試してみて!誰でも簡単にできるワンフット180のコツ教えます!【グラトリ】

スポンサーリンク

こんにちは、らくスノです。

前回のワンフットオーリーに引き続き、今回はワンフット180について解説したいと思います。

「ワンフットオーリーはともかく180は難しいでしょ~」

いえいえ、この技もタネを知ってしまうとすっごい簡単なので、ぜひ試して頂ければと思います。

なお、ワンフットがどういった技かご存知ない方は下記の記事も参照ください。

【超簡単】誰でもできるグラトリ!ワンフットオーリーのコツ教えちゃいます

ワンフット180とはなんぞや?

まずは下記の映像をご覧下さい。

正確な技の名前は「ワンフットフロントサイド180」ですかね。

片足で180する技です。

一見すると難しそうですが、実はこれにはカラクリがあります(笑)

では、次項から技のやり方について具体的に解説いたしますね。

※180については下記の記事も参照下さい。

誰でもゲレンデに着いて30分でできる!グラトリ180のコツ教えます

練習方法

片足を上げる

練習方法といっても、基本は前回のワンフットオーリーと一緒です。

まずは止まった状態で練習してみましょう。

ふたたび登場らくスノ君です(笑)

板をらくスノ君のように持ち上げてみます。

板を180度回す

次に写真のように片足を残した状態で板を180度回します。

残った足でジャンプして着地

前項の足を回すのとほぼ同時になりますが、接地している片足でジャンプしてバインとバインの間に足を置いて着地します。

ジャンプした時に体も180回します。

滑りながらやってみよう!

では実際に滑りながらやってみましょう。

もちろん、最初は低速です。

コツは2つあります。

一点目はヒールエッジ(かかと側のエッジ)に荷重しておくことです。

荷重していなくても180できますが、このあとの回す動作と足が接地する動作を考えると板を倒しておいたほうがやりやすいです。

そして、もう一点は自然に回すことです。

前述のように、この技の本質は板を片足で持ち上げて180度回しているだけです(笑)

この事実をいかに隠し「すげぇ技やってる感」を出すことが重要になります。

最初はぎこちないかもしれませんが、「板を持ち上る→180回すと同時にジャンプ」この一連の流れをいったん覚えてしまえば自然に180できるようになります。

イメトレは家でもできるので、ゲレンデに行く前に練習しておくと上達が早いですよ!

足をヒネって怪我しないように注意しましょう

まとめ

いかがでしたでしょうか。

前回のワンフットオーリーと同じく低速でやる技なので、一般コースというよりはリフト降り場からコースまでの間や、コース終わりで試していただければと思います。

雪玉や壁でやっても面白いかもしれませんね、まさにスノーボードのイマジネーションは無限大(笑)

「もうワンフット180なんか極めちゃったよ!」とおっしゃる脱ビギナーの方はぜひ360にも挑戦してみてください!

ゲレンデで超目立つよ!ワンフット360のやり方教えます!【グラトリ】

参考になれば幸いです。





板、ブーツ、バイン、ウェア、小物…
18-19シーズン最新スノーボードギア270ブランド大特集!

スノボ歴18年の私らくスノが厳選した、2018-19シーズンの最新スノーボードギア270ブランドを集めてみました!デザイン?それとも機能?ゲレンデに行く前に最新のギアをチェックしてライバルに差をつけよう!




スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴18年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。