私はどのレベル?スノーボード初心者や中上級者の基準とは

スポンサーリンク

こんにちは、

娘のゲレンデデビューをどこにするか思案中の”らくスノ”です。

自分は今どのレベルに達しているか誰しも気になるところですよね。

今日はスノーボード初心者卒業と中上級者になる基準についてお話ししたいと思います。

ズバリ、初心者や中上級者の基準とは

初心者から脱する基準とはなんでしょう?

何ができたら中上級者なんでしょうか?

ズバリ、

そんなものは存在しません!

…ふざけんな〜とは思わず最後までお付き合い下さい(笑)

実は初心者どころか中上級者に対する明確な基準も存在しません。

ネットなどで上級者をかたっている人は

自称です!

または周りに祭り上げられてとか…他薦ってやつですか(笑)

らくスノさんブログでよく初心者だ〜上級者だ〜言ってるじゃない?

はい、私もこのブログで散々初心者だ、上級者だと語っていますが、

「じゃあ上級者って何ができたらなれるんですか?」

って言われると返す言葉がありません(笑)

ただ、ハウツーブログですので、

何かしらの基準がないと説明しにくいというのが、あえて上級者なんていう不明確な基準を使ってる理由です。

でも、ゲレンデに上級者コースってあるじゃない?

ゲレンデの初級者コースや上級者コースというのはあくまでコースの難易度であり、

上級者コースを滑れるからと言って「俺は上級者だ」って事ではありません。

スノーボード歴が長いから上級者でしょ!?

これもよく勘違いする方が多いですが、

スノーボードを長く続けてるから上級者というわけでもないです。
10年前から毎年一回しか行かないスノーボーダー…スノーボード歴10年。

今シーズン初めてスノーボードをやったが、

すでに20回以上滑っている…スノーボード歴1年。

どちらが上手いかは明白ですよね。

また回数より重要なのが滑走時間です

スノーボードに行っても休憩ばっかりじゃ上手くなりませんから、滑っている時間も重要です。

でも、そんな細かい事言っていたらキリがないので、私はプロフィールでスノーボード歴を記載しています。

 

cimg2931

じゃあスノーボードでは自分の実力を示す明確な基準は無いんですか?

JSBA、SAJ、SIAという団体ではそれぞれバッジテストと言われる技術認定テストをおこなっています。

この級によってある程度実力を測る事は可能です…が、これが全てではありません。

特に私の様なフリースタイルの人間はバッジを取得しなくても、スポンサーが付けばプロと呼ばれます。

でもスポンサーが付くんだったら上級者でしょ?

通常は大会で入賞するなど実力がある選手がスポンサードされるのですが…実はそれだけでもないんです。

スポンサーが「この人のスポンサーになればメリットがある」と思えば誰でもスポンサーが付きます。

それこそこのブログが世界で何百万人も見るようになれば、私の様にピークが過ぎた趣味人間でも、バートンからフルサポートされるかもしれません。

余談ですが、スノーボードより歴史も長く成熟したスポーツであるサーフィンは、”サーフィンをしている”だけでスポンサー収入を得られるレジェンドもいるようです。

スノーボードもさらに20年、30年経つとそういったレジェンドも現れてくると思います。

う〜ん難しいですね。

※この記事で言うプロはスポンサードされている方を指しています。

じゃあ初心者脱する基準はないんですね?

いえいえ、初心者から初級者へのステップは割とどの方の意見も共通してます。

それはターンできるかどうかです!

どのコースでもターンして滑れる様になれば”初心者”は脱したと思って頂いて良いでしょう。

まとめ

 

・初級者や中上級者を分ける明確な基準はない。

・スノーボード歴が長いから上手いとも限らない

・プロだから上手いとも限らない

・ターンができる様になれば初心者は脱していると考えて良い

 

ところでらくスノさんの実力は?

私は中級者くらいですかね、

謙遜でも嫌味でもなくそう思っています。

そりゃスノーボード始めて2年目くらいの時はジャンプ台で540回せる様になって「俺天才かも!?」って真面目に思ってました(笑)

でも、上には上がいるんですよ…

こもっていたゲレンデではトップの実力でも、大会出だすと自分より上手い奴はゴロゴロいるわけで。

今では長い鼻もポキポキに折れてます…

もう一線から退いてますし、今はこんなものかと。

最後に…

いかがでしたでしょう?

上記の様にレベル分けなんて何の根拠も意味も無いものですので、

「自分は下手くそな初心者だ…」

「もう中級者くらいにはなれたかな…」

なんて小さい事は考えず、

伸び伸びスノーボードを楽しんでいただければと思います。


 
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴18年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。