激安なのに高品質!OCスタイルのスノボウェア買ったのでレビューします

こんにちは、20年以上スノーボードやっている元イントラの、らくスノです。

「レンタルはダサいし、今シーズンこそはマイウェアでおしゃれに滑りたい!」

そんな方も多いのではないでしょうか。

とはいえ、普通にブランド品を購入すれば上下セットで3〜4万円くらいします。

1年に数回しか行かないのに、そんな高価なウェアは買えませんよね…

そんな方におすすめなのがOCスタイルのスキー・スノーボードウェア!

上下セット9,000円〜という低価格はもちろん、流行を押さえたデザイン、高い耐水透湿性等…OCスタイルのウェアには魅力が満載です。

今回はOCスタイルのウェアを購入して感じたメリットや、実際にゲレンデで使ってみた感想についてレポートしたいと思います。

この記事を最後まで読めば、リーズナブルなウェアでかっこよくスキー・スノボが滑れるようになりますよ。

OCスタイルの激安ウェア10のメリット

OCスタイルはインターネット専門のスキー・スノボウェアブランド。

実店舗を持たない代わりに低価格を実現しており、スキーヤー・スノーボーダーから圧倒的な支持を得ています。

今回OCスタイルのウェアを購入して感じたメリットは以下のとおりです。

  1. 圧倒的な低価格
  2. 流行を押さえたおしゃれなデザイン
  3. 組み合わせ自由だからゲレンデで被ることがない
  4. 抜群の防水透湿性
  5. ウェアの機能性が高い
  6. 驚異の3年保証
  7. サイズ感が分かりやすい
  8. 他ブランドとのコラボモデルが充実
  9. キッズウェアも激安
  10. 配送が早い

次項から順番に解説していきます。

圧倒的な低価格

出典:OCSTYLE公式サイトより

もう説明するまでもありませんが、上下セット9,000円から購入できる価格帯は魅力的ですよね。

さらに楽天やアマゾンのポイントアップDAYを狙えば、実質10%OFFくらいの価格で買えます。

流行を押さえたおしゃれなデザイン

出典:OCSTYLE公式サイトより

OCスタイルの魅力は価格だけではありません。

毎シーズン流行を押さえたデザインを提供してくれるので、誰でもゲレンデで上級者に見えます(笑)

また柄物だけでなく、スタンダードな単色のパンツやジャケットも販売しているので、流行に左右されず長く着たい方にもおすすめです。

組み合わせ自由だからゲレンデで被ることがない

出典:OCSTYLE公式サイトより

いくら安くてもゲレンデで被ったら嫌じゃないですか。

でも、上下セットの激安ウェアってけっこう被るんですよね…

OCスタイルならジャケット・パンツのカラーが豊富なので、数百通りの組み合わせが選べます。

これならスキー場で気まずい思いをすることもありません。

抜群の防水透湿性

出典:OCSTYLE公式サイトより

いくら激安でも、安かろう悪かろうでは困りますよね。

OCスタイルのジャケット・パンツは高い防水透湿性を誇ります。

実際ゲレンデで使いましたが、いっさいお尻やひじが濡れることはありませんでした。

ウェアの機能性が高い

専用ウェアなので機能性も充実してます。

【OCスタイルウェアの主な機能】

  • ファスナーガード
  • フードストッパー
  • ハンドゲイター
  • パスケース
  • インナーポケット
  • パウダーガード

これならゲレンデでも快適に過ごすことができますね。

意外と知らないスノーボードウェアの機能まとめてみました!

安心の3年保証

出典:OCSTYLE公式サイトより

スキー・スノボはスポーツなので、滑っているうちにチャックが壊れたり、股が裂けてくることがあるんですよね…

OCスタイルは安心の3年保証なので、一度購入すれば長く着ることができます。

サイズ感が分かりやすい

出典:OCSTYLE公式サイトより

OCスタイルはインターネット専門のウェアブランド。

だからどうしても購入時のサイズ感が気になりますよね…

でもご安心あれ!

販売ページは写真でサイズ感が分かるようになっているので、実際の着丈をイメージしやすいです。

他ブランドとのコラボモデルが充実

出典:OCSTYLE公式サイトより

自社ブランドだけでなく、FILAやクイックシルバー、ロキシーなんかとのコラボウェアも販売してます。

しかも、値段もリーズナブルなので、本家のウェアより購入しやすいです。

キッズウェアも激安

出典:OCSTYLE公式サイトより

大人用だけでなくキッズウェアの数も多く充実してます。

しかも上下セットが7,000円〜と、こちらも激安です。

子どもは成長するとすぐに着れなくなるので、安いウェアで十分ですね。

配送が早い

AM注文で当日の発送、PM注文でも翌日には発送してくれます。

実際、私は日曜日の夜に注文したのですが、火曜日の午前中には届きました!

