ノーリーひっかけ180のコツはエッジの切り替え!?簡単にマスターできるコツ教えます【グラトリ】

こんにちは、20年以上スノーボード続けている、らくスノです。

今回もマニアックなトリックです(笑)

その名も、ノーリーひっかけ180!

【GIF】

ひっかけ180とは、通常使用するエッジとは逆のエッジを雪面に引っ掛けて180度回転することです。

例えば、通常のフロントサイド180の場合ヒールエッジ(かかと側のエッジ)でオーリーするのですが、ひっかけ180はトゥエッジ(つま先)を使います。

というわけで、次項からはノーリーひっかけ180のコツについてお話していきます。

ノーリーひっかけ180のコツはエッジの切り替え!

【GIF】

ノーリーひっかけ180のコツは、ずばりエッジの切り替えです。

順番に説明していきましょう。

実は、単純に見えて逆エッジをくらう確率が非常に高いトリックなんです。

まず、トゥエッジに荷重するまでは問題ないと思いますが…

このあとひっかけノーリー時にトゥエッジが雪面に引っかかりやすい。

また、着地はヒールエッジになりますので、空中でトゥからヒールにエッジを切り替えなければなりません。

実は単純そうで難しいトリックなんですね…

「いきなりノーリーするのは難しい」という方は、ジャンプせずにバターだけで練習してみましょう。

バターでエッジを切り替える感覚を磨いてください。

慣れてきたら、低空でノーリーしてみる。

このようにトリックをセクションで分けると、上達が早いですよ。

バックサイドも練習してみよう!

【GIF】

フロントサイドをマスターしたら、バックサイドも練習してみましょう。

基本的にはフロントサイドと同じく、逆エッジに気を付けながら回します。

あと、私の場合はノーリーする前に上半身を逆にひねってオリジナリティを出しているつもりです。

本来エッジを乗せるだけならこんなに大げさな上半身の動きは必要ないんですが…

なんせ地味なトリックすぎて、普通にやったんじゃ誰も気づきません(笑)

ですので、あえて上半身をひねって「俺はひっかけで飛んでんだぞ!」とアピールしてますw

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ターンの惰性が使えない分難しいトリックですが、マスターするとリカバリに強くなったり、ソネ系の技のステップにも最適です。

リカバリとは、バランスを崩した時に立て直すこと。

エッジの切り替えを意識しながら、ゲレンデで試してみてくださいね!

この記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】

スノーボードグラトリ初心者でも簡単にできるトリックや 最短でマスターするコツまで記事まとめ

初心者でも簡単!レイトピボット180で上半身の動きを学ぼう!

ノーズタップ180のコツは下半身を置き去りにすることだった!?


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴20年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴20年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。