スノーボード1回行くといくらかかるの?交通費から宿泊費・リフト代まで試算してみた!

スポンサーリンク

こんにちは、らくスノです。

らくスノ
皆さん毎日スノボってますか?
らくスノ
私はいつもスノボってますよ!

いえ、スノーボードの新しい挨拶を提案しようかと思いまして…初心者の方、騙されて使わないで下さいね(笑)

 

というわけで、おバカな話はこのくらいにして…

スノーボードって、一回行くといくらかかるのか気になる方も多いのではないでしょうか?

来週スノボに誘われたんだけど、いくら持っていけば良いの?
ウェアと板のレンタル料金はどのくらいするの?

そんな方の参考になればと思い、今回はスノーボード旅行にかかる費用を試算してみました。

スノーボードって何にお金がかかるの?

スノーボードってどんなことにお金がかかるのでしょうか?

  1. 交通費
  2. 道具のレンタル
  3. リフト券
  4. 宿泊費
  5. 食費

スノーボードを楽しむには、主に上記の費用が必要です。

では、次項より順を追って説明させていただきます。

これからご紹介する費用はあくまで目安です。実際の料金とは異なりますのであらかじめご留意ください。

交通費

スキー場は当然山にありますので、特に都市圏にお住まいの方は交通費がけっこうかかりますね。

以前記事にしましたが、例えば東京から4人、日帰りで新潟県にある石打・丸山スキー場に行くと、一人あたり下記の費用がかかります。

自家用車 バス レンタカー 新幹線
8500円 8900円 12000円 13500円

※リフト券代込みの試算です。

ちなみに、バス・新幹線は最初からツアー代にリフト券が含まれているため、自家用車・レンタカーにもあらかじめリフト代を上乗せしています。

スノーボードはどうやって行く?バス、車、新幹線徹底比較してみた

道具のレンタル

続いては道具のレンタル費用です。

代表的なゲレンデのレンタル料を比較してみました。

  苗場 石打丸山 ニセコ 蔵王
スノーボードセット 5000円 2500円 5000円~ 4000円
ウェア 3500円 2500円 4700円 4000円

※おとな1日分のレンタル料金です。

上記はあくまで目安ですので、付近を探せばもっと安いレンタルショップがあるかもしれません。

しかし、レンタルの場合安ければ良いというものでもなく、中には20年以上前の化石みたいなボードやウェアが出てくる時もあります。

それこそ「私をスキーに連れてって」的なウェアもあるかもしれませんので、値段だけでレンタルショップを選ばないようにしましょう(笑)

ユニクロで激安スノーボード始めてみませんか?【初心者の方必見!】

 

リフト券

リフト券代もバカになりませんね。

バスや電車のツアーで申し込んだ場合はリフト券代が料金に含まれていますが、個人旅行ではご自身で購入する必要があります。

  苗場 石打丸山 ニセコ 蔵王
1日券(大人) 4600円~ 4500円 7400円~ 5000円

※オンシーズンの料金

これが泊まりで行くとなると、さらに2日間分のリフト券が必要になりますので約1万円の出費になります…

ゲレンデで買ったら損するかも!?スキー、スノーボードのリフト券を簡単に安くする方法教えます

宿泊代

個人的には、せっかく遠くまで行くのですから、ぜひ一泊して郷土料理や露天風呂を満喫して欲しいですね。

宿泊費は、平日or祝日、人数、ホテルorペンション等の条件で料金が変わるので、下記の表はあくまで目安になりますが…

  ドミトリー(相部屋) ペンション 温泉旅館 ホテル
宿泊費(目安) 3000円~ 7000円~ 15000円~ 10000円~

恋人とならホテルか旅館、友人同士ならペンションもいいですね。

また、一般の方にはなじみがないかもしれませんが、実はスキー場付近にもドミトリーなるものが存在します。

要はカプセルホテルみたいなものですね。

ゲレンデ付近のドミトリーは、ほとんど私のようなガチで滑りに来ているスキー・スノボマニアしか宿泊していないのですが(笑)

その場で仲良くなって、次の日一緒にすべったりなんかしてけっこう面白いです。

体力が有り余っている学生さんや一人旅の時など、相部屋は安くてオススメですよ~!

突然未経験のスノーボードに誘われた時の楽しみ方教えます!

食費

せっかくの旅行ですから、美味しいもの食べたいですよね~

最近はどこのゲレンデも通称”ゲレ食”に力を入れてますし、スキー場付近の道の駅などで郷土料理も堪能できますね。

これも紹介していくとキリがないので、ゲレ食が充実しているたんばらスキー場のレストランを例にとって説明したいと思います。

雪山オムライス トムヤム風ラーメン 上州カルビクッパ ピリ辛ぷるぷるホルモン丼 チョコバナナクレープ
1200円 1000円 1000円 1100円 550円

ほら、見るからに美味しそうでしょ!

しかし、お値段はちょっとお高いファミレスぐらいしますね…(ロイホくらいかなぁ?)

まぁ私も学生時代は、少しでも費用を抑えるためコンビニ飯で済ませてましたから、この辺はお財布と相談しても良いかと思います。

ゲレンデデビューするならどこが良い?初心者・初級者におすすめのスキー場をご紹介します!

出典:たんばらスノーパークホームページ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

こうやって改めてまとめてみると、スノーボードってすっごくお金かかりますね…どれだけ安くしようと思っても、泊まりで行くと2万円くらいは必要です。

ですので、このブログでは散々言ってますが、特に初心者の方は「スノーボード滑るぞ~」って感じで行かないほうが良いと思います。

突然未経験のスノーボードに誘われたらまず読んでみて!記事まとめ

だって、20000円以上も払った挙句、ほとんど滑れなかったらなんか損した気分になりません?(天候が悪かったりとか…)

私ならスノーボードなんて一生行かないです(笑)

それよりも、「スノボはほとんど滑れなかったし2万円は痛い出費だったけど、露天風呂も雪景色も堪能できたしゲレ食も美味しかったから大満足!」って方が絶対良いと思います!

というわけで、これから初心者の友人・恋人を誘ってスキー場に行くという方も、あまりガチ滑りしないで冬の旅行を満喫してくださいね(笑)

この記事が参考になれば幸いです。


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴18年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!




板、ブーツ、バイン、ウェア、小物…
18-19シーズン最新スノーボードギア270ブランド大特集!

スノボ歴18年の私らくスノが厳選した、2018-19シーズンの最新スノーボードギア270ブランドを集めてみました!デザイン?それとも機能?ゲレンデに行く前に最新のギアをチェックしてライバルに差をつけよう!




スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴18年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。