これなら急に同僚や友達とスキー・スノボへ行くことになっても、旅行日に間に合わせられますね。

※北海道、東北、関東(栃木・茨城)、九州、離島は翌々日以降着になります。

※出荷日は時期により異なる場合があります。

ゲレンデで使ってみた感想→動きやすくて快適!

どうです、おしゃれでしょ?(笑)

実際にゲレンデで使ってみましたが、程よいルーズシルエットで動きやすい!

カービングからパウダーラン・トリック等、すべてのスタイルで快適に滑ることができました。

縫製もしっかりしているので、破ける気がしません。

WEBだと生地がペラペラに見えたんですが、しっかり中綿も入っているので温かいです。

耐久性に関してはもう少し滑ってから追記したいと思います。

OCスタイルのデメリット

出典:スポーツ&スノーボードのOCSTYLE(楽天)

良いことばかり書いてもあれなんでデメリットも追記しようと思ったんですが…正直大きなデメリットってないんですよね(笑)

実際に楽天、アマゾンの評価も非常に高い。

バックカントリー(コース外滑走)でもすると言うなら別ですが…スキー場内で使うだけなら、十分なスペックを有しています。

この値段なら文句の付け所がないです。

それでも「あえて言うなら…」という部分をピックアップしてみました。

■ジャケットにベンチレーションがない

ほとんどのモデルにはジャケット内の空気を循環するためのチャックが付いてないです。

まぁ私はついていてもほとんど使わないですが(暑かったらインナーを脱ぐので…)、気になる方はご注意ください。

■生地やサイズのイメージと実物が違う

まぁこれはOCスタイルに限らずなんですが、インターネットのみの販売なので、ほとんどの低評価は「生地やサイズがイメージと違った」というものが多かったです。

もちろん返品・交換もできるのですが、それでも面倒に感じる方が多いようですね。

OCスタイルは公式サイト・アマゾン・楽天で購入できます

基本的には公式サイトで購入したほうが安いです。

公式サイトで会員登録すれば、常に10%OFFで購入できますからね。

楽天・アマゾンで購入するならポイントアップDAYを狙うと良いでしょう。

私は楽天ポイントを集めているので、10倍ポイントのときに購入しました。

購入できる商品やセール品は公式・楽天・アマゾンすべて一緒なので、単純にご自身が購入しやすいサイトがおすすめです。

OCSTYLE公式サイト

OCSTYLEのウェア(アマゾン)

スポーツ&スノーボードのOCSTYLE(楽天)

ゴーグルなど小物類もコスパ最強

ウェアだけでなくニット帽やグローブなど小物も充実しています。

特にゴーグルは2,970円〜購入できるうえに、機能性も抜群!

実際ゲレンデで使ってみましたが、激安なのにいっさい曇らず快適に過ごすことができました。

ゴーグルのレビューは別記事にしているので、気になる方は合わせて参照ください。

3千円で買える!高機能スキー・スノボ用激安ゴーグルご紹介します!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

  1. 圧倒的な低価格
  2. 流行を押さえたおしゃれなデザイン
  3. 組み合わせ自由だからゲレンデで被ることがない
  4. 抜群の防水透湿性
  5. ウェアの機能性が高い
  6. 驚異の3年保証
  7. サイズ感が分かりやすい
  8. 他ブランドとのコラボモデルが充実
  9. キッズウェアも激安
  10. 配送が早い

特に価格帯を考えれば、コスパ最強のスキー・スノボウェアブランドと言えるでしょう。

スキー・スノボで気軽におしゃれを楽しみたいという方は、ぜひOCスタイルを検討してみてはいかがでしょうか。

ちなみに同じ価格帯としては、ハイマスマニアというブランドもあります。

「他のブランドも検討したい」という方は、関連記事も参照ください。

この記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】

スノボウェア激安ブランドって機能はどうなの?ハイマスマニア買ってみた!

レンタルより安い!?ワークマン商品はスキー・スノボウェアになるか検証してみた!

ベテランスノーボーダーの筆者がおすすめ!おしゃれなスノボウェアブランド15選


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴21年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。