3千円で買える!高機能スキー・スノボ用激安ゴーグルご紹介します!

こんにちは、20年以上スノーボードやっている元インストラクターの、らくスノです。

「スキー・スノボに誘われたけど、ゴーグルが無い…」

そんなお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

今は感染症の影響でゴーグルレンタルを中止しているショップも多く、かと言って新品を購入すれば1万円前後かかってしまいます。

年に数回しか使わないのに、できるだけ出費は抑えたいですよね。

そんな方におすすめなのが、OCスタイルというブランドの激安ゴーグル!

2,970円〜購入できるうえに、機能性も抜群です。

すごく評判が良いので私も試しに購入してみたのですが、はっきり言って高機能でコスパ最強!

今回はOCスタイルが販売する激安ゴーグルの特徴や、ハイグレード品との機能の違いについてお話したいと思います。

この記事を最後まで読めば、コスパの良いゴーグルで、お金をかけずにスキー・スノボを楽しむことができますよ。

3千円で買える!OCスタイルのゴーグルはコスパ最強

私も20年間様々なゴーグルを使用してきましたが、OCスタイルのゴーグルは最高のコストパフォーマンス。

普通ゴーグルって「安かろう悪かろう」なんです。

でも、私が購入したOCスタイルのゴーグルは、

  • Wレンズ
  • 球面レンズ
  • 3層スポンジ
  • ベンチレーション
  • バックルバンド
  • ヘルメット対応
  • 収納袋
  • UVカット

これだけの機能がついて2,970円と超低価格!

そりゃ20,000円くらい出せばもっと高機能のゴーグルが買えますが、少なくともこの金額でこれだけのスペックを有しているのは凄いです!

次項から特徴を詳しく説明していきます。

Wレンズ仕様で曇り知らず

実は安物のゴーグルってほとんどが曇りやすいシングルレンズなんです。

でも、OCスタイルのゴーグルはダブルレンズなので、結露を防ぎ曇りづらい。

球面レンズで視界が広い

OCスタイルのゴーグルは球面レンズで視界が広い。

ゲレンデでも広い視野を確保することができます。

3層のスポンジで痛くない

安物のゴーグルってだいたいスポンジが1層なので、使用しているうちに鼻や頰が痛くなってくるんですよ。

OCスタイルのゴーグルは3層なので、長時間使用しても痛くなりにくい!

ベンチレーションで通気性が抜群

このお値段でも、しっかりベンチレーション機能付き。

通気性が高いので、湿気による曇りを防いでくれます。

バックル付きで装着しやすい

特に髪の長い女性の方は、ゴーグルを着用するのに苦労すると思います。

OCスタイルのゴーグルはバックル付きで、装着も簡単です。

ゴムバンドが長いのでヘルメットの上から装着可能

ヘルメットを着用する方は、ゴムバンドの長さが心配ですよね。

OCスタイルのゴーグルなら、ヘルメットの上からでも問題なく装着可能です。

この値段で収納袋が付いている

この値段で、しっかり収納袋まで付けてくれてます。

UVカットで雪目を防止

ゲレンデってUVカットレンズで紫外線対策をしないと雪目になってしまうんです。

雪目になると、充血や涙が止まらなくなるなどの症状が出るので注意が必要です。

もちろんOCスタイルのゴーグルは紫外線対策もバッチリ!

OCSTYLEゴーグル(アマゾン)

スポーツ&スノーボードのOCSTYLE

激安ゴーグルのデメリット(ハイグレード品との違い)

とはいえ、メリットばかり語られてもイマイチ信用できませんよね。

激安ということは、当然何かしらの機能を削っているわけで…

私は25,000円で購入したドラゴンというブランドのハイグレードゴーグルを所持しています。

この項では、激安品とハイグレードゴーグルの違いから、デメリットについて考察したいと思います。

■フィット感が劣る

ハイグレード品になると、ゴーグル全体が顔を覆うように設計されていたり、鼻先部分のスポンジが立体構造をしています。

その点、激安品が多少フィット感に劣ることは否めません。

■スペアレンズがない

1万円以上するモデルなら、ほとんどスペアレンズが付いてます。

しかし、OCスタイルのゴーグルにスペアレンズはありません。

■滑り止めが無い

激安ゴーグルにはバンドに滑り止めがありません。

ハイグレード品のほうが多少ずれ落ちにくいですね。

■雪面の凹凸が見えづらい

最近は雪面の凹凸が見やすい調光レンズ(ハイコントラストレンズ)を採用しているゴーグルブランドが増えてます。

しかし、OCスタイルのゴーグルに調光機能はありません。

激安ゴーグルはデメリットを許容できるかどうか

まぁ値段で言ったら激安品はハイグレードゴーグルの1/10、本来比べるのもおかしな話なんですが…(笑)

要はここまでお話してきたデメリットを許容できるかどうかなんですよね。

でも、特に重大な機能が欠けているわけでも無いですし、元イントラの私が見てもOCスタイルのゴーグルは充分過ぎるスペック。

ガチでスキー・スノボやるならともかく、年数回滑るだけならまったく問題ないです!

実際にスキー場で使ってみました…最高です!

実際にゲレンデで使用してみましたが、最高に使い心地が良かったです!

汗ばむくらいガッツリ滑りましたが、レンズはまったく曇りません。

ミラーレンズなので晴れているときは雪面も見やすく、長時間使用しても顔が傷むことはなかったです。

たしかにハイグレード品と比べれば鼻先のフィット感や降雪時のコントラストなど多少気になる箇所もありましたが、この値段だったら大満足。

楽天よりアマゾンで買ったほうがお得

OCスタイルはネット通販専門ブランド。

楽天では商品代金3,900円(税込)以上買い物しないと送料がかかってしまいます。

プライム会員なら送料無料なので、単品で購入するならアマゾンのほうがお得です。

ただし、OCスタイルはネックウォーマーやソックス・グローブなども販売しているので、他の小物も一緒に購入するなら楽天でも問題ありません。

OCSTYLEゴーグル(アマゾン)

スポーツ&スノーボードのOCSTYLE(楽天)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

冒頭でもお話した通り、最近はゴーグルがレンタルできなくなっています。

とはいえゴーグルには顔面の保護や雪目から守る役割もあるので、使用しないという選択肢はありません。

OCスタイルの激安ゴーグルは価格以上のクオリティーなので、元イントラの私も自信を持っておすすめできます。

今ゴーグルをお探しの方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

この記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】

これで解決!ゲレンデでゴーグルが曇る3つの原因と対策を教えます

ニット帽、ゴーグルを着ける本当の意味とは?明日使えるマメ知識も教えちゃいます!

今シーズンのおすすめは?スキー、スノーボードゴーグル人気25ブランド大集合


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴21年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。