知らなきゃ損する!スノーボード板、中古購入の落とし穴

スポンサーリンク

こんにちは、らくスノです。

「自分の板を購入したいけど、新品は高いし中古買おうかな?」

「ブランド物も新品は高いけど中古なら安く買えますよね?」

確かに車や家電など中古の商品はたくさんありますが、ことスノーボードに関してはおすすめできません。

この記事ではスノーボード中古購入に潜む注意点についてお話しします。

言うほど安くない

今までプロショップや大手の中古品販売店などいろいろな中古品を見てますが、状態や年式に比べて随分高い印象です。

曲がりなりにも15年以上スノーボードの道具を見ている私がなかなか掘り出し物を見いだせないのに初めて板を購入される方が良いものを買えるでしょうか。

なんかテレビ東京のなんでも鑑定団みたいですが(笑)今はブランドのエントリーモデルが新品でも割と安く買えます。

また私が安いものを狙うなら3点セットをオススメします。

滑れない?壊れやすい?スノーボード3点セットの疑問に答えます!

前オーナーの使い方や保管状態がわからない

以前のオーナーがどういった保管方法をしていたかわからない以上、とんでもない商品を掴まされるリスクがあります。

例えば前のオーナーが庭にある物置に放置したままだったとしましょう。

スノーボードはデリケートなので、温度変化や経年劣化で変形している可能性があります。(業界用語で言うヘタるという現象です)

ソール部分(雪に接する部分)も痛んでる場合がありますね。そうなると元に戻すにはチューンナップが必要です。

また、私が驚いたのは、以前エッジが無い全ダリされた板が(車で言ったらタイヤがないようなもの)堂々と売られてました。

おそらく前オーナーがオフトレ施設などで使ったものを売り払い、知識のない業者が買い取ってしまったんでしょう。

そういった板の状態をビギナーの方が見分けられるでしょうか。少なくても新品を買えばそういったリスクはありません。

メルカリ・ヤフオクはどうですか?

中古販売の業者と違って、個人で直接取引できるメルカリやヤフオクは確かに掘り出し物も見つけやすいです。

ただし、当然状態が良いものはライバルも多いです。競り合うと結局高い買い物になる可能性があります。

また前項で説明した通り管理状態が分からないのでリスクは伴います。

メルカリ・ヤフオクやリサイクルショップでスノボ中古ギアを買うときの注意点は?

それでもあえて中古を購入するなら?

それでも中古を探すならコツがあります。

それはシーズン終了前後から探す事です。

だいたい4〜5月くらいでしょうか。なぜこの時期が良いかと言うと人間心理に関係があります。

まず売る側の心理としては、

「シーズンも終わったし、古いものは売って来シーズン新しいの買おう」とか

「今シーズンは一回も乗らなかった。タンスの肥やしになるなら売ってしまおう」とか

売りに出やすくなります。

逆に買い手側としては、当然シーズン終わりに板を購入する人間は少ないのでライバルが少ないです。

まとめ

・掘り出し物は見つかりづらい

・保存状態が悪い場合がある

・ヤフオクは掘り出し物が見つかる場合もあるがライバルも多い

・どうしても中古購入する場合はシーズン終わりころを狙う

最後に…

いかがだったでしょう。

スノーボードはスポーツですので、一般的に車や家電を購入する感覚とは違います。

また、洋服のようにビンテージという考えもありません。

どれだけ丁寧にメンテナンスしても作ったその日から劣化していくのです。

制作年が古いほどスノーボードとしての価値は下がります。

もし中古を買われる方がいらっしゃったら上記の点を注意して購入していただければと思います。

参考になれば幸いです。

 

こちらの記事も人気です。

最新スノーボード板人気80ブランド大集合!【おすすめ】


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴18年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!




板、ブーツ、バイン、ウェア、小物…
18-19シーズン最新スノーボードギア270ブランド大特集!

スノボ歴18年の私らくスノが厳選した、2018-19シーズンの最新スノーボードギア270ブランドを集めてみました!デザイン?それとも機能?ゲレンデに行く前に最新のギアをチェックしてライバルに差をつけよう!




スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴18年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。