メルカリで出品したスキー・スノボの板はどうやって発送するの?高額で売るコツは?

こんにちは、20年以上スノーボードやっている、らくスノです。

スキー・スノーボードの板を処分する際、一昔前ならリサイクルショップか粗大ゴミに出すくらいしか選択肢がありませんでした。

でも、今はフリマアプリで売ることができますよね。

特にメルカリの場合、相場より高く売れることもあるので、興味がある方も多いと思います。

しかし、「どうやって発送するの?」「送料は?」なんて疑問もありますよね。

あらかじめ梱包方法や発送料金まで把握してないと、売上がなくなってしまうことも…

今回はメルカリで売却した板を発送する方法や高額で売るコツについてお話したいと思います。

この記事を最後まで読めば、もう発送で戸惑ったり損することはありません!

メルカリでスノーボードギアを売却する手順

まずは、メルカリでスキー・スノーボード板を売却する手順についてお話したいと思います。

①出品する

当然ですが、まずは出品しないと始まりません。

②送り状番号を発行する

出典:メルカリより

売却が決まり、購入者の入金が完了したら送り状番号を発行します。

メルカリの場合、ヤマト運輸と提携した「らくらくメルカリ便」というサービスがあります。

アプリの画面内で発送方法を選ぶと自動で手配が完了するのでとても楽ちん。

もちろん、宛名書きの必要もありません。

③出荷する

出典:メルカリより

発送は下記の方法から選ぶことができます。

  • コンビニ(セブンイレブン・ファミマのみ)
  • 自宅引き取り(送料が+30円になります)
  • ヤマトの営業所持ち込み
  • 宅配ボックス

全国送料一律なので、送料出品者負担の場合も購入者の住所を気にする必要はありません。

アプリの送り状ナンバーを見せれば出荷は完了。

商品の配達が完了し、購入者から受取評価をもらったら取引終了です。

郵便局やローソンで発送可能なゆうゆうメルカリ便は100サイズ以上の郵送はできません。ですので、100サイズ以上のスキー・スノーボードを送付する場合は、らくらくメルカリ便一択になります。

スキー・スノーボードの梱包・発送方法

出典:メルカリより

スキー・スノーボードの場合、問題は発送方法ですよね。

メルカリはヤマト運輸と提携していますが、縦×横×高さ3辺の合計が160cm・25kg以内でないと大型荷物扱いになります。

重量はともかく、スキー・スノーボード板は3辺の合計が160cmを超えることもありますよね…

でも安心してください!

ヤマト運輸にはスキー・スノーボード便というサービスがあります。

専用カバーを購入すれば、160サイズをオーバーしても規定サイズとして宅配してくれるのです。

■カバーの購入方法

専用カバーにさえ入れば規定サイズとして1,600円で出荷できます。※ただし、重量は25kg以内

スキー・スノボカバーは3種類

ヤマトで購入できるスキー・スノボカバーは3種類あります。

  • スキー板カバー(H33×W215cm)250円
  • スノーボードカバー(H55×W175cm)530円
  • スキー・スノーボードマルチカバー(H84×W246cm)320円

どのカバーで出荷しても送料は一緒です。

板を単体で送る場合は、スキー・スノーボードカバーが便利。

スノーボードカバー内は緩衝材が入っているので、ソールカバー無しのエッジむき出し状態でも出荷は可能です。

もちろん25kg以内なら、バインディングつけっぱなしでもOK!

