【グラトリ】カービングスラッシュのコツはオッパッピー!?簡単にメイクする方法教えます

スポンサーリンク

こんにちは、らくスノです。

年末からの寒波の到来はスノーボーダーには嬉しい限りですが、初心者の方には厳しいコンディション。無理に滑ろうとせず、温泉に入りながら雪国旅行を楽しんでくださいね!

というわけで、スノボハウツーなのに滑ることを勧めないのがこのブログのいいとこなんですが(笑)

らくスノ
ゆる~くやらせてもらってます

今回は、カービングスラッシュのコツについて解説したいと思います。

カービングスラッシュとは

カービングスラッシュとは、トゥーエッジターン(つま先側でターン)するとき、雪のスプレーを巻き上げる技です。

まるでサーフィンをしているかのようなトリックで、グラトリはもちろんコース側面の壁なんかでやったりするとめちゃめちゃかっこいいです!

あと、コース脇で座っている友達に雪のスプレーをかけるなんて遊びもできます(笑)

 

カービングスラッシュのコツは?

らくスノ
カービングスラッシュのコツは、ずばり「オッパッピー」です!
らくスノさん、本気なのかふざけているのか分からないんですよね…
らくスノ
いえいえ、もちろん本気です(笑)

カービングスラッシュは、あらかじめ目標物を設定してその手前で急旋回のターンをするイメージです。

んで、なんとなく想像できると思いますが、スラッシュするとき雪面にたいして垂直に板を立てないとスプレーが巻き上がりません。

そして、板を立てるということは体を思いっきり倒さないといけないですよね。要は「体を倒す=カービング」なんですが、今回はグラトリ目線なので理論的な説明は省きます。

初心者でもできる!スノーボードのカービング超簡単な練習方法教えます

必殺オッパッピースラッシュ

まぁちょっと古いと思われるかもしれませんがw小島よしおさんが一世風靡したギャグ「オッパッピー」。

とりあえず、今回はカービングの理論的なことは一切考えず、オッパッピーをイメージして練習してみましょう。

まずはヒールエッジターン(かかと側のターン)。いつもターンしているよりさらに腰を低く落としてスタンバイしてください。

そして、トゥーエッジ(つま先側のエッジ)に切り替えたら、体を一気に開いてオッパッピー発動です!

荷重・抜重を極端にやっているだけなんですが、なかなか理論的に説明してもグラトリ初心者の方には難しいと思いますので、まずはこのオッパッピー発動のタイミングを練習してみてください。

らくスノ
まぁ「ヘイ!タクシー」でもいいんですけどねw

注意点は?

まず、大前提としてスピードがないと体が倒しづらく、いざスラッシュした時にスプレーが上がりません。

また、サッカー・野球のスライディングのように、無理やり板を立ててスプレーを上げようとするとトリック後に体勢を立て直すことができません。

らくスノ
スプレーを上げたあと転倒してしまうと、トリックではなくコケただけになってしまいます(笑)

あくまでターンの延長でスプレーを上げる練習をしてみましょう。

大きくターンするときは、他の滑走者に注意してください。

【GIF】

まとめ

いかがでしたでしょうか。

シンプルな割に意外と難しいですが、怪我するようなトリックでは無いので気軽に試してみてください!マスターすればハーフパイプのリップ(飛び出し)やバンクドスラロームでも応用できるので、なにかと重宝するトリックです。

ただし、練習風景はかなり「おまぬけ」なので、家でやるときは家族に見つからないように注意してくださいね(笑)

この記事が参考になれば幸いです。


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴18年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!




板、ブーツ、バイン、ウェア、小物…
18-19シーズン最新スノーボードギア270ブランド大特集!

スノボ歴18年の私らくスノが厳選した、2018-19シーズンの最新スノーボードギア270ブランドを集めてみました!デザイン?それとも機能?ゲレンデに行く前に最新のギアをチェックしてライバルに差をつけよう!




スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴18年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。