初心者でも簡単!レイトピボット180で上半身の動きを学ぼう!【グラトリ】

こんにちは、20年以上スノーボードやっている、らくスノです。

今回はレイトピボット180という技を解説したいと思います。

聞きなれない技ですよね。

それもそのはず、私が勝手に名づけたトリックですから(笑)

【GIF】

GIFのように、ノーズ(板の先端)が雪面についたまま180するトリックです。

レイト系の技って一瞬動きが止まるので、見てる側からすると「あれっ」て感じで面白いんですよね。

レイトとは

タイミングをづらして(遅らせて)回すことです。

このトリックをメイクするコツは、ずばり上半身の動き!

確かに通常の180より少し動きは複雑ですが、これがマスターできればコンボ系のトリックも上達します。

それに難易度が低いので、グラトリ初心者の方にもおすすめのトリックです。

180のバリエーションとして、ぜひ皆さんもチャレンジしてみてください!

レイトピボット180のコツは上半身の動き

このブログでは散々話していますが、このトリックも上半身の動きがめちゃめちゃ重要です。

ジャンプしたあとは、ほぼ上半身の動きだけでメイク(成功)できると言っても過言ではありません。

画像を見れば分かるとおり、すでにオーリーの時点で上半身を回転方向に振っています。

これが先行動作というやつですね。

このあとが忙しいのですが、下半身を回すと同時に、今度は上半身を回転方向とは逆にひねります。

これは、回し過ぎないように上半身で回転の勢いを止めているんです。

最後は他のピボットトリックと同様、ヒール(かかと側)の逆エッジに気をつけながら回しきります。

腕をめいっぱい開くと、技が大きく見えてカッコいいですよ!

でも、技の説明だけ聞いても「こんなのできないよ!」なんて方が多いと思います。

次項からは、具体的な練習方法についてお話します。

まずはイメトレ

グラトリは「上半身の使い方」と「イメージトレーニング」がめちゃめちゃ大事なんです。

グラトリ初心者の方はYouTubeのハウツーなんかで下半身の動きを真似ようとしますが、実はそれ以上に上半身が重要。

とはいえ、上半身の使い方ってゲレンデでいきなりできるものではありません。

  1. オーリーと同時に上半身を回転方向にひねる
  2. 板をバックサイド方向(背中側)に回している間に上半身は逆にひねる
  3. 逆エッジに気をつけながら着地

まずは、この一連の流れを鏡の前などで練習してみましょう。

※ちなみに、トリック前のイメージトレーニングはプロもやってます。

ジャンプとピボット180を分けて練習しよう!

イメトレが終わったら、実際にゲレンデで練習してみましょう。

とはいえ、いきなり「さぁレイトピボット180だ!」と言っても、すぐにできるようにはなりません(笑)

まずは、ジャンプとピボット180を分けて練習してみましょう。

このように、オーリーでテール(板の後方)だけ浮かす練習をします。

また同時並行でバックサイドピボット180も練習しておきましょう。

でね、ここが一番重要なポイントですが、最初から高く飛ぶ必要はありません!

だって、いきなりできるわけないですから。

偉そうに解説している私も、この映像3回撮り直してます(笑)

もちろん、より高くオーリーしたほうが、技の見栄えもいいです。

でも、いきなり完璧になんて思わず、まずは低空でもいいので一連の流れを練習してみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

あまりメジャーな技ではないですが、ゲレンデでやっている人が少ないので目立つと思いますよ~

ぜひ、マスターして友達を驚かせちゃってください!

慣れてきたら、地形や雪玉でやってみるのも面白いですよ。

この記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】

ノーズタップ180のコツは下半身を置き去りにすることだった!?

グラトリのコンボトリックのコツは上半身?バター180toフロントサイド180で解説します

スノーボードグラトリ初心者でも簡単にできるトリックや 最短でマスターするコツまで記事まとめ


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴20年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴21年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。