板を購入したらやってみよう!100円でできる超簡単ダリングの方法教えます!【スノーボード】

こんにちは、スノーボード20年以上やっている、らくスノです。

皆さんダリングって聞いたことありますか?

滑るときに使用しない余分なエッジを削ることを「ダリング」と言います。

なぜダリングするのかというと、雪面のちょっとした凹凸に板が引っかかり転倒してしまうからなんです。

自分の実力意外のところで転ぶのは嫌ですよね。

でもご安心ください!

この記事を最後まで読めば、たった100円で簡単にダリングできる方法が分かります!

ダリングとは有効エッジ以外の部分を削ること

滑る時に使用するエッジを「有効エッジ」といいます。

逆にいえば、有効エッジ以外は不要ということになります。

本来の滑走で使用しないエッジを削ぎ落とすためにダリングするわけです。

ダリングしないと転倒しやすくなる

では、使用しないエッジをそのままにしておくと、どんなデメリットがあるのでしょうか?

■エッジが雪面に引っ掛かる

普通に滑っているだけでも、雪面のちょっとした凹凸を拾ってしまい、逆エッジを喰らった時のような状態になります。

■リフト乗車中に他人の板を傷つけてしまう

気をつけていても、リフト待ちやリフト乗車中に他人の板にぶつかってしまうことはあると思います。

でも、ダリングしてないと、ぶつかった時に他人の板を傷つける可能性があります。

■ジブ・プレス系トリックで引っ掛かる

ジビング(レール、BOXなど)やグラトリのプレス系トリックで、エッジが引っ掛かりやすくなります。

私自身も経験がありますが、ダリングをしてないと急ブレーキをかけたような状態で転倒するので、とても危険です。

100円でできる簡単ダリングの方法とは

では、実際にダリングしてみましょう。

まず、100円均一で金属用のサンドペーパーを購入してください。

私はダイソーで買いましたが、粗目と細目が複数枚入ったものは、どこの100均でも購入できます。

実際に削る部分を測ってみよう

100円均一でサンドペーパーを購入したら、滑走で使用しない不要なエッジを削ってみましょう。

前述の通り、板のノーズ(先頭)・テール(後方)部分が不要なエッジとなります。

床に置いたとき、反り上がりから指一本分外側が削り始めの目安となります。

ロッカーボードは、床に置いた時点で浮き上がっていると思います。

その場合は、しっかり床に押さえつけてから反り上がりの目安を測りましょう。

日本一わかりやすい!スノーボード板の形状や各スペックの特徴を詳しく解説します

削る部分を測ったら、マスキングテープなどで目印をつけます。

粗目のサンドペーパーで削ろう

削る部分を決めたら、100円均一で買ったサンドペーパーでエッジを落としていきます。

まずは#240~#400くらいの粗目のサンドペーパーで磨きます。

購入時のままだと磨きづらいので、適当なサイズに切ってください。

半分に折ると、滑らず磨きやすいですよ。

イメージとしては、図のようにとがったエッジを丸くする感じです。

最初は恐る恐るだと思いますが、どちらにしても使わない部分なので大胆に削っても大丈夫です。

ただし、反り上がり付近のエッジだけは削り過ぎに注意してくださいね。

細目のサンドペーパーで仕上げ磨き

【GIF】

そのままでも大丈夫ですが、最後の仕上げ磨きとして#800~#1200のサンドペーパーを使用してもよいでしょう。

ノーズ(先頭)とテール(後方)それぞれダリングしたら完了です。

床に金属の削りカスが散乱します。

屋内でダリングする場合は新聞紙を敷くなどしてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

そもそもダリングを知らないとか、難しそうなんて思っていませんでしたか?

たった100円で、エッジの引っ掛かりがなくなるなら安いもんですよね。

私もエッジがレールに引っ掛かって大転倒したことがあります。

事故を防止する観点からも、必ずダリングしましょう!

この記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】

ブーツを買ったら防水スプレーしよう!使用済みブーツの撥水能力が高くなる方法も伝授します

初心者でも簡単!たった200円で本格的なワックスができる方法

オフシーズンのスノーボード道具正しい保管方法教えます


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴20年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!




板、ブーツ、バイン、ウェア、小物…
20-21シーズン最新スノーボードギア270ブランド大特集!

スノボ歴20年の私らくスノが厳選した、2020-21シーズンの最新スノーボードギア270ブランドを集めてみました!デザイン?それとも機能?ゲレンデに行く前に最新のギアをチェックしてライバルに差をつけよう!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴20年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。