グラトリのプレスは乗り方の意識さえ変えれば、劇的に上手くなるよ!【スノーボード】

こんにちは、らくスノです。

この記事にたどり着いたということは、今まさにプレスを練習している方も多いのではないでしょうか?

プレス(PRESS)とは、板の先頭(ノーズ)もしくは後方(テール)を浮かせる技です。

英語で「押す」なんて意味がありますが、確かに板で雪面を押してるような感じですね。

別名マニュアルなんて言ったりもします。

単発の技としてはもちろん、トリックとトリックの間をプレスでつないだりもできるので、覚えておくといろいろ使い勝手が良いです。

でも、練習しているのになかなか上達しない…

実はプレスがマスターできない方は、片足を上げるイメージで練習している場合が多いんですよ。

この記事を最後まで読めば、誰もがうらやむ到達点の高いプレスをマスターすることができます。

プレスのコツは板のチップに乗る意識

より高く綺麗にプレスするためにはどうしたら良いと思いますか?

けっこう勘違いされている方も多いのですが、プレスの本質は片足を上げることではありません。

冒頭で説明しましたよね、「プレス(PRESS)」=「押す」という意味の英語。

そう、プレスは足を高く上げるのではなく、板で雪面を押さなければいけないのです。

上記の写真を見てみましょう、何か気づきませんか?

そう、テール(板の後方)で雪を押してますよね。

プレスの本質は、足を上げることではなく板のチップ(端っこ)に乗る意識が重要なんです!

足を上げるという意識で練習してたら、いつまでたってもメイク(成功)できるようになりません。

逆に、プレスのイメージを変えるだけで劇的にメイク率がUPしますよ!

まずは家で練習してみよう!

まずは、ゲレンデで試す前に自宅で練習してみましょう。

前述の通り、前足を上げるのではなく、チップに体重を乗せるイメージです。

接地面が安定している分、ゲレンデよりも簡単にメイクすることができます。

なお、プレスのスタイルの出し方については下記の記事も参照ください。

グラトリ誰でも読むだけで上手くなるコツ、そっと教えます!

ゲレンデでやってみよう!

【GIF】

続いてはゲレンデで練習してみましょう。

もちろん、最初は止まった状態です。

家ではできたのに、ゲレンデだとぜんぜん立てない…

そうなんです、ゲレンデだと足元が安定しない分、自宅で練習するより難易度は上がります。

でも、滑りながらのプレスはもっと難しいですから、最初は止まった状態でチップに乗れるよう練習してみましょう。

滑りながらやってみよう!

プレスのポイントがわかったら、今度は滑りなからやってみましょう。

とは言っても、最初はけっこう難しいですけど(笑)

これはもう、ひたすら練習しかないですね。

最初は低速で練習してみてください。

軽~くオーリーしながら、板のチップに乗る練習を繰り返します。

まぁ怪我のリスクが少ないトリックですから、気軽に挑戦してみましょう!

プレスは板が柔らかいほうが圧倒的にやりやすい!

なんとなくお分かりいただけると思いますが、プレストリックは柔らかい板のほうが圧倒的にやりやすいです。

もちろん硬い板でできないこともないですが、難易度が一気に上がります。

グラトリまたはジブ初心者の方に柔らかい板をおすすめする理由はまさにそこで、これから購入しようと思っている方は、まずボード選びに気をつけましょう。

もう迷わない初めての板購入!自分にベストな板が見つかるたった2つだけのポイント

まとめ

いかがでしたでしょうか。

簡単に説明しましたけど、正直高くプレスするのはけっこう難しい(笑)

でもトリックのコツだけでも知っておくと上達が早いですから、覚えておいて損はありません。

文中でもお話した通り、グラトリの中でも安全なトリックなので、よほどスピード出さなければ怪我の心配はありません。

ぜひ、気軽に試してみてくださいね!

この記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】

スノーボードグラトリ初心者でも簡単にできるトリックや 最短でマスターするコツまで記事まとめ

誰でもゲレンデに着いて30分でできる!グラトリ180のコツ教えます


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴20年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!




板、ブーツ、バイン、ウェア、小物…
20-21シーズン最新スノーボードギア270ブランド大特集!

スノボ歴20年の私らくスノが厳選した、2020-21シーズンの最新スノーボードギア270ブランドを集めてみました!デザイン?それとも機能?ゲレンデに行く前に最新のギアをチェックしてライバルに差をつけよう!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴20年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。