18-19シーズンおすすめのレディース板は?女性に人気の30ブランドご紹介します!【スノーボード】

スポンサーリンク

こんにちは、らくスノです。

「去年はけっこう滑れるようになったから、今年はマイボード買おうかな?」なんて女性の方も多いのではないでしょうか?

でも、サイトなど検索しても男性ものばかり…

そもそも、レディース用ブランドってどんなものがあるの?
メンズ用スノーボードとの違いは?

そんな方のために、今回は女性におすすめのスノーボード板ブランドを紹介したいと思います。

直接ブランドだけご覧になりたい方は、目次からブランド紹介へ飛んでください。

メンズボードとの違いは?

そもそも、メンズ用とレディース用の板の違いはなんでしょうか?

■デザイン

なんといっても一番の違いはデザインですね。

例えば、下記のバートンのレディース用モデルフィールグッド(左側)ですが、メンズ用のカスタムとはデザインが全く違いますよね。

※フィールグッドは、カスタムのレディース版の位置づけです。

当然レディースモデルは、花をあしらったりピンクやイエロー等の色が多用されるなど、メンズモデルとはデザインコンセプトが異なります。

出典:バートンホームページより

■長さ

日本人女性の平均身長は、成人の方で158cm前後だそうです。

後述しますが、一般的に板の長さは身長-15~-20cmと言われています。

そうなると143cm~138cmの板を探さないといけませんが、メンズ用は概ね148cm~のモデルが多いです。

■重さ

一般的に男性よりも脚力が弱いので、ブランド・モデルによってはメンズモデルよりも軽量化されていたり、ウエストが細く設計されています。

もちろん、軽量化することにより耐久性など犠牲になる部分もありますが、女性の脚力でも扱いやすくなっているのがレディースモデルの特徴です。

メンズモデルを着用しても良いのですか?

身長が高い女性の方は、レディースにサイズが無い場合も考えられますが、基本的にはメンズモデルを装着しても問題ありません。

※逆に、私の友人(男性)は身長が低いのでレディースモデルを購入しました。

ただし、前述の通りメンズ用は無骨なデザインが多かったり、モデルによってはレディース用より重量があります。

デザインに関しては致し方ない部分もありますが、重量の負担を軽減するため気持ち短い板をチョイスすると良いでしょう。

レディースモデルの選び方は?

レディースモデルの板の選び方ですが、基本的にはメンズモデルと変わりません。

■長さ

前述の通り、板の長さの基準は身長-15~-20cmと言われています。

中・上級者になると、この基準以外に自身のクセや好みでサイズを調整する方もいますが、自分の乗り方にこだわりがなければこの基準で問題ありません。

※極端に痩せていたり、太っている方はこの基準に該当しません。詳しくは下記の記事も参照ください。

極端な肥満・やせ型または低身長・高身長でもスノーボードって滑れますか?

■板の形状1

現在、各メーカーから様々な形状の板が発売されていますが、大きく3つに分かれます。

キャンバーボード…ジャンプで高さを出しやすかったり高速時にも安定するが、逆エッジになりやすく、初心者・初級者には扱いづらい。

ロッカーボード…逆エッジになりにくく、初心者には一番乗りやすい。しかし、ジャンプで高さを出しづらかったり、スピードを出した時に安定しない。

ハイブリッドボード(Wキャンバー、Wロッカー、ローキャンバー、フラット等)…キャンバーボードとロッカーボードの良いところを取った万能タイプの板。どんな形状を選んでよいか分からない方は、こちらのボードをおすすめします。

好みの問題もあるので一概にどれが良いとはいえませんが、初心者・初級者の方でしたらハイブリッドもしくはロッカーボードが乗りやすくておすすめです。

出典:SNOWBOARDING PLUS

■板の形状2

テール(後方)とノーズ(先頭)が同じ長さのツインボード(またはディレクショナルツイン)、またはディレクショナルボードと呼ばれる前後非対称のボードがあります。

要は、スイッチスタンスでもレギュラースタンスと同じ乗り心地で滑ることができるのがツインボードの特徴です。

30分でできる!スイッチスタンス(フェイキー)のコツ教えます

一般的に滑りやすいとされているのはディレクショナルボードですが、将来的に回転したり技もやってみたいというのであればツインボードを選びましょう。

■硬さ

スノーボードの板は硬さ(フレックス)に違いがあり、メーカーによって基準は異なりますが概ね3段階に大別できます。

ソフトフレックス…初心者・初級者に一番乗りやすいのは柔らかいボードです。しかし、ジャンプの時高さが出なかったり、高速時に安定しません。

ミドルフレックス…中間の硬さの板。万能タイプです。

ハードフレックス…ジャンプで高く飛べたり、高速時の安定感は抜群ですが、遊びがないため扱いづらく、上級者向けの板といえるでしょう。

こちらも好みによって変わりますので一概にどれが良いとはいえませんが、初心者・初級者の方でしたら、ソフトフレックスもしくはミドルフレックスをおすすめします。

 

