スキー、スノーボードこども用ウェア購入時の3つの注意点とは?(幼児編)

スポンサーリンク

こんにちは、らくスノです。

今回は私のような育児奮闘中のスキーヤー、スノーボーダーさん、またはこれからこども連れでゲレンデに行かれる方の参考になればと思い「こども用ウェア(幼児)の購入」について記事にしました。

購入時の注意点とは?

私が娘のウェアを買う際以下の点に注意しました。

・とにかく防寒

・値段が安いもの

・大きめサイズをチョイス

大人が購入するのとは少し勝手が違うので気をつけなければなりません。

次項では注意点についてさらに詳しく解説していきます。

1にも2にも防寒対策

やっぱりこどもをゲレンデに連れて行く時に一番注意したいのが防寒対策です。

私は雪の降らない地域に住んでいますので娘も寒さに慣れていません。

特に幼児は体温調節が大人並にできない上に寒さにたいして鈍感なので、しっかりした防寒対策をとらないと体調を崩してしまいます。

私は躊躇なくダウンのつなぎを購入しました。

理由は2つあります。

当然上下分かれているものより防寒に優れているということと、こどもはレイアリングしにくいからです。

レイアリングとは重ね着で温度調整しようという考えですが、お子さんのいるご家庭ならわかりますね。

まず、じっとしてないですし、言うことを聞きません(笑)

自宅ならともかく、寒いゲレンデでそれをやられてはたまったものではありません。

アウター、ミドルレイヤー、下着…なんていちいち脱ぎ着させていられないのでダウンにした次第です。

私は以前の記事で、大人のダウンウェアに関して否定的な見解を話していました。

なぜかというと、暑い時に脱げないからです。本州のスキー場ではあまりダウンウェアにするメリットはないと思います。

…が、それは大人に限った見解です。

こども用ウェアは、まず防寒第一で考えていただければと思います。

ユニクロで激安スノーボード始めてみませんか?(初心者の方必見!)

このブーツは裏が起毛になっていて暖かそうだったのが購入の決め手です。

img_7905

値段が安いものが良い理由とは?

つづいては値段です。

当然安いほうがいいに決まってますが、そこにはちゃんと理由があります。

大人と違って成長するので、何年も着るということができないからです。

ブランドのウェア、こだわりの可愛いウェアを買っても、もって2~3年でしょう。

少しくらいデザインを妥協しても安いものを購入したほうが費用対効果は良いです。

ちなみに私も本当は娘の好きなピンクを買ってあげたかったのですが、すでに売り切れていたので黒にしました。

スノーボード道具レンタルか購入か?判断するたった1つの基準

安いものを購入するコツは?

ちなみに今回購入したウェア、ブーツ、手袋の金額は下記の通りです。

ウェア…1059円(税込)

ブーツ…1980円(税込)

手袋…680円(税込)

※送料除く

この金額はかなり安いと思います。なぜ、これだけ安いものを買えたかというと

オフシーズン昨年モデルの売れ残りを購入したからです。

逆転の発想ですね。

スキー、スノーボードのウェアが売れ出すのはいつからだと思います?

10月~11月からです。

まぁ当然ですね。これからシーズンが始まるわけですから、皆さん「そろそろウェア買おっか!」ってなるわけです。

メーカーもその時期に合わせてニューモデルを出します。

逆にいうと売れなくなるのはいつからでしょう。

シーズンも終わりに近づく3月くらいからですね。

もう5月くらいになると完全に売れなくなるんです。

御茶ノ水のスポーツ用品店は軒並みスキー・スノーボード用品から登山用品に衣替えします。

安いものを購入したいなら、ズバリこの時期を狙うのです!

だいたい5月~9月が狙い目ですが…

中には私のようにオフシーズンを狙っている人もいます(笑)

同じオフシーズンでも9月だとだいぶ品薄ですので、できれば早めに購入したほうが良いです。

 

大きめサイズをチョイスする

 

こどもは日々成長するので、大きめサイズをチョイスしました。

私の娘はもうすぐ3歳ですが、5~6歳用のものを購入しました。

購入した際は正直「大き過ぎたらどうしよう」不安だったのですが、結果はバッチリでした。

うちの娘はもともとだいぶ大きいのですが、それにしても「5~6歳用は大き過ぎ?」とも思いましたが、ウェスト部分はけっこうジャスト気味(笑)

当然、裾や袖の部分はかなり余るのですが、最近はこんな激安のものでも調整機能が付いているみたいで、写真のように見た目はぴったりです。

ウェアの中にインナーを着るわけですから、もし購入される際は「ちょっと大き過ぎない?」くらいでも大丈夫ということを覚えておいていただければと思います。

img_79%e3%81%82%e3%81%82%e3%81%8206

その他の注意点

上記の他にブーツのソール部分は購入の際特に注意しました。

幼児ものですと、シティーユースのレインブーツと混同して売られている場合があります。

シティーユースのものですとソールがツルツルで滑りやすいと思ったからです。

ゲレンデのアイスバーンでコケたら大変ですからね。

ブーツにかんしては金額や防寒以外にソールの形状にはかなり注意しました。

img_7904

最後に…

いかがでしたでしょうか?

私もこどもとゲレンデに行くのは今シーズンが初めてなのですが、今までの経験をもとに記事を書いてみました。

購入される際の参考になれば幸いです。

 

こちらの記事も人気です。

スキー、スノーボードウェアの洗い方は?毎回洗濯しないといけないの?の疑問に答えます


 
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴18年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。