スキー・スノボウェアの下って何着ればいいの?元イントラがお答えします!

こんにちは、元スノーボードインストラクターの、らくスノです。

  • 友達にスキー・スノボ誘われたけど、ウェアの下って何を着ればいいの?
  • 厚着すると動きづらいし、なにより暑つそう…
  • かといって、薄着して凍えたらどうしよう…

初めて行くスキー・スノーボード、中間着の悩みは尽きませんよね。

結論から言えば、基本はベースレイヤー(肌着)とミドルレイヤー(パーカー、フリースなど)の2枚着ればOK!

あとは中間着の脱着で体温を調整します。

ただし、滑る時期(早期シーズン、トップシーズン、春スキー等)によって下に着るものは異なります。

その時期に合わせたインナーを着用する必要があるのです。

この記事を最後まで読めば、時期ごとに最適な中間着を知ることができますよ!

ウェアの中は肌着と中間着の2枚でOK!

基本的にウェアの下は、ベースレイヤー(肌着)とミドルレイヤー(中間着)の2枚着ればOK。

あとは中間着の脱着やネックウォーマー・フェイスマスクなどで体温を調整します。

「それだけで寒くないの?」なんて思われるかもしれませんが、動いていれば寒さを感じることはないです。

逆に、これ以上厚着をしてしまうと、動きづらいうえに必要以上に暑くなる心配があります。

ベースレイヤー(肌着)

  • 下着
  • スポーツインナー
  • タイツ

まずはベースレイヤー、要は肌着ですね。

CWXやスキンズなどのスポーツインナーをお持ちでしたらそれがベスト。

しかし、持ち合わせが無くてもわざわざ購入する必要はありません。

もしスポーツインナー以外を肌着にするなら、できれば綿ではなくポリエステルなど乾きやすい素材がおすすめです。

ユニクロならヒートテックよりエアリズムが最適。

なぜならスキー・スノボはスポーツなので、保温性より吸水速乾性を重視したほうが快適に過ごせるからです。

詳しくは下記の記事も参照ください。

ユニクロのヒートテックでスノーボードってぶっちゃけどうなんですか?

ミドルレイヤー(中間着)

  • ロンT
  • シャツ
  • トレーナー
  • パーカー
  • フリース

ミドルレイヤーは下着のうえに羽織るもの。

こちらもわざわざ購入する必要はありません、家にあるもので代用してください。

できれば、ロンTよりシャツ、トレーナーよりジップのあるパーカーやフリースがおすすめですね。

なぜなら、暑い時に胸元を開けられるほうが体温調整しやすいからです。

また、ミドルレイヤーも綿より乾きやすいポリエステルなどの化学繊維をおすすめします。

ゲレンデでは中間着の脱着で体温を調整する

スキー場は時期により気温やコンディションが異なります。

この項ではスキー場を下記の3つの期間に分けたうえで、

  • 早期オープン、春スキー
  • 早期オープン、春スキーの荒天、または12月
  • トップシーズン(1月、2月)

それぞれ最適な中間着に関して説明させていただきます。

早期オープン、春スキー

【GIF】

まずは、10・11月の早期オープンや3月以降の春スキーの時期です。

正直、この時期は晴れてるとクソ暑い(笑)

コースの上から下までコケずに滑れるレベルなら、上は撥水パーカーやシャツだけでも十分。

初心者の方でも、ウェアの下はロンT、パンツの下に履くタイツも不要です。

早期オープンや春のスキー・スノボウェアには何を着る?ゲレンデで快適に過ごすコツも教えます!

早期オープン、春スキーの荒天、または12月

【GIF】

12月になると、気温も一気に下がってくるので、さすがにパーカーやシャツ1枚というわけにはいきません。

また、早期オープンや春スノボでも荒天時はかなり寒いです。

さすがにウェアは必要になりますが、それでもトップシーズンのように重ね着する必要はありません。

ベースレイヤーにロンTなど薄手の中間着、その上からウェア羽織れば十分快適に滑ることができます。

心配な方は、念のためパーカーやフリースなど、厚手のミドルレイヤーも持参してくださいね。

トップシーズン(1月、2月)

【GIF】

1年で一番寒い時期ですので、それなりの防寒をしないとあっという間に凍えてしまいます。

トップシーズンは、ベースレイヤーにパーカーやフリースを合わせてウェアを着ます。

寒がりな方は、ベースレイヤーとミドルレイヤーの間に薄手のシャツやロンTを着てもいいかもしれません。

どちらにしろ動くと暑いので、必要以上に厚着をする必要はありません。

携帯カイロは不要

スキー場に携帯カイロは必要ありません。

なぜなら、コンディションに合わせて重ね着できていれば、快適に過ごすことができるからです。

そもそも貼るカイロにしても持つカイロにしても、一部分しか暖まらないのでゲレンデではほとんど意味を成しません。

むしろ、体温調整には首周りが非常に重要なので、トップシーズンは必ずネックウォーマーやバラクラバ(目出し帽)を持参しましょう。

また、腰周りや手首などからも寒気が入らないように注意する必要があります。

まぁどちらにしろ身体が冷えてきたら休憩の合図なので、無理して滑ることのないよう気をつけてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

初めてのスノボはどうしても厚着になりがちですが、晴れていると汗だくで滑るどころではなくなります。

確かに薄着より厚着のほうがいくらかマシですが、それではゲレンデで快適に過ごすことができません。

基本はスキー場へ行く時期を考慮して中間着を選んでください。

ただし、スキー場の場所(標高)・風・滑る時間によっても体感気温は変わります。

もし不安であれば、予備のミドルレイヤーを持参しておくだけで安心ですね。

この記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】

ネットショップより安い!?ワークマンでスキー・スノボに使えるインナー買ってみた

10、11月に早期オープンするスキー場の人工雪を滑る際の注意点とは

今シーズンおすすめの人気ネックウォーマー・フェイスマスク30ブランド紹介します


スノボ専門ブログらくスノ公式ツイッター

スノーボード歴20年の知識や経験をもとに、毎日初心者の方むけのハウツーやお役立ち情報つぶやいてます。気軽にフォローしてくださいね!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴21年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。