超簡単にできて、いろいろ応用できるグラトリ技ボードスライド教えます!

こんにちは、20年以上スノーボードやっている元インストラクターの、らくスノです。

今回は簡単にできて、いろいろな場面で応用できるグラトリ技「バックサイドボードスライド」を紹介したいと思います。

【GIF】

バックサイドボードスライドは後足を90度前に出すだけの技なので、止まることができれば誰でもできます!

しかもプレス、レイバックなどにアレンジもできる!

ジャンプしたり回転することもないので、安全に楽しめる技としてもおすすめです。

バックサイドボードスライドのコツは上半身のひねり

「ボードスライドって…グラトリと呼べるんですか?」

たしかにトリック自体は止まる動作となんら変わりないのですが(笑)

上体をヒネって腕をのばすことによって十分トリックらしく見せることができます。

note-275947-i19-img

板を回したりジャンプするだけがグラトリではありません。

上半身を意識するだけで、簡単な技もよりかっこよく見せることができるんですね。

このことをスノーボードではスタイルと呼びます。

スタイルに関しては別記事にしていますので、合わせて参照ください。

グラトリ誰でも読むだけで上手くなるコツ、そっと教えます!

片方の板に体重を乗せればプレスに大変身!

ボードスライドに慣れてきたら、今度はどちらか片方に体重を乗せてみましょう。

プレスという技に大変身!

さらに逆を向けば、フロントサイドボードスライドという技になります。

この技はちょっと難しいですが、逆エッジに気をつけながら低速で練習してみましょう。

プレスのコツについては下記の記事に詳しくまとめてますので、合わせて参照ください。

グラトリのプレスは乗り方の意識さえ変えれば、劇的に上手くなるよ!

コースの壁でやるとレイバックになる!

今度はコース脇の壁やハーフパイプのリップ(踏切)などで、手が雪面に付くくらい上体を倒してみましょう。

「レイバック」という技に大変身です!

ただしレイバックはある程度スピードがないと、スライド後に起き上がれません。

最初は怖いかもしれませんが、徐々にスピードを上げながら練習してみてください。

雪煙が上がると、最高にかっこいいですね!

ボードスライドは怪我のリスクも低い!失敗してもお尻をつくだけ

注意点は…特にありません(笑)

ボードスライドすることによってスピードは低下しますので、思い切ってチャレンジしてみましょう。(あくまで自身がコントロールできる範囲で…)

失敗してもお尻をつくだけですから、怪我するリスクも低い!

他のグラトリ技より安全に練習できるので、初心者の方にもおすすめのトリックですよ。

まとめ

【GIF】

いかがでしたでしょうか。

GIFの女性は、1度教えただけでこんなかっこいいボードスライドを決めてくれました!

グラトリやりたいけど何からはじめてよいか分からない方、安全な技から試したいとおっしゃる方には特におすすめです。

当ブログでは、グラトリ初心者の方向けのハウツー記事をたくさん書いてます。

「他の技も教えてほしい!」という方は、関連記事も参照ください!

この記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】

グラトリ初心者でも簡単にできるトリックや 最短でマスターするコツまで記事まとめ

【体験取材】ターンしかできない女子が1日でどれだけグラトリが上手くなるか挑戦してみた!

誰でもゲレンデに着いて30分でできる!グラトリ180のコツ教えます


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴20年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴21年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。