スノーボード道具レンタルか購入か?判断するたった1つの基準とは

スポンサーリンク

こんにちは、らくスノです。

大学生・社会人になると、スノーボードに誘われる機会も多くなります。でも、毎回レンタルしてると費用もバカにならないですよね。

しかし、スノーボードの道具はけっこうなお値段がします。(3点セットでも3万円くらい…)

では、どのような基準でスノーボードを購入すれば良いのでしょうか?

そんなギアの購入を迷われている方のために、今回はスノーボード道具を購入するたった一つの基準についてお話したいと思います。

購入するうえでのたった一つの基準とは?

スノーボード道具を購入するたった一つの基準とは、ずばりお金です!

らくスノさんまたお金か…どんだけ金ないんだよって感じですが(笑)

例えばですね、割とレンタルの質が高いなと思っているガーラ湯沢ですが、スノーボード一式1日借りると約5000円かかります。ウェアが3000円でスノーボードと合わせると1日8000円もするのです。

誤解がないように言いますが、ガーラ湯沢が特別高い訳ではありません。

対して、スノーボードの3点セットは17000円くらいから購入できるんです。4回行けば元が取れちゃいますね。

ウェアも安いものは8000円くらいからありますので3回行けば元が取れますが、要はそういう事なんです。

滑れない?壊れやすい?スノーボード3点セットの疑問に答えます!

みんな費用対効果を意識している

この話は初心者の方だけでなく、私のようなベテランスノーボーダーにも言える事なんです。以前も別記事でもお伝えしましたが、山に篭ってた時代は全て最新の上位モデルで揃えてました。

スノーボードウェア一式ガチでそろえたらいったいいくらになるのか!?

仮に当時買っていた物がスノーボードだけで20万円だとしましょう。ゲレンデがオープンする12月からクローズする5月までほぼ毎日滑っていました。ですので、20万円の元は十分取れてるわけです。

逆に娘が生まれた年は2回しか行けませんでした。娘は2月に生まれましたが、さすがにシーズン真っ盛りでもその状況で行けないですよね(笑)

仮にこの年に20万円のスノーボード買っても、年2回じゃ元が取れません。

当然、今私が使っている道具は、型落ちモデルをセールで購入したり何年も騙し騙し使っているもの。私のようなスノーボード歴18年以上のベテランでもそういった思考で購入しています。

実際、もう何年前に買ったかわからないダカインさんのパイプグローブ。破けてますが今だに現役です(笑)

img_7695

まとめ

いかがでしたでしょうか。

とりあえず最初の1〜2回はレンタルで滑ってみて、スノボが楽しくなってきたら購入も検討してみてはいかがでしょうか。

スノーボード道具の寿命はだいたい5年と言われています。ですので、5年以内の3〜4回以上行くようであれば、購入したほうがお得です。

スノーボードの道具ってどこで買えばお得なの?購入方法とメリット・デメリットまとめてみたよ

なにより、マイボードはテンションが上がりますし、早くゲレンデに行きたくなると思いますよ。

まぁ購入すると、保管やメンテナンスの問題もありますが、やってみると意外と簡単ですよ!当ブログは初心者の方向けの方法も情報発信しているので、ぜひ関連記事も合わせてチェックしてみてください。

これを読めば失敗しない!スノーボード板、バインディング、ブーツの購入について記事まとめ

この記事が参考になれば幸いです。


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴18年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!




板、ブーツ、バイン、ウェア、小物…
18-19シーズン最新スノーボードギア270ブランド大特集!

スノボ歴18年の私らくスノが厳選した、2018-19シーズンの最新スノーボードギア270ブランドを集めてみました!デザイン?それとも機能?ゲレンデに行く前に最新のギアをチェックしてライバルに差をつけよう!




スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴18年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。