ひとりスノーボードは上達への近道!5つのメリットとは?

スポンサーリンク

こんにちは、らくスノです。

今回のテーマはひとりスノーボードです。

日頃楽しいスノーボードを提唱している私としては若干趣旨に反していますが、

「スノーボードもっと上手くなりたい!」

「もっと集中的に練習したい!」

そういった方にぜひオススメしたいのです。

…えっそれって寂しくない。

はい、寂しいです(笑)

でも、それ以上に大きなメリットがあるのです。

この記事では、一人スノーボードのメリットをお話ししたいと思います。

集中して練習できる

例えば、友人達と滑りに行くとまだ練習したいのに

「お昼にしない?」なんてことありますよね?

一人スノーボードではそんなことは一切ありません(笑)

滑りたいだけ滑れます。

私も山にこもっていた時期、

やっぱりゲレンデコンディションのいい日があるんですよ。

こんないい日に1分でも練習時間を無駄にしたくない。

そんな時はお昼も食べずに滑ってました。

一応ポケットにチョコレートを忍ばせておいて、

リフトでそれをほおばって空腹をしのいでました(笑)

同じコースで反復練習できる

スノーボードはハイクアップという言葉があります。

パーク(ジャンプ台やボックス、レールというアイテムが連続で設置されている場所)で練習する時に、

リフトを使わず降ったら自分で歩いて坂を登る。

同じ場所で反復練習する行為のことを言います。

またはグラトリでも、

初級者コースでずっと練習したい時ってあるじゃないですか。

スクールやスノーボードチームでもなければ、

まず同じコースをずっと滑るなんて事はないですよね。

グラトリ練習したいのにみんな中上級者コースへ行ってしまう。

でも一人別のコースって訳にもいきません。

一人スノーボードだったらそんな事はいっさい気にせず、

気がすむまで同じコースで反復練習できます。

スキー、スノーボードパークのルール、マナー知ってますか?初心者の方でも気軽に楽しむ為に覚えておくべき6つのこと

リフトの待ち時間が少ない

4人乗りリフトの場合、

混雑時におひとりさま専用のレーンを設けている場合があります。

当然団体様よりリフトに乗る回数が多いのでたくさん滑れますね。

音楽を聴きながら滑れる

友達や恋人と一緒に来ている時はあんまり音楽聴きながら滑りませんよね。

一人で滑る場合は、ずっと好きな音楽を聴き続けられます。

自分の世界に浸れます(笑)

ただし危険回避の為にも、

最低限周りの音も聞こえるようなボリュームにしましょう。

着替える時間が早い

ここだけの話、自分はすでに着替えていて早く滑りたいのに、

友人がタラタラ着替えていてイラってしたときありませんか?(笑)

一人だと素早く着替えて即ゲレンデも可能です。

ちなみに私は一人スノーボードの時、

ウェアを着て家を出ます(笑)

ひとりスノーボードの注意点

一人で滑る場合注意しなけれないけない点があります。

怪我をした場合、知人がいないと救助が遅れる場合があるのです。

怪我防止のためにヘルメットなどのプロテクターを装着して、

早く救助を呼べるよう携帯が通じる状態にしておくと好ましいです。

また交通費に関してですが、

費用を頭数で割れない車ではなく、

一人でも金額が変わらないバスや新幹線がオススメです。

スノーボードはどうやって行く?バス、車、新幹線徹底比較してみた

まとめ

 

一人スノーボードのメリット

・集中して練習できる。

・同じコースで反復練習できる。

・リフトの待ち時間が少ない。

・音楽を聴きながら滑れる。

・着替える時間が早い。

いかがでしたでしょう。

一番のメリットはやはり時間を有効に使えることではないでしょうか、

まさに「精神と時の部屋」状態。

私もよく一人でゲレンデに行くのです。

最初はドキドキするんですが、

結構ひとりできている方いるんですよ!

最初のバスで相席の方がいきなり一人スノーボードだったり(笑)

あとパークでひたすらハイクアップしてると、

「あっこの人もか〜」

って時もあります。

そのうち順番待ちでどちらからともなく話しかけて仲良くなる事も。

ですので孤独だなんて思わず、

ぜひ一度ひとりスノーボードをお試あれ。


 
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴18年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。