これができたら上級者!?リバースピボット450教えます!【グラトリ】

こんにちは、20年以上スノーボードやっている、らくスノです。

前回のワンフット360に引き続き、初心者の方向けというブログの趣旨に反した「けっこう難しめ…」な技をUPしちゃいました(笑)

今回は「リバースピボット450」を解説したいと思います。

【GIF】

リバースピボット450とは、後ろ足を90度前に出しボードスライドしてから、450度逆回転(リバース)するトリック。

特にリバース時に鬼プレスするとかっこいいトリックですね!

基本的にはリバースピボット270といっしょ

回転数増やしただけなので、コツはリバースピボット270と変わりません。

まずは後ろ足を90度前に出してバックサイドボードスライド。

なるべく減速しないように注意してください。

そして、逆エッジに注意しながら、上半身を一気に逆方向へ回します。

ノーズピボットは、回し蹴りをするイメージです。

足を上げるというよりは、体重をしっかりノーズ(板の先頭)にのせる事を意識しましょう。

でも、たかが180度増えただけで一気に難しくなるんですよね。

※リバースピボット270に関しては下記の記事も合わせて参照ください。

グラトリ初心者だけどくるくる回りたい方必見!リバースピボット270教えます!

メイクするポイントは鬼プレス

では、リバースピボット270から、さらに180増やしてメイクするにはどうしたら良いのでしょうか?

まず、写真のように90度リバースした時点では、腕を回転方向にひねってますが…

このあとの180度回す間に回転を止めるため体をわざと逆にヒネってます。

これには理由が2つあって、

  1. 回し過ぎないようにするため回転を止めてる。
  2. しっかりプレスするために体重がノーズ(先頭)に乗るようにバランスをとってる。

ということなんです。

リバースピボット270までは勢いだけでメイクできますが、450になるとしっかりプレスしないと回しきれません。

【GIF】

リバースで回す時に、しっかりプレスできるよう意識してみましょう。

プレスは止まった状態でも練習できるので、ちゃんと先端のチップに乗れているかチェックですね!

プレスのコツは下記の記事に詳しく書いているので、合わせてご参照ください。

グラトリのプレスは乗り方の意識さえ変えれば、劇的に上手くなるよ!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

散々リバースピボット450は難しいと話ましたが、上手い人ってこういう技も簡単にできちゃうんだよな~(笑)

いやいや、こちらもまだまだネタはあるので、これからも気まぐれでUPしたいと思います。

この記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】

ゲレンデで超目立つよ!ワンフット360のやり方教えます!【グラトリ】

これができれば脱初級者!?ソバット(アンディ)360のコツは勢いにあり

スノーボードグラトリ 初心者でも簡単にできる トリックや 最短でマスターするコツまで 記事まとめ


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴20年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴20年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。