スノボのセットバックって何?→重心を後ろにずらすことで浮力やコントロール性能UP!

※本ページは広告が含まれています。

こんにちは、元スノーボードインストラクターの、らくスノです。

セットバックとは重心を板の後方にずらすことで、浮力やコントロール性能をアップさせるセッティングのこと。

ただし、スイッチスタンスですべりづらくなるというデメリットもあります。

今回はセットバックのメリット・デメリットやセッティング方法について詳しく解説したいと思います。

この記事を最後まで読めば、ご自身がセットバックすべきか分かるようになりますよ!

スノボのセットバックとは→重心を後ろにずらすこと!

セットバックとは重心を板の中心から後ろへずらすセッティングのこと。

ビンディングを後ろへずらすことで「乗る位置が変わる=重心が変わる」というわけです。

セットバックのメリットは浮力やコントロール性能がアップすること

セットバックすると浮力やコントロール性能がアップします。

  • スノーボードは重心が後ろにあったほうがコントロールしやすい
  • 板のノーズ(先頭)の面積が広がるうえに後傾になるので、パウダーで浮きやすい

ボード操作に慣れてない初心者の方はもちろん、カービング・パウダーランメインの方にもおすすめのセッティングです。

デメリットはスイッチスタンスで乗りづらくなる

セットバックのデメリットはスイッチスタンスで乗りづらくなることです。

スタンスが逆になると短いほうが先頭になり、浮力やコントロール性能が落ちますからね。

パークやグラトリ、ラントリなどスイッチスタンスを多用される方には不向きなセッティングです。

セットバックのセッティング方法→左右のネジ穴を後ろにずらすだけ

セットバックのセッティングはとても簡単。

左右のビンディングのネジ穴を、同じ数だけ後ろにずらせばいいだけです。

スタンス幅が変わってしまうので、片方だけずらさないようにしましょう。

ビンディングのディスクを横軸にすると微調整もできる

ネジ穴だけだと、大まかなセッティングしかできません。

微調整をしたい場合は、ビンディングのディスクを横軸にして設置してみましょう。

フラックスの場合、0.5〜2cmの間で調整できます。

たとえば「カービング7:グラトリ3の割合で滑走する」 なんてときは、少しだけセットバックを入れて、ややカービング寄りのセッティングをしてみても良いですね。

日本一分かりやすい!スノーボードバインディングの付け方、外し方教えます

当日のコンディションに合わせてセットバックを入れてみる

上級者になると、

  • 当日パウダーデイならセットバックを入れる
  • 当日カリカリバーンならセットバックを入れない
  • 午前中のコンディションが良いときだけセットバック、午後はセンターに戻してグラトリ練習

なんて使い分けている方もいますね。

ドライバー1本で変えられるので、コンディションに合わせて調整してみるのも面白いですよ。

もともとセットバックが入った板もある(ディレクショナル)

スノーボードにはディレクショナルとツインというボードが存在します。

最初からセットバックが入っているのがディレクショナル、セットバックが入ってないのがツイン

カービングボードやパウダーボードにはディレクショナルボードが多いです。

さらに間を取ったディレクショナルツインというボードも存在します。

詳しく知りたい方は、以下の記事も参照ください。

日本一わかりやすい!スノーボード板の種類・形状をくわしく解説します

バインディングのスタンス幅や角度の決め方

セットバックとともに重要なのがスタンス幅です。

セッティング位置を間違えると上達の妨げや怪我の原因になることもありますからね。

でも、よく「スタンスは肩幅を基準に!」なんて言われますが、そもそも自分の肩幅ってわからないですよね(笑)

ご安心ください、わざわざ肩幅を測らなくても基準値を知る方法があります。

身長×0.32を計算してみてください。

簡単にスタンス幅の基準値が分かりますよ。

例)170cm×0.32=54.4cm(最適なスタンス)

私の身長は170cmなので、54cm前後がスタンス幅の基準値になります。

以下の記事ではスタンス幅の決め方について、専門用語を一切使わず日本一分かりやすく解説しています。

スノボ初心者でも簡単!バインディングのスタンス幅の決め方

まとめ

  • セットバックとは重心を板の中心から後ろへずらすセッティング
  • セットバックすると浮力やコントロール性能がアップ
  • デメリットはスイッチスタンスで乗りづらくなる
  • セットバックのセッティング方法→左右のネジ穴をずらすだけ
  • 最初からセットバックの入ったディレクショナルボードがある

セットバックは完全に好みの問題なので、カービング・パウダーメインでも入れてなかったり、逆にパークメインでも入れてたりします。

どちらが良い悪いということはないので、ぜひご自身で色々なセッティングを試してみてください。

【関連記事】

【スノボ】ビンディング角度のおすすめは?アングルの決め方教えます!

劇的に滑りやすくなる!バインディングのセッティング方法教えます

これから購入する方必見!スノボバインディングの機能・スペックの違いを徹底解説します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴22年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。