2泊3日スキー・スノボ旅行の予算は?賢く節約する方法も教えます

※本ページは広告が含まれています。

こんにちは、20年以上スノーボードやっている元インストラクターの、らくスノです。

スキー・スノーボードってとにかくお金がかかりますよね。

特に学生さんなんて、いくらウインタースポーツに興味があっても旅費を捻出するのは辛いと思います。

でも大丈夫、私は2泊3日の白馬トリップを交通費含め3万円で過ごしました!

今回は元スノボイントラである筆者が、2泊3日のスキー・スノボ旅行の予算や、賢く節約する方法についてお話したいと思います。

この記事を最後まで読めば、賢く節約してスキー・スノボが楽しめるようになりますよ。

スキー・スノボ旅行の予算は2泊3日で1人平均9万円が相場

交通費(往復) 道具のレンタル リフト券 宿泊費 食費
ツアーで予約 20,000円 10,000円 10,000円 40,000円 10,000円
極限まで節約 10,400円 0円 8,500円 11,000円 ほぼ0円

普通にスキー・スノーボード旅行(白馬)へ行くと、2泊3日で1人平均9万円くらい必要になります。

まぁお金に余裕のある方ならともかく、学生さんが気軽に払える金額じゃないですよね。

ご安心ください。極限まで節約すれば3万円で旅行することもできます。

各種費用の内訳に関しては長くなるので別記事にしてます。

スキー・スノボ1回行くといくらかかる?各種費用の内訳と節約方法教えます!

格安でスキー・スノーボード旅行する6つの節約ポイント

普通に旅行するお金があるならびゅうトラベルとかのレビューを見ればいいわけで、それでは私が記事を書く意味がありません。

そこで今回、私は極限まで節約して2泊3日の白馬旅行をしてきました。

■割安でスキー・スノーボード旅行する6つの節約ポイント

  • スキー場付近に停車するハイウェイバスを予約
  • 宿はドミトリー(相部屋)で節約
  • リフト券は事前予約で割引購入
  • 極力レンタルするものを減らす
  • 食事はコンビニ・スーパーで節約
  • スキー場からの移動は無料シャトルバスで節約

次項からスキー・スノボ旅行の内訳や節約する方法について詳しくお話ししたいと思います。

スキー場付近に停車するハイウェイバスを予約

スキー・スノボ旅行の参加人数が少なければ少ないほど、車での移動はコストがかかります。

そこでおすすめしたいのが、ハイウェイバス(高速バス)の利用です。

片道の料金(目安)

  • 新宿→白馬 5,200円〜
  • 新宿→みなかみ 3,400円〜
  • 新宿→湯沢 3,100円〜
  • 新宿→蔵王温泉 2,800円〜

今回旅行先に選んだ白馬の場合、バスタ新宿から白馬バスターミナルまで片道5,200円から購入できます。

たしかにスキー場の選択肢は限られますが、電車や車と比べてもかなり割安ですよ。

宿はドミトリー(相部屋)で節約

限られた予算の中で一番負担になるのが宿の料金ですよね。

一般的にホテルだと1泊20,000円〜、ペンションで1泊10,000円〜くらいが相場になります。

でも、旅行のメインはあくまでスキー・スノボ。「宿泊施設なんて寝れたらなんでもいい」という方も多いと思います。

そんな方におすすめなのがドミトリー(相部屋)の宿。だいたい食事無しで3,800円〜宿泊可能です。

それに海外から来ているバックパッカーや、他のスキーヤー・スノーボーダーと仲良くなることもありますよ。

女性の方は、女性限定部屋や男性と分けてくれる宿を探しましょう。

一人でも宿泊OK!スキー・スノボで激安ドミトリー(相部屋)を利用するメリット

リフト券は事前予約で割引購入

今回は2日間分、白馬五竜・47と白馬共通リフト券の2枚を8,500円で購入しました!

