これができれば脱初級者!?ソバット(アンディ)360のコツは勢いにあり【グラトリ】

こんにちは、20年以上スノーボードやっている、らくスノです。

今回はソバット360(アンディ360)のコツについてお話したいと思います。

【GIF】

ソバット360とは、バター180からノーリー360を繰り出す技のこと。

コンボトリックとしてはメジャーな技のひとつですね。

日本のグラトリシーンの先駆者とも言える安藤健次プロがフィルムで披露したことから「アンディ」と呼ばれる場合が多いです。

でも、「たしかにメイクできたらかっこいいけど、そんな簡単にマスターできるの?」なんて疑問に思いますよね。

実はソバット360って、回転の勢いさえ殺さなければ意外なほど簡単なんですよ!

この記事を最後まで読めば、ご覧頂いている皆さんもソバット360を簡単にマスターすることができます。

ソバット360のコツは回転の勢いを殺さないこと

ソバット360のコツは、ずばり回転の勢いを殺さないことです。

ソバット180なら減速しても無理やり回し切ることができますが、回転数の増える360ではそうはいきません。

最初のバター180の時点で減速しますので、次のノーリー360に移行するまで、なるべくスピードを維持するようにしましょう。

基本的な動きはまったく一緒なので、バター180で回転力を維持できればノーリー360は以外なほど簡単に回ります。

「ちょっと難しくてできない…」という方は、まずソバット180から練習してみてください。

グラトリ初心者でも簡単にできるコンボトリック!ソバット(アンディ)180のコツ教えます

ソバット180より先行動作を大きく取る

また、ソバット180の記事でも解説していますが、90度くらいバターした時点で、すでに上半身は次のノーリーバックサイド360のタメに入ってます。

ソバット360に限らず、コンボ技に挑戦したいなら次の技へ向けた先行動作が成功の鍵となるでしょう。

ソバット180よりも半回転増える分、より大きくタメの動作を取ることを意識してください。

ノーリーは昇龍拳のイメージで弾く

そして当ブログの読者の方にはお馴染みしょ~りゅ~けん!!!!

左手の拳を突き上げるようにノーリー360してみましょう。

これで仕上げのノーリー360は完璧です。

とにかく減速せずに180バターすることができれば、ソバット540やノーリー720なんて大技も見えてきます。

目からウロコ!グラトリバックサイド180のコツは昇竜拳だった!?【スノーボード】

まとめ

いかがでしたでしょうか。

正直私はノーリーが苦手なんですが…(笑)ソバット360はバター180からの勢いで回ってしまうので、ヘタにノーリー360練習するより簡単ですよ。

そして、「ソバット360なんて簡単だぜ!」という脱初級者のあなた!

ぜひ下記の技もチャレンジしてみてください!

これができたら上級者!?リバースピボット450教えます!【グラトリ】

ゲレンデで超目立つよ!ワンフット360のやり方教えます!【グラトリ】

この記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】

スノーボードグラトリ 初心者でも簡単にできる トリックや 最短でマスターするコツまで 記事まとめ

グラトリのトリックってどんな種類があるの?カテゴリー別にyoutube動画まとめてみた!


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴20年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴21年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。