スノボウェア激安ブランドって機能はどうなの?ハイマスマニア買ってみた!

こんにちは、らくスノです。

初心者の方が「スノボちょっと楽しくなってきたな」って時に、一番最初に買う道具がウェア。

でも、ブランドものは安くても上下セットで3~4万なんてザラです。

当然インターネットの激安ブランドに目移りしますが、「正直、機能とかどうなの?」って不安になりますよね。

そんな方におすすめなのがハイマスマニアという激安ウェアブランド。

ウェア上下セットが14,200円~という価格設定はもちろん、デザイン・機能性もGOOD!

まさにスノボウェア界のユニクロ!

そうは言っても言葉だけじゃ信用できません(笑)

というわけで今回は、ハイマスマニアのウェアを実際に使ってみて感じた、メリット・デメリットをレポートしたいと思います!

ハイマスマニアはインターネットオンリーで販売しているブランド

出典:スノーボードとスポーツのPeace

「ハイマスマニア」

たぶんほとんどの方は初めて聞くブランドだと思います。

それもそのはず、公式サイトを除いては楽天・ヤフーショッピングしか取り扱いがないブランドです。

ギアカタログ・雑誌での露出や実店舗での販売もありません。

そんなハイマスマニアですが、

  • デザイン
  • 金額
  • 機能
  • 耐久性

今回はウェアにとって大事な上記の4点をレポートさせていただきます。

デザイン

出典:スノーボードとスポーツのPeace

このブログで散々言ってますが、一番重要なのはデザインですよね。

だっていくら機能が充実して金額が安くても、デザインが気に入らなかったらテンション上がらないじゃないですか。

ハイマスマニアは細身でシンプルなデザイン。

まるで街着みたいですね。

デザインに関しては完全に好みの問題なのでジャッジは読者の方に委ねたいと思いますが、私は大好きなデザインですね!

ウェアのデザインをもっとご覧になりたい方のためにショップリンク貼っておきます。

楽天→スノーボードとスポーツのPeace

ヤフーショッピング→スノーボードとスポーツのPeace

価格

この項では代表的なアイテムと価格を紹介します。

※男女ともに同じ価格です。

※キャンペーンなどで価格が変動する場合があります。実際の価格はホームページで確認してください。

■ジャケット(7,980円)

出典:スノーボードとスポーツのPeace

■パンツ(7,380円)

出典:スノーボードとスポーツのPeace

■上下セット(14,200円)

出典:スノーボードとスポーツのPeace

■コーチジャケット(5,980円)

出典:スノーボードとスポーツのPeace

■撥水フードパーカー(3,680円)

出典:スノーボードとスポーツのPeace

はい、安いでしょ(笑)

ハイマスマニアの場合、安さの理由は中間マージンや広告費など徹底したコストカットだそうです。

企画から販売まで自社でやってますし、広告もほとんど出してませんからね。

価格に関しては文句のつけようがありません。

ハイマスマニアは間違いなく激安です。

機能

「肝心の機能はどうなのよ!」ということで、実際に購入した商品で検証してみたいと思います。

■基本機能

  • パウダーガード
  • ベンチレーション
  • パスケース
  • 防水ポケット
  • イヤホンコードホール

上記の基本的な機能はすべてついています。

また、

  • 口元のチャックが当たる部分にあて布
  • グローブの手のひら部分が補強されている

…等、細かいディティールも考えて作られているなぁと感じました。

意外と知らないスノーボードウェアの機能まとめてみました!

生地に関しては、マットな質感で安っぽさはありません。

しっかり生地に厚さもあるので、少なくてもゲレンデで寒いということはありません。

■耐水性・透湿性

耐水圧は10,000mmだそうです。

耐水圧とは、どれぐらいの水圧に耐えられるかというJIS規格に基づく数値で、高いほど良いとされています。

一般的には、登山や嵐の中など特殊な環境でない限り、耐水圧10,000mmあれば十分。

透湿性も5,000gあるので、こちらも十分にウェアとしての条件を満たしています。

でも数字だけだと信用できないので実験してみました。

【GIF】

あ、あれ、普通に水が染み込むぞ…(笑)

でも、しっかり確認したら、水が染み込んだのは表面の起毛だけでした。

中まではぜんぜん浸透してません。

実際、雪の上に座ったりコケても、水が中まで染みるということは無かったです。

■伸縮性

【GIF】

スノーボードはスポーツなので伸縮性は大事ですよね。

公式サイトでも伸縮性を謳っていたので、検証してみました。

けっこう伸びる!

