スキー場の電波状況ってどうなの?スマホ・携帯で通話やSNSはできる?の疑問にお答えします

こんにちは、20年以上スノーボードやっている、らくスノです。

スキー場内で通話したり、写真をSNSにUPしたいという方も多いと思います。

でも、「そもそもスキー場って電波があるの?」なんて気になりますよね。

結論からいえば、有名なスキー場であればほぼ電波はあります。

ただし、大規模なスキー場であっても場所によっては通じにくいことも。

この記事ではスキー場の電波状況や、ゲレンデでスマホ・携帯を使用する際の注意点についてお話します。

有名なスキー場であれば、通話・SNSは可能

大手3社の場合(ドコモ、au、ソフトバンク)有名なスキー場であればセンターハウスはもちろん山頂でも通話・SNSは可能です。

※ここでいう有名なスキー場とは、各旅行会社がツアー先として選んでいるゲレンデを指します。

たとえば山頂に基地局を設置できない場合は麓から電波を飛ばすなど、大手3社とも様々な工夫をしています。

個人的な感覚でも、数年内に行ったスキー場で電波が無かったことはありませんでした。

とはいえ、天候によっては繋がりにくい場合もあるので、その点はあらかじめ留意しておきましょう。

スキー場の電波が気になる場合は、下記のリンクから各社のサービスエリアをご確認ください。

SoftBank4GLTEが繋がるスキー場一覧

auの4GLTEサービスエリア

ドコモ通信エリア

湯沢周辺の各スキー場にも、しっかり電波があります。

【ソフトバンク】

【au】

【ドコモ】

格安SIMも電波はある

格安SIMも基本的には大手3社の基地局を使っているので、有名なゲレンデは網羅されています。

ただし、格安SIMは街でも電波状況が悪い場合があるので、その点には注意したいですね。

UQモバイル auエリアに準じる
Yモバイル ソフトバンクエリアに準じる
Uモバイル ドコモエリアに準じる
LINEモバイル ドコモ・ソフトバンクエリアに準じる
BIGLOBEモバイル auエリアに準じる

スキー場でスマートフォン・携帯を使用する際の注意点

出典:KDDIカルチャーマガジン「TIME&SPESE」より

電波状況についてはお分かりいただけたかと思いますが、スキー場で携帯・スマホを使用する際はいくつか注意点があります。

■電池の減りが早い

電波状況が不安定だと、電池の消費も早くなります。

これは、電波を受信するため通常よりも多くの充電を消費するためです。

スキー場のコース内は電波が不安定なので、使用中以外はマナーモードにすることをおすすめします。

■低温下で電源が切れる

低温下でのスマートフォンは電源が自動でOFFになります。

ですので、できる限り人肌に近いポケットにいれましょう。

滑走中の落下防止のためにも、外ポケットではなく内ポケットでの保管をおすすめします。

スマホ、財布、鍵などをゲレンデで失くさないためにできる5つの工夫とは

■リフト乗車中のスマホ使用は注意

リフト乗車中にスマホを操作することはよくあると思いますが、コース外に落とすと紛失する可能性も…

また滑走中のスキーヤー・スノーボーダーに当たると危険なので、ひも付きの携帯ケースを使用するなど落下には注意してくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今や携帯・スマートフォンは、待ち合わせやSNSなどスキー場でもなくてはならない存在ですよね。

また、緊急時に使用する場合も想定されるので、安全のためにも携行しておくべきでしょう。

すでに、スキー・スノーボード旅行の予定が決まっている方は、行き先の電波状況を確認してみると良いかもしれませんね。

この記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】

お金をかけないスノーボード知って得する節約術!記事まとめ

スキー場でスマホのバッテリーが急激に減った時の対処法とは


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴20年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴21年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。