【超簡単】誰でもできるグラトリ!ワンフットオーリーのコツ教えちゃいます

スポンサーリンク

こんにちは、らくスノです。

今回は誰でも簡単にできるグラトリ、ワンフットオーリーについて解説したいと思います。

「ワンフットってなんかレベル高そう…」

いえいえ、そんなことはありません。

むしろ見方によっては通常のオーリーより簡単です。

ぜひ気軽に試していただければと思います。

ワンフットオーリーってなんですか?

百聞は一見に如かずという言葉もあるので、まずはこの映像をご覧下さい。

はい、片足のバインディングを外した状態でオーリーします。

「えっ難しそうじゃない、話が違うよらくスノさん!」

安心してください、このあとの解説を見れば誰でも簡単にできます!

では、次項から具体的に説明させていただきますね。

練習方法

片足だけバインディングを付ける

このワンフットオーリーの良いところは、止まった状態でも練習できることです。

まずは止まった状態で片足だけバインディングをつけます。

レギュラー(左足前で滑る)の方は左足だけに付けてください。

片足立ちしてみる

久しぶりに登場らくスノ君です(笑)

このらくスノ君のように片足だけで板を持ち上げてみましょう。

片足でジャンプして着地する

最後に右足だけでジャンプして着地します。

右足はバインとバインの間に足を乗せます。

どうです、簡単でしょ?

滑りながらやってみよう!

では、実際に滑りながらやってみましょう。

…とはいっても、最初は超低速ですよ。

コツは2つあります。

まず、ジャンプする時は「ちょん!」って感じで飛んでください。

接地している時間を極力短くということですね。

なんとなく想像できると思いますが、接地時間が長いと股が裂けます(笑)

もう一つは、自然に飛ぶということです。

だって後足のバインディング外しているんですよ、普通に考えてオーリーできるはずないんです。

オーリーは後足を使って飛ぶものですから、あくまでワンフットはオーリー風。

例えばマジックってタネを知れば「なんだこんな簡単な事だったんだ!」と思いますが、それを自然にわからないようにやるのがマジシャンですよね。

実際この技は板を片足で持ち上げてるだけなんですが(笑)

自然にジャンプしている風に見せるのが重要です。

自然にオーリーしてる風に見せるには?

自然に見せるには体を屈めてから飛ぶことです。

実際、皆さんは高くジャンプするとしたらどうしますか?

いったん体を屈めて飛びますよね。

この技も同じです。

片足だけで板を持ち上げても技には見えませんが、状態を屈めて飛ぶことによって実際には足で板を持ち上げてるだけのことがオーリーに見えてきます。

まさに目の錯覚ですね。

この技は雪がある程度固くないとできません。(ジャンプする際にブーツが雪に埋もれてしまうため)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この技は低速でしかできないですが、リフト降り場からコースまでの間や、コース終わりの緩斜面などで試してみてはいかがでしょうか?

慣れてくればちょっとした雪玉の上でもできます。

ワンフットオーリーができたら、下記の技にもぜひチャレンジしてみてください。

試してみて!誰でも簡単にできるワンフット180のコツ教えます!【グラトリ】

参考になれば幸いです。


 
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴18年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。