上記の基準プラス、デザイン・金額を考慮して自分に合った板を選ぶことになります。

長さ、形状、硬さは購入サイトもしくはメーカーのホームページに記載があるので、必ず確認しましょう。

バートンを購入するときは注意しよう!

バートンは独自のジョイントシステムを採用しています。(チャンネル、EST)

ほかのメーカーにも取り付けることは可能ですが、不安な場合はバインディング、ボード共にバートンで揃えたほうが安心ですね。

セッティングやメンテナンス方法がわかりません…

メンテナンス、WAXの塗り方はどうすればいいの?
初めて購入するんだけど、保管ってどうすればいいの?
らくスノ
安心してください、初めて購入する方でも簡単にメンテナンスできます!

すべて下記の記事にまとめていますので、こちらも合わせて参照ください。

これを読めば失敗しない!スノーボード板、バインディング、ブーツの購入について記事まとめ

【随時更新】人気スノーボード板ランキング

シーズン月間30万PV(閲覧数)の当ブログから、各ブランドホームページへのアクセス件数(ビッグデータ)をもとに人気ランキングを作成しました。

私個人の意見や、メーカー・ショップ都合のものではなく、リアルにスノーボーダーの興味がある人気ブランドランキングになってます。

特に「スノボブランドはよくわからない…」なんて方の参考になれば幸いです。

単純に集計すると、どうしても有名ブランドが上位にきてしまいますが、この記事でも紹介しているスプーン(昨シーズン156アクセス)、エラン(昨シーズン138アクセス)は、10位圏外ではあるもののかなり健闘しています。

※情報のソースはツイッターに添付しております。

スノーボード板レディースブランド紹介します!

というわけで、ここからはブランドに紹介に移りたいと思いますが、その前に注意事項をご覧ください。

  • 各ブランドは楽天市場もしくはアマゾンで最新の在庫状況を検索できるようにしてます。人気ブランドは商品数が少ないことも予想されますので、楽天市場、アマゾン、ヤフーショッピングでそれぞれ調べる事をオススメします。
  • 各メーカーの画像はイメージで、最新の在庫状況を示すものではありません。最新の情報を知りたい場合は、楽天市場・アマゾンで検索するか、各ブランドのホームページをご覧下さい。
  • 利便性を優先し、一部のブランドは本国ではなく輸入代理店のホームページをリンクしております。

レディース専門ブランド

こちらの項で紹介するブランドはレディース専門ブランド。(もしくはレディースがメイン)

女性を意識したデザインや機能で、初めて購入する方にもおすすめです!

ロキシー

ロキシーホームページ

 

サブリナ

2003年にレディースオンリーブランドとして立ち上がる。

日本人女性の脚力・体格(足のサイズ等)をベースに、日本のフィールドにあった物作りをしている。

引用:サブリナホームページ

 

ニキータ

ニキータホームページ

 

セッカ

らくスノ
女性専門パウダーボードブランドです。

セッカホームページ

 

スイベル

1990年代初頭、サーフィンのメッカであるカリフォルニア・ハンティントンビーチを中心に人気を博したSwivel(スウィベル)。アクティブでオシャレな女の子をサポートするレディースブランドです。

引用:スイベルホームページ

 

デザインがおすすめのブランド

あくまでらくスノ個人の趣味になりますが(笑)こちらの項でご紹介するブランドは、個性的なデザインでおすすめです。

グヌー

グヌーホームページ

 

デスレーベル

デスレーベルホームページ

らくスノ
スカルモチーフが独特の世界観を演出するブランドです。

 

ホリデー

ホリデーホームページ

 

エラン

エランホームページ

らくスノ
なんとスロベニア発のブランド!値段もお手頃で初心者の方にもおすすめ。

 

コスミックサーフ

らくスノ
毎年POPなデザインのモデルを発表していますね!