ただし、宅配時に破損する可能性も否定できません。

それに梱包が雑だと購入者から低評価を受ける原因にもなります。

ソールカバーが無いならプチプチなどで巻いてあげるとより親切ですね。

スキー・スノーボードマルチカバーは上下をヒモで結ぶタイプ。

スキー・スノーボードカバーよりも大きいので、ボードケースごと発送する際は便利です。

ヤマトの専用カバーに入れないと既定料金にならない

出典:たのメル便

繰り返しになりますが、ヤマトの専用カバーに入れないと既定料金(160サイズ1,600円)になりません。

  • 自分で袋を買ってきて梱包
  • ダンボールに梱包

上記の場合は大型荷物になるので、たのメル便というサービスでの発送になります。

たとえば3辺の合計が200サイズの板をたのメル便で出荷すると、送料が5,000円もかかります。

結果的にヤマトの専用カバーを買って、らくらくメルカリ便で送付したほうが安上がりだということですね。

※ちなみに料金に関係なく、ソールカバーやボードケースだけでは発送できません。

メルカリで相場より高く売る7つのコツ

続いては、メルカリで売却するときのコツについてお話したいと思います。

スキー・スノボ以外の商品もそうですが、ちょっと工夫するだけでより高額で売れやすくなります。

セット販売がマスト

大前提として、メルカリで購入するのはほとんどが初心者の方。

ボードやビンディングを単品で出品するよりもセット販売の方が売れます。

また、ワックスやセッティングまでした状態の方が、購買欲をそそりますね。

※その場合は、必ず「ワックス・セッティング済み、すぐ乗れます!」など商品説明欄に記載しましょう。

写真はできる限り多く掲載する

メルカリは商品写真を10枚まで載せることができます。

商品全体を撮影したメイン写真だけではなく、個別のアイテムもアップしましょう。

写真が多いほど、購入者も安心します。

特に破損箇所があれば、細かく接写することをおすすめします。

必ずブランドとモデル名をタイトルに入れる

タイトルにブランドとモデル名を入れると、購入者の目にとまりやすくなります。

中には「バートン」など指名検索する人もいるので、特に有名ブランドなら記載すべきですね。

商品説明や状態は細かく記載する

前述のように、購入はほとんどが初心者の方です。

年式、サイズ・モデル、定価、状態はもちろん、どういったブランドなのかも記載してあげると親切です。(グラトリボードとして有名なブランド等…)

スノーボードは消耗品である以上、ある程度のキズは仕方がありません。

写真とともに傷の箇所を細かく記入すれば、購入者の方も安心しますよ。

また、詳細を記入するとキーワード検索に引っかかる可能性もあるので、販売するうえで有利です。

相場は他の出品者を見て確認

相場がわからない場合は、他の出品者や売買契約済みの商品を参考にしましょう。

ブランドで検索すれば大体の相場観は分かると思います。

送料は出品者負担がマスト

基本的に送料は出品者負担にしましょう。

小型の商品と違い、大型のスキー・スノボは送料がどのくらいかかるかわからないため、購入者が二の足を踏んでしまいます。

シーズン中が一番高値で売れる

これは、経済理論と全く一緒なんですが、欲しい人が多ければ値段が上がります。

ですので、需要が高まる11月~1月くらいを目処に販売することをおすすめします。

逆に需要が少ないオフシーズンに販売しても、高額で売れません。

無理やりオフシーズンに売るくらいなら、シーズンインまで保管しておくといいですよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

最後に今回の記事をまとめてみたいと思います。

①メルカリでスノーボードギアを売却する手順

  1. 出品する
  2. 送り状番号を発行する
  3. 出荷する

②出荷方法は4つ

  • コンビニ
  • 自宅引き取り(送料が+30円になります)
  • ヤマトの営業所持ち込み
  • 宅配ボックス

※全国送料一律

③スキー・スノーボードの梱包・発送方法

  1. 専用カバーを購入する
  2. 専用カバーは3種類ある
  3. カバーに入れないと大型荷物扱いになる

④スノーボードギアを高く販売するコツ

  1. セット販売がマスト
  2. 写真は出来る限り多く掲載
  3. ブランドとモデル名をタイトルに入れる
  4. 商品説明や状態は細かく記載
  5. 相場は他の出品者を見て確認
  6. 送料は出品者負担
  7. シーズン中に出品する

 

この記事を書いたきっかけも、「そもそもボードってどうやって出品・発送するの?」という疑問からでした。

はっきり言ってスキー・スノーボード板は発送がちょっと面倒(笑)

とはいえ、リサイクルショップだと言い値になってしまうので、少しでも高く売りたいならメルカリがおすすめですね。

不要になったスキー・スノーボードギアは、メルカリで販売してみてはいかがでしょうか?

この記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】

フリマアプリ?粗大ゴミ?不要になったウェアやスノーボード道具を処分する6つの方法まとめてみた

メルカリも注意!?知らなきゃ損するスノーボードギア中古購入の落とし穴とは

そんなに大事なものだったの!?スノーボード保証書の重要性とは


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴20年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴21年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。