スノボ道具のレンタル料金の相場は?賢く節約する方法も教えます!

こんにちは、元イントラで20年以上スノーボードやっている、らくスノです。

「スノボに誘われたけどレンタル料金っていくらかかるの?」

そんな疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

■スノボレンタルの相場(1日)

  • 板・ブーツ・ビンディング…3,000〜5,000円
  • ウェア…3,000〜5,000円
  • グローブ…500〜1,000円
  • ゴーグル…500〜1,000円
  • お尻パッド…500〜1,000円

はっきり言って…お高い(笑)

ただでさえ交通費、リフト代、宿泊費…スノボ旅行はお金がかかるのにレンタルまでお金をかけたくない!

その気持ちよく分かります。

というわけで今回は、スノボレンタルの相場と賢く節約する方法についてお話したいと思います。

この記事を最後まで読めば、お金をかけずにスノボを楽しむことができますよ!

板、ブーツ、バインディングは割引を利用しよう!

冒頭で申し上げた通り、板、ブーツ、ビンディングのレンタル相場は1日3,000〜5,000円。

もちろんさらに安いショップもあるかもしれませんが、レンタルは「安かろう悪かろう」です。

だから単純に安いレンタルショップを探せばいいって問題でもないんですね。

とはいえ板、ブーツ、ビンディングを購入すると、安くても30,000円くらいします。

さすがに最初から買うのは敷居が高い…

そこでおすすめなのが、旅行代理店主催のツアーや宿泊施設の割引を利用することです。

たとえば、バスツアーにはレンタル割が付帯しているので、お安くレンタルすることができます。

またスキー場付近の旅館やホテルはレンタルショップと提携している場合も多いので、一度問い合わせてみることをおすすめします。

初めて行くスキー、スノボバスツアー!メリットや裏技、注意点などまとめてみた

スノボウェアは専用のものでなくても代用できる!

スノボウェアのレンタル相場は3,000〜5,000円。

これ1日の値段ですから、2日以上行く場合はさらにかかります。

とはいえ必ず必要なものなので、着ないわけにもいきません。

でもね、実はスノボ専用のウェアでなくても代用できるんです。

見た目さえ気にならなければ、ワークマン、ユニクロ、ホームセンターのレインウェア等で滑ることができます。

賢く節約しよう!スキー、スノボ専用じゃなくても代用・兼用できるウェア・小物

また最近は上下1万円以内で購入できるおしゃれなウェアも増えています。

これなら2〜3回行けば元が取れちゃうので、複数回スノボする予定のある方は購入も検討してみてはいかがでしょうか?

スノボウェア激安ブランドって生地や機能はどうなの!?実際に購入して検証してみた【ハイマスマニア編】

グローブはゴム手袋かワークマンがおすすめ

グローブのレンタル相場は1日500〜1,000円。

しかも最近は感染症対策の関係でレンタルできないショップも多くなっています。

でもご安心ください!

ワークマンのグローブなら780円〜購入できるうえ、防水性も抜群!

そもそもグローブはあまり目立つものでは無いので、ワークマンでもバレませんよ(笑)

2年間ワークマンの防寒グローブを使って分かった6つのメリット

また、ある程度滑れる方ならゴム手袋でも代用可能。

ゴム手袋は車の除雪や洗車にも使えるので、スノボ以外にも汎用性の高いアイテムです。

スキー・スノボ用ゴム手袋!?絶対濡れないテムレスの防水防寒グローブ使ってみた

安全のためにもゴーグルは購入しよう

ゴーグルのレンタル相場は1日500〜1,000円。

さらにグローブと同じく、感染症対策の一貫でレンタルできないショップも多くなっています。

ある程度滑れるならサングラスでも代用可能ですが、初心者の方は目を怪我する危険があるうえ、降雪時は使用できません。

「あまりスピード出さなければ、ゴーグルつけなくても大丈夫でしょ?」

いえいえ、実はゴーグルは視界の確保以外にも、雪目(UV)対策や顔面を保護する役割があるんです。

インターネットなら2,000円〜購入できるので、出発前に準備しておくことをおすすめします。

元イントラが教える!メガネでスキー、スノボを滑る際の5つの注意点

お尻パッドはタオルで代用できる!

スノボはたくさんお尻をつくので、お尻パットはあるに越したことはありません。

お尻パッドは500〜1,000円程度でレンタル可能です。

ただし、お尻パッドの扱いがあるショップ自体が少ないので、あらかじめ調べておきましょう。

またタオルをタイツに挟めばお尻パッドの代用になります。

少しでも節約したい方は、タオルお尻パッドを試してみてください!

試してみて!0円ヒッププロテクター(ケツパッド)のススメ

スノボ道具はできるだけ友人から借りよう!

さらに節約するなら参加しない友人から借りてしまうのもありですね。

また、私のように長くスキー・スノボをやっている人なら複数のギアを所持しています。

同行者にベテランがいるなら、道具を借りることができるか相談してみましょう。

返却するときにお土産でも渡せば、喜んで貸してくれると思いますよ!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

■スノボレンタルの相場(1日)

  • 板・ブーツ・ビンディング…3,000〜5,000円
  • ウェア…3,000〜5,000円
  • グローブ…500〜1,000円
  • ゴーグル…500〜1,000円
  • お尻パッド…500〜1,000円

あらためて見ても、レンタルって高いですよね(笑)

さらに交通費、宿泊費、リフト代までかかるわけですから、学生さんなんて本当に大変だと思います。

だから極力節約するためにも、事前準備をしておくことをおすすめします。

ぜひこの記事を参考に、お金をかけずにスノボを楽しんでいただければと思います。

この記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】

スノボはどうやって借りるの?スキー場でウェアやボードをレンタルする手順を解説します!

スノーボード道具レンタルか購入か?判断するたった1つの基準とは

これは知らなかった!元イントラがスノボの持ち物と道具の節約術教えます!


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴20年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴21年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。