【スキー・スノボ】2年間ワークマンの防寒グローブを使って分かった6つのメリット

こんにちは、20年以上スノーボードやっている、らくスノです。

「せっかく新しいグローブ買ったのに、すぐ破けてしまった…」なんて方も多いのではないでしょうか。

特にスノーボードは転びやすいうえに、近年ブームになっているカービングでは頻繁に手をつきます。

せっかく高価なゴアテックスグローブを買っても、すぐダメになってしまってはお金がいくらあっても足りませんよね。

そんな方におすすめなのが、ワークマンの防寒グローブ。

2シーズン白馬やニセコ等、様々なスキー場で使いましたが、今のところいっさいトラブルはありません。

しかも、1つ780円(税込)と激安です!

今回は2年間ワークマンのグローブを使ってみて分かった、6つのメリットについてお話したいと思います。

この記事を最後まで読めば、グローブの消耗を気にすることなくスキー・スノボを楽しむことができます。

ワークマンのグローブ6つのメリットとは

2年間ワークマンのグローブを使って感じたメリットは以下の通りです。

  • とにかく安い
  • 生地が厚くて暖かい
  • 耐久性が高い
  • すそが絞れる
  • ジョイントできる
  • 種類が豊富

安さはもちろんですが、専用ブランドのグローブと比べても機能性・耐久性に申し分ありません。

次項から詳しくお話していきます。

とにかく安い

なんといっても、ワークマングローブの一番のメリットは安さですよね。

だって780円(税込)ですよ!

たとえばバートングローブの相場は5,000円くらい、ゴアテックスになると10,000円前後もします。

しかし、ワークマンならメイングローブの予備として複数購入しても良いですね。

生地が厚くて暖かい

画像でしか伝えられないのが残念なんですが、780円とは思えないくらい中綿が肉厚で暖かい。

なめらかで肌触りもよく、すぅーと指がはいっていきます。

当然この値段なので防水透湿素材ではありませんが、ほとんど違いを感じないくらい快適です。

私はユニクロのファンクショングローブや100円均一のグローブも使ってましたが、暖かさはワークマンが一番!

耐久性が高い

私はジャンプ台、レール、グラトリ、カービング、パウダー等なんでもやりますが、2年間使ってもまったく破けません。

手のひら部分も、しっかりあて布で補強されています。

さすが作業着のメーカーだけあって、耐久性は抜群。

以前有名ブランドのグローブを購入した時は、すぐに指の間が破けてしまいましたが、ワークマンは今のところノートラブルです。

すそが絞れる

すそが絞れるので、パウダーでも雪が侵入することはありません。

手首部分も絞ることができるので、フィット感が抜群。

こういった細かい機能も、ユニクロなどシティーユースのグローブには無いメリットですね。

ジョイントできる

グローブって片方だけ紛失することがあるんですよね(笑)

ワークマンのグローブは左右ジョイントできるので、片方だけ落とすなんてトラブルを防げます。

種類が豊富

出典:ワークマンオンラインショップ

私はブラックを購入しましたが、オンラインショップでは他にも様々なカラーのグローブを販売してます。

さらに店舗へ行くと、オンラインショップでは販売してないグローブを発見することも!

これならウェアに合わせて選ぶ楽しみもありますね。

ワークマングローブのデメリット

まぁ値段が値段なので、後悔するほどの大きなデメリットはありません。

ただ私が使用している中で気になった部分が2点あったので、詳しくお話したいと思います。

■濡れると着用しずらい

これはワークマンだけでなく5本指グローブの宿命なんですが、グローブが濡れてくると指が入りづらくなります。

この問題は1サイズ大きいグローブを購入することで解決します。

また、宿泊するなら予備で1個購入してもいいですね。

■ニセコはさすがに寒い

ニセコに行った時は、最低気温が-20度でした。

さすがに単体のグローブでは辛かったので、100円均一で買ったインナーグローブを装着。

結果、4日間問題なく滑り倒すことができました!

もしグローブを二重に着用するなら、1サイズ大きいものを購入しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ワークマンはウェアやインナーも高品質低価格でおすすめなんですが、個人的にはグローブが一番お気に入り!

それにグローブはウェアのすそでほとんど隠れるので、ワークマンとバレる心配もありません。

文中でお話した通り、オンラインストアと実店舗では取り扱い商品が違います。

近くにワークマンがある方は、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

ワークマンの公式サイトはこちらです↓



この記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】

スキー・スノボ用ゴム手袋!?絶対濡れないテムレスの防水防寒グローブ使ってみた

レンタルより安い!?ワークマンはスキー・スノボウェアになるかゲレンデで検証してみた!

コスパ最強!ワークマンでスキー・スノボに使えそうな小物を買ってみた!

ネットショップより安い!?ワークマンでスキー・スノボに使えるインナー買ってみた


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴20年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴20年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。