誰でも読むだけでグラトリが上手くなる!スタイルの出し方のコツ教えます!

こんにちは、スノーボード20年以上滑っている、らくスノです。

お読みいただいている方の中にはグラトリで360や540を練習されている方も多いと思いますが、高難度の技ほど簡単にはマスターできませんよね。

でも、難易度の高い技が必ずしもカッコいいと言えるのでしょうか??

実は低難易度な技でも、540や720以上にオシャレに見せるコツがあるんです!

しかも、記事を読んだ瞬間から試すことができます。

きっとこの記事を読み終わる頃には、グラトリがワンランク上手になっているはず。

グラトリは難易度よりもスタイルが重要

グラトリは難易度よりもスタイルが重要です。

…って、いきなりそんなこと言われても、何のことだか分かりませんよね(笑)

まずはスタイルの概念が理解できるように、逆立ちを例に説明させていただきます。

a5f6bc610a571545e0a696fc4c3f40a5_m

かわいいお子さんの逆立ちですね。

12942874e6732f1a51d911135a971395_s

この猫すごい、逆立ちしてる~!

…いや話はこれからなので、ページは閉じないでね(笑)

Air Force Academy

これはもはや逆立ちとか倒立の次元を超えてますが…

要はスタイルとはそういうことなのです。

同じ逆立ちでも、最後の写真は足先まで真っ直ぐ伸びて綺麗ですよね。

実はスノーボードでも同じことが言えます。

ただトリックをするのではなく、足先・指の先まで意識することによって技の見え方が大きく変わります。

スタイル次第でただのテールプレスが超カッコよく見える!

note-275947-i16-img

ここからはテールプレスを例にスタイルの出し方について説明したいと思います。

私の場合グーフィースタンスなので右足側のノーズ(先頭)が浮きます。

これがテールプレス、またはテールマニュアルなんて呼ばれるトリックです。

初心者の方は、飛び跳ねない分オーリーよりも簡単に挑戦できるのではないでしょうか。

一見するとシンプルで何の面白みもないトリックですが、少しスタイルを加えるだけで驚くほど見え方が変わります。

上半身をひねってみよう!

note-275947-i18-img note-275947-i17-img

先ほどと同じテールプレスですが、ひねりを加えるだけでこんなに変わります。

私の仲間内では「シボる」なんて言い方をしますね。

全国共通かどうかはわかりませんが…(笑)

これがスノーボードでいうスタイルになります。

なんとなく分かりました?

足を伸ばしてみよう!

note-275947-i19-img note-275947-i20-img

ある程度滑れる方は、さらにステップアップしてみましょう。

片足を伸ばし、さらに後ろ足へ体重を乗せるだけで、よりスタイリッシュに見えますね!

しつこいようですが、これも同じテールプレスという技です(笑)

さらに私の場合は、手首を「くの字」に曲げてスタイルを出しているつもりです。

ゲレンデだとこんな見え方になります。

どうです?スタイル出てるでしょ(笑)

グラトリだけでなく、ジブ(レールやボックスなど)やキッカー(ジャンプ台)でも使えるテクニック。

今回は分かりやすくテールプレスで説明しましたが、どんな技でも応用が可能です。

次項では、より上達を目指す方に向けて、スタイルの出し方応用編を解説したいと思います。

グラトリのプレスは乗り方の意識さえ変えれば、劇的に上手くなるよ!

インディーグラブでスタイルを出してみよう!

note-275947-i25-img

スタイルの出し方は、さまざまなトリックで応用が可能です。

ここでは、キッカー(ジャンプ台)でのインディーグラブを例に説明していきたいと思います。

インディーグラブとは、ジャンプ中に後手でつま先側の板をつかむ技のこと。

家の中ではありません、空を飛んでいると仮定してください(笑)

片手を伸ばしてみよう!

note-275947-i26-img

逆の手を天に突き上げるようにひねってみます。

同じインディグラブですが、だいぶ雰囲気が変わりますね!

片足を伸ばしてみよう!

note-275947-i27-img

では、足を伸ばすとどうなるでしょうか?

完全に違う技に見えますね…でも、これも同じインディーグラブなんですよ!

(この場合、ボーンやポークなんて言ったりしますね。)

私の仲間内では「刺す」とか「ぶっ刺す」なんて言い方をしますが、全国共通かどうか分かりません(笑)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

スノーボードのハウツーサイトなどでは、技の説明はあっても自分流のスタイルを加える手段について解説しているものがなかったので、この記事を書こうと思いました。

スノーボードでは「スタイル」なんて単語で言い表しますが、ファッションでも同じですよね。

白いシャツにニットを合わせるのかジャケットを着るのか、それがその人の個性(スタイル)になります。

ユーチューブでもハウツーDVDでもよ~く見てください。

上手い人はただ技をするだけでなく、必ず「スタイル」を意識しています。

でも、なかなか上達しないと嘆いている方ほど、一番最初の写真のようにただ板を浮かせているだけの場合が多い気がします。

ただトリックするだけでなく、上半身のひねりや体重の乗せ方を意識することによって、より自分のスタイル(個性)をアピールすることができるのです。

スタイルを意識できていれば、簡単な技でも「あの人今何やったの!?」とか「今の技すげぇ」となるわけです。

初心者の方は簡単な技をよりカッコよく見せるために。

上達が止まりマンネリ気味の方には、いつもの技にアレンジを加えてよりスタイリッシュに。

ぜひゲレンデでお試しいただければと思います。

この記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】

スノーボードグラトリ初心者でも簡単にできるトリックや 最短でマスターするコツまで記事まとめ

グラトリの技ってどんな種類があるの?カテゴリー別にyoutube動画まとめてみた!


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴20年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴20年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。