スキー・スノボウェアの下って何着ればいいの?元イントラがお答えします!

こんにちは、元スノーボードインストラクターの、らくスノです。

  • 友達にスキー・スノボに誘われたけど、ウェアの下って何を着ればいいの?
  • 家にあるユニクロで代用できないの?
  • どのくらい着込めば寒くない?

特に初めて行くスキー・スノーボードだったら、インナーの悩みは尽きませんよね。

それこそスキー場で凍えてしまったら、スキー・スノボを楽しむどころではありません。

でもご安心ください!

今回はスノボウェアの下に何を着ればいいのか、選び方のコツや注意点を詳しくお話したいと思います。

この記事を最後まで読めば、インナーの悩みはすべて解決しますよ!

スキー・スノボ初心者は動きやすさよりも防寒

■1月の平均気温

東京都心 ニセコアンヌプリスキー場(北海道) 白馬八方尾根スキー場(長野県) 蔵王温泉スキー場(山形県)
 10〜2℃(高/低)  -4〜-13℃(高/低)  1〜-8℃(高/低) -3〜-10℃(高/低)

ご覧の通り、スキー場は都会に比べてとても寒いです。

しかも上記はあくまで平均気温、風が吹くと体感温度はさらに低くなります。

だから、まずは動きやすさや快適性以前に、防寒を意識してインナーを選んでください。

特にスキー・スノボ初心者の方は止まっている時間が長いので、しっかり防寒しないとあっという間に凍えてしまいますよ。

ゲレンデでは中間着の脱着で体温を調整する

【GIF】

厚着しても、暑かったら脱げばいいだけ。

反対に薄着だと寒い時に体温調整が難しくなります。

ある程度スキー・スノボへ行けば、どのくらい着込めば寒くないか分かるようになります。

慣れてきたら徐々に動きやすさを優先して、薄く伸縮性の高いスポーツインナーなどに変更しても良いでしょう。

ウェア(トップス)の中は肌着と中間着2枚でOK!

では、具体的にどんなインナーを選べばいいのでしょうか?

基本的にウェアの下は、ベースレイヤー(肌着)とミドルレイヤー(中間着)2枚着ればOK。

あとは中間着の脱着やネックウォーマー・フェイスマスクなどで体温を調整します。

実際−20℃のニセコでも凍えることは無かったですよ。

これだけ着込んでも寒いようなら、その日はとても滑るようなコンディションではありません。

早々にホテルやセンターハウスに避難することをおすすめします。

ベースレイヤー(肌着)の選び方

本来はCWXやスキンズなどのスポーツインナーがベストです!

もしスポーツインナー以外を肌着にするなら、できれば綿ではなくポリエステルなど乾きやすい素材がおすすめ。

肌着が乾きづらいと底冷えの原因になります。

だから保温性より吸水速乾性を重視したほうが快適に過ごせますよ。

ユニクロならヒートテックよりエアリズムが最適ですね。

まぁどんなベースレイヤーを選ぶにしろ、お金をかけたくなければ家にある肌着を代用して構いません。

詳しくは下記の記事も参照ください。

ユニクロのヒートテックでスノーボードってぶっちゃけどうなんですか?

ミドルレイヤー(中間着)の選び方

薄手のロンTやシャツを着て、そのうえからパーカー・トレーナー・フリースなどを羽織ります。

もちろん乾きやすいポリエステル素材の撥水パーカーなどがあればベストですが、わざわざ購入する必要はありません。

家にあるユニクロなどで代用してください。

できれば、ロンTよりシャツ、トレーナーよりジップのあるパーカーやフリースがおすすめですね。

なぜなら、暑い時に胸元を開けられるほうが体温調整しやすいからです。

ちなみに私が愛用しているワークマンの肌着・中間着は、安いうえに抜群の暖かさ!

中間着を購入予定の方は一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

ネットショップより安い!?ワークマンでスキー・スノボに使えるインナー買ってみた

パンツの下はレギンスやタイツが動きやすい

パンツの下もトップス同様、乾きやすいスポーツタイプのレギンスやタイツがあればベストですね。

ただし、トップスと違いあまり着込む必要はありません。

よくスウェットを着る方がいますが、動きづらいうえに濡れると重くなるのでおすすめしません。

ちなみに私は1,280円で買った、ワークマンのボアタイツを愛用してます。

薄いのに裏起毛で暖かく、しかも乾きやすい!

タイツを購入予定の方はチェックしてみてください。

コスパ最強!ワークマンでスキー・スノボに使えそうな小物を買ってみた!

靴下はユニクロでも代用できる

「やはりスキー・スノボ専用のソックスを買わないといけないの?」

中間着やタイツとともに悩むのが靴下ですよね。

結論から言えば、わざわざ専用の靴下を購入する必要はありません。

ユニクロのヒートテック靴下でも充分。

ただし、靴下は保温以外にも足先やすねを保護する役割があるので、くるぶしソックスはNG。

代用する場合は、なるべく厚手のハイソックスを選びましょう。

普通の靴下とスノボ用って何が違うの?やっぱり専用のソックスを買ったほうが良い?

早期オープンや春のスキー場は薄着でもOK!

10・11月の早期オープンや3月以降の春スキーは、晴れてるとめちゃくちゃ暑いです(笑)

実際、白馬や蔵王でも、最高気温が10℃を超えることもあります。

コースの上から下までコケずに滑れるレベルなら、上は撥水パーカーだけでも充分。

初心者の方でも、ウェアの下は薄手のシャツでOKです。

心配な方は、念の為中間着を持参するとよいでしょう。

早期オープンや春のスキー・スノボウェアには何を着る?ゲレンデで快適に過ごすコツも教えます!

スキー・スノボ滑走中に携帯カイロは不要

スキー・スノボを滑っているときに携帯カイロは必要ありません。

なぜなら、コンディションに合わせて重ね着できていれば、快適に過ごすことができるからです。

むしろ、体温調整には首周りが重要なので、トップシーズンは必ずネックウォーマーやバラクラバ(目出し帽)を持参しましょう。

また、腰周りや手首などからも寒気が入らないように注意する必要があります。

ハンドゲイターやパウダーガード付きのウェアなら、隙間から寒気が侵入するのを防いでくれます。

まぁどちらにしろ身体が冷えてきたら休憩の合図なので、無理して滑ることのないよう気をつけてくださいね。

意外と知らないスノーボードウェアの機能まとめてみました!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

初心者の方は、動きやすさよりも防寒を意識してください。

基本的にウェアの下は、ベースレイヤー(肌着)とミドルレイヤー(中間着)2枚着ればOK。

パンツの下はレギンスやタイツがベストですね。

あとはスキー場の天気やコンディションに合わせてインナーを調整すれば、快適に過ごすことができます。

なお、レンタルの相場やウェアの節約術に関しては関連記事も参照ください。

この記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】

レンタルより安い!?ワークマンはスキー・スノボウェアになるかゲレンデで検証してみた!

ホームセンター・ドンキのレインウェアでスキー・スノボできるか試してみた!

スノボ道具のレンタル料金の相場は?賢く節約する方法も教えます!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

スノーボード歴21年の自称育メンボーダー。北海道出身の父の影響で小学生からスキーをはじめ、18歳でスノーボードに出会う。学生時代に留年してまで山にこもり大会などにも出場するが、就職を機に趣味となる。現在は娘も幼いためあまり滑りにはいけないが、いつか子どもとスノーボードに行くのが楽しみ。