも、けっこう難しそう…
らくスノ
いえ、私も5年ぶりくらいに試してできたので大丈夫ですよ(笑)

一見すると難しそうですが、ポイントさえ押さえておけば誰でも簡単にマスターできますよ。

次項から、シフティのコツと練習方法について詳しく解説したいと思います。

シフティのコツは上半身のひねり!

シフティのコツは、ずばり上半身のひねり!

もちろんスタイルを出すためにひねりを入れているということもありますが、実はもっと深い意味があるのです。

オーリーした後上半身を逆方向にひねらないと、シフトしたあと板を戻すことができません。

つまり上半身は板の回転を止めるという重要な役割を担っているのです。

まずはシフトせずに練習してみよう

シフティのコツ以前に、こんなに高くオーリーできないんだけど…
らくスノ
まずはシフトせずに練習してみましょう!

【GIF】

まずは上記のGIFのように、シフトせずに練習してみましょう。

らくスノ
この場合はノーズタップという技になりますね。

この技は、オーリーが中途半端になってしまうとメイク(成功)することができません。

まずはしっかりとオーリーして、後ろ足を上げるというよりは残したまま、前足を先に下ろすような意識で練習してみてください。

ノーズタップが形になってきたら、徐々に板をシフトしてみましょう。(もちろん上半身の動きも忘れずに…)

【GIF】

最初から板を高く上げるのは難しいですが、GIFのように軽いシフトならすぐできますよね。

この練習を繰り返すことで、徐々に高いオーリーができるようになります。

これはノーリーバージョンのシフティですが、ギャップを利用すると、より滞空時間も長くスタイリッシュですね。

らくスノ
壁や雪玉をシフティでタップしたら最高にかっこいいね!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

このブログではしつこいほど言ってますが、グラトリは上半身が超重要です。

単発技ではなかなか気づかないんですが、コンボトリックを練習するとその重要性を痛感します。

グラトリは難易度が高いほど上半身の動作が複雑になります。

シフティは上半身を使う練習としてもぴったりなので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

シフティーをマスターしたら、ノーズタップ180にも挑戦してみましょう。

ノーズタップ180のコツは下半身を置き去りにすることだった!?

この記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】

グラトリ初心者でも簡単にできるトリックや 最短でマスターするコツまで記事まとめ


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴20年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!




板、ブーツ、バイン、ウェア、小物…
20-21シーズン最新スノーボードギア270ブランド大特集!

スノボ歴20年の私らくスノが厳選した、2020-21シーズンの最新スノーボードギア270ブランドを集めてみました!デザイン?それとも機能?ゲレンデに行く前に最新のギアをチェックしてライバルに差をつけよう!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴20年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。