ファナティックとFNTCの違い→FNTCはグラトリ・ラントリに特化したブランド

※本ページは広告が含まれています。

こんにちは、20年以上スノーボードやっている元イントラの、らくスノです。

結論からいえば、FNTCはドイツ生まれのファナティックを日本にローカライズしたグラトリ・ラントリ特化ブランドです。

そしてローカライズの中心となるのが、大人気You Tubeチャンネル「スノボー先生」で動画を配信しているタッキーさんです。

今回はファナティックとFNTCの違いやフラッグシップモデルTNTについてお話したいと思います。

この記事を最後まで読めば、なぜFNTCがこれほど売れているかお分かりいただけると思いますよ。

ファナティックとFNTCの違い→グラトリ・ラントリに特化している

ファナティックはオールマウンテンやパークボードを多数販売している人気ブランドです。

もちろんグラトリができないことはないですが、そもそも日本のグラトリ・ラントリシーンなんて意識して作ってません。

サイドカーブやフレックス・トーションなど、グラトリ独特の刺し・弾き・乗りといった動きに対応しづらい。

その点、FNTCはタッキーさん自身が開発に関わっているので、グラトリ・ラントリ特化の板に仕上がっているというわけです。

オーリーゾーンが広く跳びやすい

FNTCがグラトリ・ラントリ向けに作られている具体例をお話しましょう。

ファナティックのボードはオーリーのタイミングがピンポイントなので、グラトラーには扱いづらいものでした。

しかし、FNTCはオーリーゾーンが広めに設定されているので、とにかく跳びやすい。

多少ボードを弾くタイミングがずれても、しっかり高さのあるオーリーができます。

プレストリックが踏みやすい

FNTCはグラトリ・ラントリ特化のフレックスバランスです。

センターは板をしならせやすいよう柔らかく、ノーズ・テールは板を曲げたときに安定感が出るよう硬めに設定。

さらにノーズ・テールのキック(反り上がり部分)を直線的にすることで、板が斜めになっても安定する形状になってます。

だからファナティックのボードに比べ、プレストリックが圧倒的にメイクしやすいのです。

脚力の弱い女性や運動が苦手な方でも乗れる板がFNTC

FNTCは初心者はもちろん、脚力の弱い女性や運動が苦手な方でも簡単にグラトリできるよう設計された板なんです。

ライダー目線ではなく、ひたすら初心者目線で作られたボード。

タッキーさんは日頃からグラトリレッスンしているので、初心者の方がどこでつまずくのか、どうすればやりやすくなるのか熟知しています。

その経験がFNTC開発に生かされているのです。

FNTCは商品説明が丁寧なので購入してから後悔することがない

もう一つ、FNTCとファナティックが決定的に違う点があります。

それは商品説明がとにかく丁寧だということです。

タッキーさんは登録者数10万人超えの大人気You Tubeチャンネル「スノボー先生」で動画を配信してます。

そのチャンネルの発信力を活かし、FNTCのスペック説明や滑走動画を多数アップ

ユーザーは「FNTCはこんな滑りができるんだ!」と納得して購入するから、悪い口コミが一切ないのです。

カタログ表記が分かりやすい

出典:FNTCホームページ

ユーザーに寄り添った商品説明はカタログにも現れています。

なんとボード重量や推奨体重まで記載されているのです。

ここまで詳しく表記しているブランドはほとんどありません。

初心者の方はそれだけでも購入時の不安が解消されますよね。

ファナティックとFNTCの共通点はハニカム構造

出典:FNTCホームページ

逆にファナティックとの共通点もあります。

それはハニカム構造です。

センターにハニカムと呼ばれる蜂の巣構造を採用。

これによって、

  • 軽量化
  • バタつきの防止
  • 反発力

3つの効果が得られるようになりました。

親ブランドであるファナティックの技術を共有できる

ハニカム構造をはじめとする技術面や仕入れなど、親ブランドであるファナティックと共有しているので、高機能・低価格を実現しています。

日本で一番売れているグラトリボード!TNTのラインナップは3種

 グラトリ(回転)グラトリ(プレス)カービング安定感
TNT-R
TNT-C
TNT-L

日本で一番売れているグラトリボード。

FNTCのフラッグシップモデル、TNTを紹介します。

TNTは3種類のラインナップがあります。

  • TNT-R…低速グラトリ向き
  • TNT-C…カービング・ラントリ向き
  • TNT-L…万能型

次項から詳しく解説します。

TNT-Rはグラトリがやりやすい

created by Rinker
¥64,900 (2024/06/16 06:28:25時点 楽天市場調べ-詳細)

Rはダブルキャンバーと呼ばれるシェイプで、引っ掛かりが少なくとにかく回しやすい。

しかもグラトリの天敵、逆エッジを軽減してくれる効果もあります。

特に低速域でのグラトリがメインのボーダーならRがおすすめです。

ただし、グリップ力はTNTのラインナップでは一番弱いので、カービングやラントリは不得意なボードです。

TNT-Cはカービング・ラントリに特化したボード

created by Rinker
¥32,450 (2024/06/16 17:59:51時点 楽天市場調べ-詳細)

TNTの人気が爆発したこともあり、さらにボーダー趣向に合わせてTNT-Cがラインナップに加わりました。

TNT-Cは既存のTNT-Rに比べカービングに特化した板になっています。

形状が可変キャンバーなのでRよりグリップ力が高く、どちらかといえばラントリ志向の方にぴったりですね。

カービングやリバースターンを織り交ぜながらのラントリ志向の方ならCで間違いありません。

TNT-Lは万能型のボード

created by Rinker
¥31,900 (2024/06/16 07:38:51時点 楽天市場調べ-詳細)

23-24シーズンから新たにTNT-Lが仲間に加わりました。

TNT-Rよりアーチが深いローダブルキャンバーと呼ばれる形状は、グリップ力が高くカービングもバッチリ。

さらに回転系・プレス系のグラトリもやりやすい万能な板に仕上がっています。

「高速ラントリも低速グラトリも楽しみたい!」という欲張りなボーダーにピッタリの板です。

人気ライダーさん達に聞いた!おすすめのグラトリボード16選

先日神立で行われた試乗会に行ってまいりました。

人気のスプレッドはもちろん、GT、クロージャ、FNTCなど…人気ライダーさんに聞いたおすすめのグラトリボードを取材したので、気になる方は合わせて参照ください。

人気ライダーさん達に聞いた!おすすめのグラトリ板16選

まとめ

FNTCはファナティックをローカライズしたブランドなので、圧倒的におすすめなんです。

そもそも欧米は雪質も違えば、グラトリ・ラントリ文化も熟成してません。

だから、日本のシーンに特化したFNTCを選ぶべきなんですね。

しかもタッキーさんはYou Tubeでどんな人に向いてるか明示してくれてます。

ぜひ動画を見て、ご自身が納得したうえで購入いただければと思います。

【関連記事】

人気ライダーさん達に聞いた!おすすめのグラトリ板9選

本気で上達したいグラトリ女子必見!ベテランスノーボーダーの筆者がオススメするレディース用グラトリ板10選

えっこんなに軽いの!?ベテランスノーボーダーの筆者がおすすめするグラトリ用の軽量な板10選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴22年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。