スノボウェア激安ブランドって生地や機能はどうなの!?実際に購入して検証してみた【ハイマスマニア編】

スポンサーリンク

こんにちは、らくスノです。

初心者の方が「スノボちょっと楽しくなってきたな」って時に、一番最初に買う道具がウェアですよね。

でも、ブランドものは安くても上下セットで3~4万なんてザラです。

スノーボードウェア一式ガチでそろえたらいったいいくらになるのか!?

当然、インターネットの激安ブランドに目移りしますが、「正直、機能とかどうなの?」ってなると思うんです。

そこで、今回私らくスノが激安ウェアを自腹で検証してみました!

激安ウェアを検証しているブログが少なかった

そうなんです。

今回検証したブランド、ハイマスマニアを含めて激安ウェアを検証したブログが意外と少ない…というか、グーグルで検索しても出てこない。

しまいには、私のユニクロ記事がトップにくる始末(笑)

ユニクロで激安スノーボード始めてみませんか?【初心者の方必見!】

ここは、スノーボード初心者の方向けに作ったブログ”らくスノ”がひと肌脱ぐしかないと、勝手な使命感から思い立ちました(笑)

もちろん自分でお金を出さないと意味がないので、しっかり購入させていただきました!

…日頃から信用がない人間と評判なので…一応証拠も貼っておきます(笑)※ポイント利用の関係で、楽天とヤフーに分けて購入してます。

それにしても、すでにウェア3着も持っているので嫁に見つかったら怒られそう…(笑)

ハイマスマニアで検証してみた!

というわけで、今回はハイマスマニアという激安ブランドで検証してました。

たぶん、ほとんどの方は初めて聞くブランドだと思います。

それもそのはず、公式サイトを除いては楽天・ヤフーショッピングしか取り扱いがないブランドです。

ギアカタログ・雑誌での露出や実店舗での販売もありません。

このブランドの特徴として、価格はもちろんなんですがデザインがシンプルでかっこ良いんです!

出典:スノーボードとスポーツのPeace

実は他にも激安ブランドはあるのですが…30代中盤のおっさんが着るには派手なデザインが多くて…(笑)

んで、そもそもの話なんですが、ウェアを購入するときの重要な点は以下の4つがありますよね。

  • デザイン
  • 金額
  • 機能
  • 耐久性

次項から4点を順番に検証してみたいと思います。

デザイン

私もこのブログで散々言ってますが、一番重要なのはデザインですよね。

だって、いくら機能が充実して金額が安くても、デザインが気に入らなかったらテンション上がらないじゃないですか。

ハイマスマニアは細身でシンプルなデザインなので、まるで街着みたいですね。

出典:スノーボードとスポーツのPeace

デザインに関しては、完全に好みの問題なので読者の方に判断を委ねたいと思いますが、私はどストライクでした!

ウェアのデザインをもっとご覧になりたい方のためにショップのリンク貼っておきます。

楽天→スノーボードとスポーツのPeace

ヤフーショッピング→スノーボードとスポーツのPeace

価格

いくらデザインが良くても価格が上下セットで5万円もしたら躊躇しますよね。

ハイマスマニアは間違いなく激安の部類です。

ここに代表的なアイテムと価格を紹介しますね。(男女ともに同じ価格です)

■ウェア(7980円)

出典:スノーボードとスポーツのPeace

■パンツ(7380円)

出典:スノーボードとスポーツのPeace

■上下セット(14200円)

出典:スノーボードとスポーツのPeace

■コーチジャケット(5980円)

出典:スノーボードとスポーツのPeace

■撥水フードパーカー(3680円)

出典:スノーボードとスポーツのPeace

はい、安いでしょ(笑)

金額に関しては文句の言いようがありません、ブランドの売れ残りとか中古探すより安いですね。

ハイマスマニアの場合、安さの理由は中間マージンや広告費を含む徹底したコストカットだそうです。

企画から販売まで自社でやってますし、前述のように広告もほとんどしてません。

確かに、昨年モデルを50%OFFで販売しても利益が得られることを考えると、本来の原価は有名ウェアブランドでも安いのかもしれませんね。

機能

正直、デザインと金額に関しては文句の言いようが無いと思います。

…というか、ここまでは楽天かヤフーの販売サイト見ればわかるわけで、本題はここからですね(笑)

「肝心の機能はどうなのよ!」ということで、実際に購入した商品で検証してみたいと思います。

■基本機能・生地

  • パウダーガード
  • ベンチレーション
  • パスケース
  • 防水ポケット
  • イヤホンコードホール

上記の基本的な機能はすべてついています。

また、口元のチャックが当たる部分のあて布だったり、グローブの手のひら部分が補強されていたり、細かいディティールも考えて作られているなぁと感じました。

意外と知らないスノーボードウェアの機能まとめてみました!