ウェアを着ても引っ張られる感じはありません。

伸縮性は最高にGOODでしたね。

耐久性

かれこれ購入してから3年が経ちましたが、いまだにノートラブルです!

ジャンプ台とか跳びまくってますが、破けたこともありません。

デメリットは3つ

良い点ばかり話すと怪しいので(笑)マイナス評価についても記載しておきます。

■糸が飛び出していた

ウェアの縫合部分で糸が2箇所飛び出していました。

私はパタゴニアの5万円のゴアテックスジャケットを持っていますが、こんなことは絶対有り得ません。

てか、5万円のジャケットでこんなことがあったら即返品します。

でも、しょせん7,980円ですから…(笑)

耐水性に重大な影響があるわけではないですし、私は十分許せるレベル。

■グローブは生地が薄いし寒い

私はウェア上下の他にグローブとハットも購入しましたが、グローブははっきり言って生地が薄い!

しかもチャック部分の金具が手に当たると冷たいし、なにより隙間風が寒い。

100均のフリース手袋をインナーグローブにしたので問題は解消しましたが、これに関しては大いに改善する必要があると思います。

機能性とコスパでいったらワークマングローブのほうがいいですね。

2年間スノボでワークマンの防寒グローブを使って分かった6つのメリット

■チャックが小さい

YKKのチャックなので開閉はスムーズですが、チャックが小さい…

私が持っている他のブランドのウェアは、チャックがつかみやすいのでグローブをつけたまま開閉できるんですよ。

でもこのチャックだと、グローブしたまま開けるのはちょっと厳しいかなぁ…

まぁ激安なんで、なんかしらマイナス点はあるわけで。

要は購入する方がその点を許容できるかどうかですね。

マイナス評価を加味してもハイマスマニアは超お買い得!

マイナス評価を加味しても、ハイマスマニアは超お買い得ですね!

まぁデザインと金額はサイト見ればわかりますが、問題はやっぱり生地の厚さと耐久性ですよね。

でも、実際ゲレンデで使ってみて、「寒い」とか「すぐ破ける」なんてことはなかったので安心してください。

レンタル料金を考えると3~4回着れば元はとれるので、コストパフォーマンスは最高に良いと思います。

コーディネートシミュレーターがすごい!

出典:スノーボードとスポーツのPeace

サイズ毎のシルエットも分かりやすいし、なんと言ってもコーディネートシミュレーターがあるので、色やデザインの組み合わせをイメージしやすい。

出典:スノーボードとスポーツのPeace

もちろん実物はイメージ通りのシルエットでした。

また届いたあとに「イメージが違う」と思ったら、サイズ・カラー交換もOK!※条件有り

5万枚売れたという撥水フードパーカーや、グローブ、ニット帽、フェイスマスク、ゴーグル、チケットホルダーなどの小物類も激安で販売しています。

すでにウェアをお持ちの方もぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?

出典:スノーボードとスポーツのPeace

ちなみに公式ホームページで買ったほうがポイント利率は高いのですが、この店しかポイント消化できないので使い勝手は悪い…

個人的には楽天かヤフーでの購入をおすすめします。(公式ホームページも楽天・ヤフーも販売している商品や価格は同じです。)

楽天→スノーボードとスポーツのPeace

ヤフーショッピング→スノーボードとスポーツのPeace

公式サイト→スノーボードとスポーツのPeace

まとめ

ゴーグルとブーツ以外はすべてハイマスマニアで購入しました。

ウェア上下、ハット、グローブすべて合わせて驚異の22,320円!

機能的には有名ブランドと大差ありませんので、快晴でも降雪でもハイマスマニアは快適です。

すでに3年以上着てますが、飛んだり跳ねたりしても動きやすく、擦れたり破けたりってこともありません。

ぜひ今シーズンはハイマスマニアをチェックしてみてはいかがでしょうか?

この記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】

ユニクロで激安スノーボード始めてみませんか?

レンタルより安い!?ワークマン商品はスキー・スノボウェアになるか検証してみた!

ホームセンター・ドンキのレインウェアでスキー・スノボできるか試してみた!


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴20年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴20年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。