コスミックサーフホームページ

 

有名ブランド

「スノーボードの右も左も分からない…」というのであれば有名モデルを選びましょう。

特にバートンなんかはゲレンデでよく被りますが(笑)機能や価格は申し分ありません。

バートン

バートンホームページ

らくスノ
言わずと知れた、スノーボードナンバーワンブランドです。

迷ったらバートンスノーボード買っとけ!7つの「すごい」まとめてみた

 

アライアン

アライアンホームページ

 

サロモン

サロモンホームページ

 

K2

K2ホームページ

 

ナイトロ

ナイトロホームページ

 

ロームSDS

ロームホームページ

 

ライド

ライドホームページ

らくスノ
ソチ五輪スロープスタイル日本代表の角野 友基選手が所属するブランドRIDE。私らくスノが現在メインで使わせてもらっているブランドです。

 

フロー

フローホームページ

【追記】フローはナイデッカーに吸収されたため、18-19シーズンから板のラインナップはありません。

 

モス

モスホームページ

らくスノ
日本のスノーボードの歴史といっても過言ではないレジェンドなブランドです。

 

ヘッド

らくスノ
有名ブランドですが、安価なので初心者・初級者の方にもおすすめです。

ヘッドホームページ

 

グラトリ・ジブにおすすめの板

グラトリ・ジブが上手くなりたいなんて方におすすめのブランドを集めてみました。

ライス28

ライス28

らくスノ
グラトリ・ジブの板として超有名です。

※ライス28については下記の記事も参照ください。

本気の人しか見ないで下さい!スノーボード歴18年の私が本当におすすめできるグラトリ板10選

 

011アーティスティック

011アーティスティックホームページ

らくスノ
日本のグラトリシーンの先駆者とも言える相内康夫さんやメジャーさんが所属するブランドです。

 

トルクレックス

トルクレックスホームページ

らくスノ
制作は信頼の小賀坂工場!

 

ヨネックス

らくスノ
オールカーボンボードが有名。カーボンは木製の板より軽いので脚力に自信がない女性の方にもおすすめです。

ヨネックスホームページ

 

バタレオン

らくスノ
逆エッジになりにくい3D形状が有名なブランド。

 

パーク・テクニカル系おすすめの板

この項で紹介するブランドは値段もそれなりにしますので、おもに中・上級者向けですね。

オガサカ

オガサカホームページ

らくスノ
テクニカル系のボードとしてはもっとも有名な国産ボードです。製造工場は他社製品のOEMも手がけるなど高い品質をほこります。

 

スクーター

スクーターホームページ

らくスノ
スクーターも信頼のオガサカブランドです。

 

ノベンバー

らくスノ
こちらもオガサカ傘下のブランドです。どちらかというとフリースタイル寄りですが、バッジテストで使用する方も多いですね。

ノベンバーホームページ

 

ファナティック

→ファナティックホームページ

らくスノ
独自技術のハニカム構造で、とにかく軽い!

 

BCストリーム

BCストリームホームページ

らくスノ
アルペンボードが有名です。

 

リーズナブルなブランド

ブランドだと安くても2~3万円くらいしますからね…「そんなに高い板買えない!」という方におすすめのリーズナブルなブランドをご紹介します。

ちなみに、ブーツとバインディングも購入する予定の方は3点セットがおすすめです!

スプーン

スプーンホームページ

 

SLQ

 

ツマ

ツマホームページ

らくスノ
値段がリーズナブルなので、初めて購入される方におすすめです。

 

ファントム

ファントムホームページ

 

スノーボード3点セット(おまけ)

滑れない?壊れやすい?スノーボード3点セットの疑問に答えます!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

インターネットでも女性向けの板を特集しているサイトが少なかったのでまとめてみました。

やっぱり新しい板を買うとテンションも上がりますし、ゲレンデに行きたくなりますよね。

板もおしゃれの一部です!

ぜひ、お気に入りのボードでスキー場に出かけてみてはいかがでしょうか?

この記事が参考になれば幸いです。


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴18年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!




板、ブーツ、バイン、ウェア、小物…
18-19シーズン最新スノーボードギア270ブランド大特集!

スノボ歴18年の私らくスノが厳選した、2018-19シーズンの最新スノーボードギア270ブランドを集めてみました!デザイン?それとも機能?ゲレンデに行く前に最新のギアをチェックしてライバルに差をつけよう!




スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴18年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。