【スノーボード】ハンマーヘッドの特徴やボード選びのコツ教えます!

こんにちは、20年以上スノボやっている元イントラの、らくスノです。

カービングにハマってくると「今度はハンマーヘッドに乗り換えてみようかな?」なんて考える方も多いと思います。

でも、カービングといえばハンマーヘッドってイメージがあるけど、ラウンドボードと比べて何が違うのかイマイチ分かりませんよね。

それこそメリット・デメリットをしっかり理解してないと、購入後に後悔することも…

今回はカービングにハマってきたボーダーのために、ハンマーヘッドの特徴や購入のコツについて分かりやすくお話したいと思います。

この記事を最後まで読めば、きっと自分にあったハンマーヘッドボードを選ぶことができるようになりますよ。

ハンマーヘッドはレングス(全長)に対してより有効エッジを極限まで伸ばしたボード

ハンマーヘッドとは、簡単に言えばレングス(全長)に対して有効エッジを極限まで伸ばした板のこと。

たとえ同じ有効エッジ長でも、ラウンドトップだとレングスが長くなり動きが鈍重になってしまいますからね。(単純に板が重くなってしまう)

ハンマーヘッドはノーズ・テールを短くすることで、有効エッジの最大化とスイングウエイトを軽減を実現。

同サイズのラウンドボードでは味わえないハイスピードでキレのあるカービングができるようになります。

実際私も初めて乗ったときは「こんなに体を倒せるんだ!」なんて驚いたものです。

ハンマーヘッドは雪面のコンディションに影響されやすい

ハンマーヘッドも良いことばかりではありません。

一番のデメリットが雪面のコンディションに影響されやすこと。

実はラウンドボードのキック部分(反り上がり)は、深雪でもノーズが埋まりにくいようにできています。

しかし、キックが短いハンマーヘッドは深雪やコブに弱く、ちょっとした凹凸でも転倒のリスクがあります。

よくハンマー乗りの方は「ノーズが刺さる」なんて言いかたをしますね。

またラウンドボードよりもクセが強く、ノーズから踏み込んでいくような荷重をしないとうまく角付けできません。

…ここまでの話だけだと、なんだかハンマーヘッドを購入するのが不安になりますよね。

でも、大丈夫です!

次項からは失敗しないハンマーヘッドの選び方のコツについてお話したいと思います。

ハンマーヘッドの選び方5つのコツ

出典:モススノーボード

ハンマーヘッドはモデルごとの特徴を理解するだけで、デメリットをある程度補うことが可能です。

具体的には下記の5項目をチェックしてみてください。

  • フレックス
  • サイドカーブ
  • メタル・カーボン
  • テーパード
  • ウエスト

次項から順番に解説していきます。

フレックス(板の硬さ)

ハンマーヘッドもラウンドボード同様、フレックスにより乗り味が変わります。

  • ソフトフレックス…踏みやすく角付けしやすいものの、安定感に欠ける。
  • ハードフレックス…角付けは難しいが、荒れたバーンでも安定したカービングができる。

初めてハンマーヘッドに乗る方は、柔らかいフレックスのほうがおすすめですね。

サイドカーブ(R)

  • サイドカーブ(R)が深い…ターン弧が小さくなり曲がりやすいものの、雪面からの抵抗が強くスピードが出しづらい。
  • サイドカーブが浅い…雪面からの抵抗が弱くスピードが出やすい反面、ターン弧が大きいので細かいターンがしづらい。

ボーダーの志向にもよるのでどちらが良いということはありませんが、検定向きなのは深いカーブがあるボード、フリーカービングを楽しみたいなら浅めのサイドカーブがおすすめです。

メタル・カーボン

通常のスノーボードはウッドベースですが、ハイエンドモデルになるとメタルやカーボンが入る場合があります。

カーボンは反発や振動吸収性能が高くなり、メタルはボードの強度を上げてより深いエッジラインが刻めるようになります。

しかし、メタル・カーボン入りボードは全体的に硬いため、軽快さに欠けるというデメリットもあります。

この辺りもどちらがいいというより好みの問題ですが、初めて購入するならメタルやカーボンが無いほうが扱いやすいと思います。

テーパード(テールよりノーズが太い)

出典:BCストリーム

テールよりノーズが太くなっているボードをテーパードといいます。

テーパードはしっかり踏めるとノーズから深くえぐるようなエッジラインを刻むことができ、さらに抜けがいいのでターンアウトもスムーズです。

しかし、ノーズの角付けが甘いとテールでのリカバリが難しいほか、そもそもターンインにコツがいるというデメリットがあります。

こちらも好みの問題なのでどちらがいいということはありませんが、最初に乗るならテーパード無しか浅めのモデルがおすすめです。

ウエスト

  • ウエストが太い…角付けしやすい反面、ターンの切り替えがもたつきます。
  • ウエストが細い…ターンの切り替えがスムーズな反面、角付けが難しくなります。

個人的には最初は太いウエストのほうが乗りやすいと思います。

また、太いウエストはドラグの防止にもなるので、足のサイズが大きい方にはおすすめです。

スノーボード板のワイド(横幅)からブーツがはみ出ても良いの?ドラグの疑問にお答えします!

カービングにはセミハンマーボードもおすすめ

出典:BCストリーム

ここまで読んで「ちょっとハンマーヘッドは敷居が高い…」なんて思った方も多いのではないでしょうか。

そんな方にはセミハンマーボードがおすすめです。

ラウンドボードの軽快さ、荷重のしやすさと、ハンマーヘッドの有効エッジ、スピード感を合わせ持ったいいとこ取りの板に仕上がっています。

実際オガサカFC、BCストリームR-2、モスRRRなど、有名ブランドのフラッグシップモデルはすべてセミハンマーボードになっています。

カービングにおすすめの板は下記の記事にまとめておりますので、合わせて参照ください。

元イントラが厳選!ガチ勢におすすめのカービング板10選

まとめ

なんとなく「カービング=ハンマーヘッド」なんてイメージをお持ちの方も多いと思います。

でも、実際はメリット・デメリットがあるので、けっして万人向けのボードとは言えないのです。

だからこそ、まずは試乗会やレンタルで、自分のイメージするカービングができるかどうか試してみることをおすすめします。

また購入する際は各モデルのスペックを理解して選ぶと失敗がありませんよ。

中上級者向けの板選びのコツについては下の記事にまとめてますので、失敗したくないという方はぜひ参照ください。

中・上級者向け正しいスノボ板の選び方!スペック表の見方も教えます

【関連記事】

日本一わかりやすい!スノーボード板の形状や各スペックの特徴を詳しく解説します

元イントラが厳選!バッジテストにおすすめのテクニカルボード10選


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴22年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。