リフト券はスキー場で購入すると定価で買わなければなりません。

あらかじめ旅行の日程が決まっているなら、事前にリフト券を購入することをおすすめします。

たとえば白馬五竜・47スキー場は通常7,500円のところ、インターネットなら4,000円で買えます。

また、その他にもリフト券を割安で購入する方法があります。

詳しくは下記の記事にまとめていますので合わせてご参照ください。

ゲレンデで買ったら損するかも!?スキー、スノーボードのリフト券を簡単に安くする方法教えます

極力レンタルするものを減らす

私自身はスノーボードギアを持っているのでレンタルをしませんでした。

でも、何もギアを持ってない場合はレンタル費用もかかりますよね。

まず事前に用意できるものは準備しておきましょう。

たとえばスキー・スノボギアも、もしかしたら親兄弟・友達から借りることができるかもしれません。

ウェアは家にあるもので代用可能


特にウェアはご自宅にあるもので代用することもできます。

実際、私は全身ワークマンやドン・キホーテのレインウェアで滑ったこともありますが、まったく問題ありませんでした。

レンタルは宿泊日数が多いほどもったいないですからね。

賢く節約しよう!スキー、スノボ専用じゃなくても代用・兼用できるウェア・小物

食事は持参・コンビニ・スーパーで節約

2泊3日の旅行となると、食事代もバカになりません。スキー場で普通に飲食すると1,000円前後はかかりますよね。

極力節約したいなら、食事はできる限りコンビニやスーパーの食材で済ませましょう。

ほとんどのドミトリーではお湯やレンジの用意もあるので、調理にも困りません。

私は食材を持参したので旅行期間の食費はほぼ0円です。

近くにコンビニ・スーパーがないこともあるので、あらかじめ調べておくことをおすすめします。

スキー場からの移動は無料シャトルバスで節約

出典:白馬八方尾根スキー場

大きなスキー場では、だいたい無料シャトルバスが巡回していたりします。

実際、白馬だと周辺の宿はシャトルバスで網羅されているので、足に困ることはありません。

また、個人的には目的地まで2kmくらいなら歩いて行っちゃいますね。(朝一だとシャトルバスがなかったりするので…)

無料バスを使えば、現地でのタクシー代もかかりません。

節約スノボ旅行のデメリット

ただし、このプランにデメリットがないわけではありません。

すべて個人で予約しなければいけないのが面倒

いわゆる旅行会社のパッケージプランではないので、いちいち手配するのが面倒ですね。

旅行そのものを楽しみたい人にはおすすめしません

当たり前の話ですが、格安宿でカップラーメンすすりながらの旅行が楽しいかと言えば…ですよね(笑)

どちらかと言えば、学生さんとかガチでスキー・スノーボードだけを楽しみたい人におすすめのプラン

温泉やご当地グルメを味わいたいなら、もう少しお金をかけてもいいかもしれません。

まとめ

交通費(往復) 道具のレンタル リフト券 宿泊費 食費
ツアーで予約 20,000円 10,000円 10,000円 40,000円 10,000円
極限まで節約 10,400円 0円 8,500円 11,000円 ほぼ0円

普通にスキー・スノーボード旅行(白馬)へ行くと、2泊3日で1人平均9万円くらい必要になりますが、私はトータル29,900円でトリップすることができました!

私も学生時代は自家用車もお金もなかったので、極限まで節約してトリップしてました。

「お金はないけどスキー・スノーボードを楽しみたい!」なんて方は、ぜひお試しいただければと思います。

【関連記事】

板はどうやって預けるの?飛行機で北海道へスキー・スノボ旅行に行く手順教えます

スキー場へはどうやって行く?6つの交通手段の特徴まとめてみた

2 件のコメント

  • いつも新着記事楽しみにさせて頂いております。
    2泊3日、三万円以下ときいて、私がよくお世話になる激安ツアーだと
    民宿宿泊2人1室朝夕食付宿おまかせ、夜発夜行バス、リフト券3日分付きで3万円切ります。
    https://roadplan.net/plans/sn-0191-32/
    (やたら斑尾と竜王がこの会社は安い・・・?)
    参考までに次に激安ツアーの体験ネタにしてみてはいかがでしょうか(笑)

    • 福助様

      毎度コメントいただきありがとうございます!
      おかげさまで、福助様にヒントを頂いたワークマンの記事も1,2位を争う人気記事になってます。
      まぁ地元にお金を落とさないのは賛否あると思いますが(笑)
      スノボの間口をもっと広くしたいので、今後も節約記事を考えています。
      ご紹介頂いたサイトは私も知らなかったので、執筆の参考にさせていただきます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    ※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    スノーボード歴22年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。