生地に関しては、マットな質感で安っぽさはありません。

しっかり生地に厚さもあるので、少なくてもゲレンデで寒いということは無いですね。

■耐水性・透湿性

耐水圧は10000mmだそうです。

耐水圧とは、どれぐらいの水圧に耐えられるかというJIS規格に基づく数値で、高いほど良いとされています。

一般的には、登山や嵐の中など特殊な環境でない限り、耐水圧10000mmあれば十分です。

透湿性も5000gあるので、こちらも十分にウェアとしての条件を満たしています。

実際、ゲレンデでグラトリやりまくっても汗でグシャグシャということはありませんでした。

 

…でも、せっかく買ったんだから実験してみたいと思います。

なんか公式サイトでも同じ実験してたので、私もやってみました。

らくスノ
あ、あれ、普通に水染み込むぞ…(笑)

公式サイトの動画だと、普通に水弾いてたんですが…

その後確認したら水が染み込んだのは表面の起毛だけでした、中まではぜんぜん浸透してません。

実際、雪の上に座ったりコケても、まったく水が中まで染みるということは無かったです。

らくスノ
まぁ動画とはだいぶ違ったけど、良しとしよう!

■伸縮性

スノーボードはスポーツですし、ハイマスマニアのウェアは細身なので伸縮性は大事ですよね。

公式サイトでも伸縮性を謳っていたので、検証してみました。

けっこう伸びる(笑)ウェアを着ても引っ張られる感じはありません。

伸縮性は最高にGOODでしたね。

耐久性

耐久性に関しては、まだ数回しか滑ってないのでなんとも言えないですが、少なくても「すぐ穴があいた」とか「すぐ水が染みて使えなかった」ってことはないです。

耐久性は10回くらい使ってから追記したいと思います。

マイナス点は?

ここまでは良い点ばかり話してきましたが、マイナス評価についても記載しておきます。

■糸が飛び出していた

ウェアの縫合部分で糸が2箇所飛び出していました。

私はパタゴニアの5万円のゴアテックスジャケットを持っていますが、こんなことは絶対有り得ません。

てか、5万円のジャケットでこんなことがあったら即返品します。

でも、しょせん8980円ですから…(笑)耐水性に重大な影響があるわけではないですし、私は十分許せるレベルですけど。

■グローブは生地が薄いし寒い

私はウェア上下の他にグローブとハットも購入しましたが、グローブははっきり言って生地が薄い!

しかも、チャック部分の金具が手に当たると冷たいし、なにより隙間風が寒い。

100均でフリース手袋を買ってインナーグローブにしたので問題は解消しましたが、これに関しては大いに改善する必要があると思います。

■チャックが小さい

YKKのチャックなので機能は問題ないですが、チャックが小さい…

私が持っている他のブランドのウェアは、もっとチャックがごつくてつかみやすいので、グローブつけたまま開けることができたんですよ。

らくスノ
このチャックだと、グローブしたまま開けるのはちょっと厳しいかなぁ

まぁ激安なんで、何かしらマイナス点はあるわけで…要は購入する方がその点を妥協できるかどうかですね。

ずばり総評は?

マイナス評価を加味しても、総評として激安ウェアのハイマスマニアは超お買い得ですね!

まぁデザインと金額はサイト見ればわかるので、選ぶのは簡単なんです。

問題は、やっぱり生地の厚さと耐久性だったんですよ。

でも、実際ゲレンデで使ってみて、「寒い」とか「すぐ破ける」なんてことはなかったので安心しました。

レンタル料金を考えると3~4回着れば元はとれるので、コストパフォーマンスは最高に良いですね。

スノーボード1回行くといくらかかるの?交通費から宿泊費・リフト代まで試算してみた!

私は上下6万円のウェアも持ってますが、まったく遜色ないです。

ハイマスマニアさんありがとうございます!

というわけで、勝手に検証させてもらったので(笑)最後にハイマスマニアさんの宣伝させていただきます。

このブランド、何がイイかって顧客のことが分かってらっしゃる。

サイズ毎のシルエットも写真を例に出して分かりやすいし、なんと言ってもコーディネートシミュレーターがあるので、色やデザインの組み合わせをイメージしやすい。

出典:スノーボードとスポーツのPeace

実際、私もイメージ通りのシルエットでした。

それに、届いたあとにイメージが違うと思ったら、サイズ・カラー交換もOK!※条件有り

 

また、5万枚売れたという撥水フードパーカーや、グローブ、ニット帽、フェイスマスク、チケットホルダーなどの小物類も激安で販売しているので、すでにウェアをお持ちの方もぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?

出典:スノーボードとスポーツのPeace

ちなみに公式ホームページで買ったほうがポイント利率は高いのですが、この店しかポイント消化できないので使い勝手は悪いです…

個人的には楽天かヤフーでの購入をおすすめします。(公式ホームページも楽天・ヤフーも販売している商品や価格は同じです。)

楽天→スノーボードとスポーツのPeace

ヤフーショッピング→スノーボードとスポーツのPeace

公式サイト→スノーボードとスポーツのPeace

まとめ

いかがでしたでしょうか。

先日ゲレンデで撮影したのでUPします。

 

どうです、安っぽく見えますかね?

ゴーグルとブーツ以外はすべてハイマスマニアで購入しました。

ウェア上下、ハット、グローブすべて合わせて驚異の22,320円!

個人的にはバックカントリーやるとかってなら話は別ですが、機能的には有名ブランドと大差ありませんので少なくてもゲレンデ内で滑るなら激安ブランドでもまったく問題ないです。

まぁこのレビューはハイマスマニアに限った見解ですので、他の激安ブランドはどうかわかりませんけど(笑)また、別の機会に検証してみたいと思います。

この記事が参考になれば幸いです。


 
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴18年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。