超簡単!フロントサイドボードスライドは○○するだけで劇的にカッコよくなるよ【グラトリ】

スポンサーリンク

こんにちは、らくスノです。

さぁボーナスも入ったし、今年はどんなギアを買おうかな♫

でも、道具を買ってしまうと、ゲレンデに行くお金がなくなってしまうんですよね(笑)

らくスノ
う~ん、究極の選択…悩ましい

というわけで、以前バックサイドボードスライドのハウツーに関する記事をUPしたんですが、今回も簡単にできるグラトリ、フロントサイドボードスライドを紹介したいと思います。

フロントサイドボードスライドとは

フロントサイドボードスライドとは、GIFのように進行方向におしりを向けて滑るトリック。

そう、なんのこっちゃない山側を向いて止まるのと同じ動作なんです(笑)

これで片足を浮かせるとノーズプレス、またはテールプレスと言う技になりますが、それだとまた難易度が上がってしまうので、今回は誰でもできるグラトリとしてフロントサイドボードスライドを解説します。

フロントサイドボードスライドのコツは?

 

 

トリック自体のコツは、「逆エッジに注意してね」っていうくらいしかありません。

らくスノさん、もっと真剣に教えてよ!
らくスノ
いえいえ、本題はこれからです

前項でもお話した通り、技自体は山側を向いて止まるのと同じ動作なので、単純にスライドさせただけではトリックやってる感がありません。

しかし、少しの工夫でカッコ良く見せるコツがあるんです。

ずばり、ポイントは上半身のひねり!

まずは後ろを向きます。

この時点では山側を向いて止まる動作と変わりませんが、ここからがポイント!

上半身をひねって、顔を正面に向けてますね。

どうです、これだけで印象がガラッと変わるでしょ!?

実はスノーボードのフリースタイルって、フロントサイドボードスライドに限らず上半身の見せ方ってすごく大事なんです。

同じ技でも上半身の動きでまったく違うトリックに見えるんですが、これがスノーボードで言うスタイルなんですね。

これからグラトリがもっと上手くなりたいと思っている方は、下半身だけでなく上半身も意識して練習してみましょう。

グラトリ誰でも読むだけで上手くなるコツ、そっと教えます!

イメトレしてみよう!

他の記事でも書いてますが、グラトリが上手くなるコツはイメトレが8割だと思ってます。

ゲレンデへ行く前に、ある程度頭と体にトリックの動きを叩き込んでおきましょう。

複雑な技ほど、いきなりゲレンデで試してもできるようにはなりませんので、まずはマスターしたいトリックの動きをイメトレしてみて下さい。

マスターするためのヒント

先ほどのGIFのように、体を後ろに向けると同時に上半身をひねることができれば良いのですが、簡単そうに見えてこれが意外と難しい。(逆エッジくらったりとか…)

まずはフロントサイドボードスライド、要は体を横に向けることに集中して、そのあとゆっくり体をひねります。

逆エッジの恐怖心が抜ければ、そのうちスムーズに体をひねってスタイルを出すことができるようになると思いますよ。

 

正直、グラトリでやるにはかなり地味なトリックですが(笑)この動きはそのままジブなどでも応用可能なので練習して損は無いです。

また、グラトリで慣れてきたらコースの壁でやってみてください。

高速で壁に侵入して、スプレー(雪煙)を上げながらボードスライドやられた日には…カッコ良すぎます!

ぜひ、いろいろなシチュエーションでチャレンジしてみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

前回のバックサイドボードスライドに引き続きとっても簡単な技ですので、ぜひ気軽に試してみてください。

超簡単にできて、いろいろ応用できるグラトリ技教えます!【初心者の方おすすめ】

また、こんな簡単な技でも、2つ極めるとコンボトリックを発動する事ができます。

グラトリのアイデアは無限大ですので、いろいろ技を覚えたらオリジナルのコンボを作って遊んでみてくださいね!

この記事が参考になれば幸いです。





板、ブーツ、バイン、ウェア、小物…
18-19シーズン最新スノーボードギア270ブランド大特集!

スノボ歴18年の私らくスノが厳選した、2018-19シーズンの最新スノーボードギア270ブランドを集めてみました!デザイン?それとも機能?ゲレンデに行く前に最新のギアをチェックしてライバルに差をつけよう!




スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴18年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。