グラトリ初心者でも簡単にできるコンボトリック!ソバット(アンディ)180のコツ教えます

スポンサーリンク

こんにちは、らくスノです。

おかげさまで、昨年は少ししかUPできなかったにもかかわらず、思いのほか好評だった「初心者でも簡単にできるグラトリシリーズ」。

やりたいネタはまだまだたくさんあるのですが、なにせ一人でやってるものですから執筆と撮影が追いついてません…

今年もシーズンが始まる前にと思って作業してましたが、結局間に合いませんでした(笑)

というわけで、今回は初心者でもできるコンボトリック、ソバット180について解説したいと思います。

ソバット180って何?

 

ソバット180は、バター180とノーリーバックサイド180のコンボトリックです。

※ノーリーは前足ジャンプのことです。

日本ではアンディ180とも言いますね。

連続技としては初級編なので、次のステップに進みたいグラトリ初心者の方にはぴったりのトリックではないでしょうか。

それにしても、コンボトリックって響きが良くないですか?

なんか上級者みたいでカッコいいでしょ(笑)

ソバット180のコツは?

まずは軽くかかと側のエッジ(ヒールエッジ)に荷重しながらバター180します。

ここでかかと側に荷重しておかないと逆エッジ食らっちゃいますからね。

この軽く荷重というのが第一のポイントなんですが、この技に限らずコンボトリックはスピードが大事です。

バター180で減速してしまうと、この後のノーリー180回しきれません。

この辺のスピード感覚は、練習しながら覚えていくしかないですね。

90度バターした時点でノーリーのスタンバイ

はい、ここが今回のハウツーの一番重要なポイント。

単発トリックと違い、コンボトリックは技の途中で次のトリックに向けたスタンバイをしなければなりません。

映像でも、上半身を180回さずに90度で残してるのがお分かり頂けると思います。

ここが連続技の難しいところ。

一つの技をこなしつつ、次のトリックにつながる動きをしなければならない訳ですから。

ノーリー180はわりと簡単

ノーリーは苦手なんですが…
らくスノ
いえいえ、勢いがついているので意外と簡単に回りますよ~

これ、見た目とは裏腹にバターで減速せずにノーリーできれば180あっさり回っちゃいます。

むしろ単発のノーリーバックサイド180より簡単かも…実際、私は単発のノーリー苦手ですし(笑)

前半のバターが勝負なので、逆エッジさえ気をつければノーリー180は以外と簡単にできますよ〜

 

踏切はかかと側のエッジ(ヒールエッジ)、着地はつま先側のエッジ(トゥーエッジ)になりますので逆エッジに注意してくださいね。


ノーリーが難しいようであれば、最初は両足ジャンプで試してみましょう。180までならしっかりノーリーしなくてもメイク(成功)できます。

また、エッジや回転の感覚をつかむため、最初は上記のGIFのようにジャンプせずに回すだけでも良いと思います。

あっもちろん昇竜拳は忘れずにね(笑)

目からウロコ!グラトリバックサイド180のコツは昇竜拳だった!?【スノーボード】

イメージトレーニングしてみよう

一番オススメの練習方法はイメトレです!

コンボトリックは単発トリックよりも動きが複雑なので、ぶっつけ本番で試してもなかなかマスターできません。

ですので、ゲレンデへ行く前にイメージトレーニングをしておくと良いですよ。

イメトレはご自宅や学校・会社どこでもできるので、一連の動作を体で覚えておきましょう。

また、フェイキー(スイッチ)でやったらあっさり成功しちゃったという方もいるので、どうしてもできない場合は試してみてもいいかもしれませんね!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この技をマスターするくらい実力がつけば、だいぶトリックの幅も増えると思います。

成功率が上がったら、今度は壁とか(コースの側面)か雪玉で試してみても良いと思います。

というわけで、「こんな技すぐにできるぜぇ」という方!ぜひソバット360にも挑戦してみてください(笑)

これができれば脱初級者!?ソバット(アンディ)360のコツは勢いにあり【グラトリ】

参考になれば幸いです。


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴18年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!




板、ブーツ、バイン、ウェア、小物…
18-19シーズン最新スノーボードギア270ブランド大特集!

スノボ歴18年の私らくスノが厳選した、2018-19シーズンの最新スノーボードギア270ブランドを集めてみました!デザイン?それとも機能?ゲレンデに行く前に最新のギアをチェックしてライバルに差をつけよう!




スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴18年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。