スキー、スノーボード行き帰りの服装は?どのくらい防寒すればいいの?

こんにちは、スノーボード20年以上滑っている、らくスノです。

「スキー場ってどのくらい寒いの?」

「どんな服を着ていけばいいの?」

初めて行くスキー、スノボ旅行。

ほとんど雪の降らない地域に住んでいる方は、右も左も分からない事だらけですよね。

それこそ、スキー場で凍えてしまっては、旅行を楽しむどころではありません…

先に結論から言っちゃうと、アウターはフード付きのダウン、インナーは薄着がおすすめです!

この記事を最後まで読めば、理由がお分かりいただけると思います!

アウターはフード付きダウン、インナーは薄着がおすすめ

確かにスキー、スノボができるくらいですから、北国の冬はとても寒い。

でも、スキー場のセンターハウスや付近のホテルは、暖房施設がしっかりしています。

屋内は思いのほか暑いので、厚着をしてしまうと脱ぐのが面倒なんです。

だからスキー、スノボ旅行へ行く際は、アウターはフード付きのダウン、インナーはロンT・シャツなど薄着がおすすめ。

それでも不安な場合は、念のためセーターやフリースを持参するとよいでしょう。

防風すれば寒くない

ダウンとロンT・シャツだけで寒くはないのでしょうか?

スキー場は防風さえしっかりしていれば、まったく寒くありません。

そもそも寒さを感じる主な要因は、気温ではなく風です。

だから、着込むというより風の通り道さえ塞げば、寒さを感じることはありません。

ニット帽、マフラー、手袋などで防風対策をしましょう。

ちなみに、同じ理由からスキー場でのスカートはおすすめしません。

アウターはフード付きがおすすめ

アウターはフード付きがおすすめ。

なぜなら、フードが傘替わりとなるからです。

基本的に雪国では傘をさしません。

特に雪に慣れてない方は、歩行時に滑って転倒する恐れがあります。

傘と手荷物で手がふさがっていると、受身を取ることができませんよね。

都会では飾りとなっているフードですが、雪国では大活躍します。

スキー場の雪はほとんど濡れない

「雪が溶けたらジャケットがびしょびしょになりませんか?」

傘もささずに歩いていると、濡れるんじゃないかって思いますよね。

実はスキー場の雪は、ほとんど濡れることはありません。

そもそも平野部と山間部では雪の性質が異なるのです。

東京など平野部の雪は、気温が高いのでどうしても粘着質な雪になってしまいます。

確かにこのタイプの雪は濡れます。

しかし、ゲレンデがあるような北国はサラサラ雪なので、ジャケットに張り付きにくいのです。

スキー、スノボ旅行の服選びコツ

では、具体的にどのような服をチョイスすれば良いのでしょうか?

  • ニット帽、マフラー、手袋はマスト
  • 植物・動物繊維より化学繊維
  • 靴下は厚手のもの(ウールなど)
  • すそを閉じることのできるジャケット

次項から順番に解説していきます。

ニット帽、マフラー、手袋はマスト

まさに防寒三銃士ですね(笑)

寒気が入る首元と手首をしっかりガードすれば、保温はバッチリ!

ニット帽は耳まで隠れるもの、手袋は厚手のものがおすすめです。

植物・動物繊維より化学繊維

カシミアやコットンより、水分が付着しても乾きやすいポリエステルなどの化学繊維がおすすめです。

北国の雪はサラサラなので、あまりコートに張り付くようなことはないですが、それでも多少濡れることを考慮すると化学繊維が無難でしょう。

靴下は厚手のもの(ウールなど)

特に足先は冷えやすいので、しっかりと防寒しましょう。

厚手なのはもちろん、ウール素材の靴下は保温性があるのでおすすめです。

靴下の二重履きも暖かいですよ。

すそを閉じることのできるジャケット

風の通り道といえば、ジャケットのすそも注意です。

特にミドル丈以上のアウターは風に煽られると身体が寒気にさらされます。

しっかりすそを閉じることのできるジャケットをチョイスしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「アウターだけダウンを着れば、インナーは薄着でOK!」とは意外だったかもしれません。

確かに登山などではレイヤリングと呼ばれる、服の着脱で体温調整しようという考え方もありますが、それはあくまで屋外での行動時間が長い場合。

少なくてもスキー場や付近を観光する程度なら、重ね着はしなくても大丈夫です。

ただし不安なら、念のためフリース、セーターも持参してくださいね。

この記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】

突然未経験のスノーボードに誘われた時の楽しみ方教えます!

雪道はどんなクツが良い?キャリーバッグはダメ?スキー、スノーボードや冬の旅行の疑問にお答えします!

ゲレンデや冬の旅行に!おしゃれなスノーブーツのブランドベスト20集めました!


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴20年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!




板、ブーツ、バイン、ウェア、小物…
20-21シーズン最新スノーボードギア270ブランド大特集!

スノボ歴20年の私らくスノが厳選した、2020-21シーズンの最新スノーボードギア270ブランドを集めてみました!デザイン?それとも機能?ゲレンデに行く前に最新のギアをチェックしてライバルに差をつけよう!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴20年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。