憧れの360が簡単にできる!?ピボットスピン360のコツ教えます【グラトリ】

スポンサーリンク

こんにちは、ジャスティン・ビーバーです。

ウソです、らくスノです。

いやいや、内容は真面目なんでページは閉じないでね(笑)

あくまで私の主観ですが、グラトリってオーリー360回せるかが脱初級者の基準になると思うんです。

でも、360ってしっかりオーリーできないとメイク(成功)は難しい…

いえいえ、実はもっと気軽に360が楽しめる技があるんです!

今回はオーリー360より簡単にメイクできる技、ピボットスピン360について解説したいと思います。

ピボットスピン360って何ですか?

百聞は一見にしかずということで、上のGIFをご覧下さい。

pivot(ピボット)は、軸(じく)という意味があります。

要は板の後方(テール)を軸にクルッと一回転(スピン)する技のことです。

ピボットスピン360ってどうやってやるの?

ピボットスピン360のコツってありますか?
らくスノ
ピボットスピンのコツは、ずばり“タメ”“エッジ”

“タメ”とは、上半身を回転方向とは逆にひねって構える先行動作のこと。

ピボットスピンに限らず、高回転になるほどボードを弾く前のタメって重要なんです。

う〜ん、いまいちイメージできないなぁ…

例えば、ご覧頂いている皆さんは小中学校でやった垂直跳び、どうやって跳んでました?

そうです、跳ぶ前にひざを落として構えますよね。

要は、これがスノーボードで言うタメ(先行動作)なんです。

出典:https://kintorecamp.com/vertical-jump-training/

まずはイメトレしてみよう!

まずは家の中で試してみましょう。

体を屈めて、腕を振りかぶりながら構えます。

 

このときに、「グ~」と力をタメて、片足を上げながら「パッ」と一気に体を斜め上に向けるイメージで回ると成功率が上がります。

ここで超重要なポイントがあります。

それは…絶対に見つからないこと!

これ、やっているのを見られたらかなり恥ずかしいので(笑)

逆エッジに注意

続いて2つ目のポイント、逆エッジに注意しましょう。

なんと言っても、グラトリは自ら逆エッジするようなことを意図的にやってますから(笑)

「逆エッジを制した者がグラトリを制す」と言っても過言ではありません。

板を弾いた時に、つま先のエッジ(トゥーエッジ)に荷重してないと、途中で逆エッジ喰らいます。

最初は無理にテールプレスしようとせず、バタースライドのようなイメージでスピンしてみましょう。

超簡単!フロントサイドボードスライドは○○するだけで劇的にカッコよくなるよ【グラトリ】

逆エッジの恐怖心がなくなれば、徐々にテールプレスができるようになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ノーリーピボットはyoutubeなどでもよく映像を見かけるのですが、フロント側のピボットはあまり見たことがなかったので記事にしてみました。

このトリックはオーリー360の練習にもなるので、脱初級者のステップとしても有効です。

もちろんグラトリ初心者の方でも簡単にできるので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

そして、さっそくマスターしてしまった脱初心者の方、ぜひピボットスピン540にも挑戦してみてください。

ピボットスピン540を解説しつつ、プレスの極意もこっそり教えちゃいます!

この記事が参考になれば幸いです。





板、ブーツ、バイン、ウェア、小物…
18-19シーズン最新スノーボードギア270ブランド大特集!

スノボ歴18年の私らくスノが厳選した、2018-19シーズンの最新スノーボードギア270ブランドを集めてみました!デザイン?それとも機能?ゲレンデに行く前に最新のギアをチェックしてライバルに差をつけよう!




スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴18年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。